東京タワーさんま祭り2017!日程・混雑状況・整理券の配布時間は?

おてんばママ
さんま祭りって目黒が有名だけど、他にもあるのかな?

誰でも聞いたことのあるのが「目黒のさんま祭り」かと思います。

しかし!

毎年、秋分の日には東京タワーで三陸・大船渡で水揚げされたさんまが炭火焼きでおいしく振舞われる

「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり 」

というのが開催されているんです!

目黒のさんま祭りに比べ、混雑状況は比較的少ないですが、ゆっくり行ったのでは旬のおいしいさんまを食べることはできません。

おいしいさんまを食べ逃すことのないよう、日程や混雑状況、整理券などについて、子連れで行く方おすすめのポイントを含めてまとめてみました。

ぜひ、チェックして脂の乗った旬のさんまで秋の味覚を堪能してみてはいかがですか?

スポンサードリンク



基本情報

イベント名 三陸・大船渡 東京タワーさんままつり

日程  9月23日(土曜日・祝)
雨天決行、荒天中止

時間  9:00~16:30(9:00~開会式)
炭火焼サンマをもらうには「サンマ引換券」が必要。「サンマ引換券」は、会場で朝7:30から配布予定。

会場 東京都港区芝公園4-2-8 東京タワー
東京タワー屋外特設会場

アクセス 赤羽橋(徒歩5分) / 御成門(徒歩6分) / 神谷町(徒歩7分) / 大門(徒歩10分) / 浜松町(徒歩15分)

参加費 無料

さんまを食べられる人数 3,333名

 

では詳しくみていきましょう!

 

三陸・大船渡 東京タワーさんままつりの見どころ

おいしいさんま

さんま祭りのテーマソングである

「オラ!サンマ!」

に合わせての告知動画、いかがですか?

さんまの魅力もさることながら、岩手県大船渡市の「さんりく・大船渡ふるさと大使」であるXUXUがうたう復興支援ソングがまたいい味出してますよね~www

2017年告知動画も正式にUPされましたらこちらでも更新したいと思います!

当日は3,333匹のさんまの炭火焼きが振舞われます!

さんまを引き立たてる食材

さんまによく合うお塩がまぶされ

大根おろし・・・岩手県奥州市産

辺塚だいだい・・・鹿児島県肝付市産

さんまによく合うしょうゆ・・・千葉県山武市産

この3品がさらにさんまを引き立ててくれます!

さんまに加えこれらが無料で配られるとは嬉しい限り!!

 

さんますり身汁と大船渡さんまバーガー

会場ではさんまの炭火焼の他、大船渡ならではの味を堪能することもできます。

こちらは炭火焼きのさんまが焼き上がるまでの時間をうまく使って食べたいところ。

さんますり身汁

大船渡の伝統料理

1杯200円

限定2,000食

 

こちらは例年20~30分くらいの待ち時間で調達できています。

さんまのすり身を団子状にして作ったさんまのすり身汁は大船渡の伝統料理なんですよ~。

大船渡さんまバーガー

大船渡のご当地バーガー

1個600円

限定1,000食

 

こちらはかなりの人気で30分以上の行列ができます。

新鮮なさんまのすり身はテリヤキ味!

バンズではさむのはレタス、トマト、ガーリックポテトチップス、タルタルソース!!

想像しただけでよだれが出そう( *´艸`)


 

目黒のさんままつりでは味わえないご当地グルメ。

三陸・大船渡 東京タワーさんま祭りだけなので訪れた人にはぜひとも食べてほしい!!

また、大船渡特産品販売&さんま直送便受付コーナーも設けられているのでその場でさんまを堪能する以上の楽しみもあります。

 

特設ステージでイベントも充実

昨年は三陸出身のアーティストによるLIVEやHAMAちゃんこと濱守栄子さんなどのステージ、ラジオ日本の公開生放送が行われました。

明石家さんまさんのものまねで有名な 「ほいけんた」さんもものまねショーもあり、三陸のさんまと明石家さんまのさんまで会場は大盛り上がり!

 

2017年のゲストはこちら!

LIVE

XUXUさん、濱守栄子さん、澤内さなえさん

ラジオ

夏木ゆたかさん、大沢桃子さん、美月優さん、山口ひろみさん

モノマネショー

明石家さんまさんのモノマネ「ほいけんた」さん

その他

・大船渡のおおふなトンや東京タワーのノッポンのコラボあり!

・東京タワーアテンダントチームによるパフォーマンス

おすすめしたいのがこちら!

これかわいすぎですよね?!

この前列の子供たち、練習したのかな?

1分15秒からの合いの手が最高!!

しかもこのタイミングで土砂降りの雨も落ち着いてくれるという、ナイスタイミング!

復興支援ソングの

「Camellia~椿のうた~」

もすてきですよね。

さんまを味わうだけでなく、復興支援にもきちんと重きを置いているのがわかりますよね。

おてんばママ
2017年もやってくれるのかなぁ~。

 

確実にさんまを食べる方法

さんままつりでおいしいさんまを食べるにはさんま引換整理券が必要になります。

引換券に引換時間が記入されているので、その時間にさんまを受け取りに行くことになります。

ちなみに引換時間は選択できません。

 

 

参考までに2016年のを紹介しますね。

さんま引換整理券

3,333枚

午前7時半から無料配布

1名につき1枚

なくなり次第終了

1-600番、9:30~10:30

601-1200番、10:30~11:30

1201-1800番、11:30~12:30

1801-2400番、12:30~13:30

2401-3000番、13:30~14:30

3001~3333番、14:30~15:30

 

という内容でした。

おてんばママ
2017年も7時半から3,333匹分のさんま引換券が配布されるので、おおよそ同じ時間になるのではないかと思われます(^▽^)/

混雑状況

先頭の人は前の日の夜から並んでいるそうですが、そこまでする必要は正直ありませ~ん。

早い時間帯の引換券がほしい人は朝7時前くらいに並べば9:30~10:30の一番早い時間帯の引換券をもらえるようです。

そこまで早くは・・・という人でも午前9時頃までに並べばぎりぎり引換券配布に間に合うようなので、午前8時台には並んでおきたいところ。

2016年は雨だったため、お昼を過ぎても引換券はあったそうですが、天気はできることなら晴れがいいですからね~。

おてんばママ
お昼にさんま食べたいなぁ~、なんてのんきなことを言っているとあっという間に引換券はなくなってしまうので要注意です!!

 

三陸・大船渡 東京タワーさんま祭りの由来

もともと目黒のさんまに由来するそうですが、

  • 三陸の「三」
  • さんまの「さん」
  • 産地直送の「産」
  • 東京タワーの高さ333mの「3」
  • 東京タワー創立の昭和33年の「3」

などをかけて3,333匹のさんまが振舞われているそうです。

おてんばママ
2011年の東日本大震災以降は三陸復興を支援するイベントとして大きな役割をになっているんですよ~。

 

古典落語で有名な「目黒のさんま」。

こちらのお祭りと比較して行ってみるのも楽しいかも!!

目黒のさんままつり2017!日程・場所・整理券はある?待ち時間の熱中症対策必須!!

2017.06.26

 

雨天決行!

2012年、2016年はかなりの大雨でしたが開催されました。

台風など危険が伴うときには中止となりますが、そうでもない限りは開催されるとのこと。

お問い合わせはこちら
三陸・大船渡 東京タワーさんままつり実行委員会
(電話:03-3433-5111)

 

子連れ必見!お得で楽しめる情報!

さんままつり会場と東京タワー大展望台などを回るスタンプリーが開催されます!

スタンプを全部集めると限定で333名に「大船渡の特産品」がプレゼントされます♪

9時半からなので、せっかくのチャンスです!

おてんばママ
こちらも合わせて楽しみにしてはいかがですか?!

 

早朝から並ぶ時の注意

東京タワーのオープンが午前9時からになります。

その前にお手洗いに行きたい方は近隣の公衆トイレやコンビニのトイレを利用することに。

おてんばママ
一人で行く方は並んでいる列の前後の方に声をかけるとかして並び直さなくて済むようにしておくといいですよ~

朝早く行くのが難しい人のために!

午後3時33分から1匹200円で、限定333匹のさんま焼きの販売があります!

早朝から来て並んで・・・

というのが難しい方は、この時間を狙って午後からくるのもありです!!

 

さいごに

目黒のさんままつりは引換券がなく、3~4時間は並ぶことが絶対なのに比べ、東京タワーのさんままつりはそこまで並ばずに、しかも早く行けば早く行っただけ食べられるので小さい子供がいても楽しめるのが嬉しいお祭りです。

9月とはいえ、まだまだ暑いので熱中症なんかで倒れる人も多いので、東京タワーのさんままつりは身体にも優しいお祭りとも言えます。

さんまは DHAやEPAがたくさん含まれていて魅力的な青魚のひとつ。

これを機会においしいさんまを食べて「おさかなっておいしいね」と子供と共有できるいいチャンス!

ぜひ、今年の秋はおいしいさんまをご家族で頬張ってみてはいかがですか?

 

おすすめしたい秋のイベント











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。