目黒のさんま祭り2017!日程・場所・整理券はある?待ち時間の熱中症対策必須!!

スポンサードリンク



おてんばママ
目黒のさんま祭りって2回あるってどういうこと?

そうなんです。

目黒のさんま祭りと言われているのは実は二つあるんです!

ひとつは

品川区主催の「目黒のさんま祭り」

で、もうひとつは

目黒区主催の「目黒区民まつり」(通称:目黒のSUNまつり)

どちらも新鮮なさんまを炭火焼きにしたものを無料で振舞われるという点は一緒なんです!

ではそれぞれのお祭りの詳細とともに、待ち時間や整理券の有無、お祭りの見どころ、楽しみ方などについてご紹介していきます!

スポンサードリンク



目黒のさんま祭り

基本情報

イベント名 第22回 目黒のさんま祭り

日程 2017年9月10日(日)
雨天決行!
さんまが焼けないくらいの雨だと、生のさんまを配布する予定

時間 10:00~14:00

会場 目黒駅前商店街、誕生八幡神社界隈

住所  品川区上大崎2-13-36

アクセス(最寄駅) JR目黒駅東口下車徒歩1分

さんまの数 7000匹

料金 無料

人出 約3万人

露店 あり(出店数25店前後)

では詳しく紹介していきますね!

見どころ

2分あたりに映るこの行列にちょっと「うっ・・・」ときてしまいそうですが、それだけ並んだかいあっての美味しいさんまなんでしょうね!

2016年は台風の影響もあり、初水揚げが遅れ、北海道からさんまを取り寄せて開催されました。

ここ最近では不漁が続き、こうやって無料で提供されるのもいまのうち!?

生さんまの無料配布も惜しみなく配られるのがす、すごい!!

 

極上の炭火焼さんま

目黒のさんま祭りでは水揚げされたばかりの新鮮なさんまを「三陸沖の海洋深層水」を取り入れた氷で鮮度を維持して東京まで直送されます。

そのため、何といっても身のしまりがいい!

スーパーで冷凍で売られているさんまとは比較できないほどのもの。

おてんばママ
獲れたての鮮度を保ったまま運ばれてくるって本当に素晴らしいですね!

そんなさんまを引き立てる脇役たちもかなり豪華なんです!

新鮮さんま・・・岩手県宮古市産

岩手県宮古漁港直送!

大根おろし・・・栃木県高林町産

500本振舞われます!

すだち・・・徳島県神山産

すだち大使である美人なお姉さんたちが10,000個分を配ってくれます!

目黒のさんま寄席

「さんまは目黒にかぎる!」のオチでおなじみの古典落語「目黒のさんま」を実際に楽しむことができます!


超入門!落語 THE MOVIE 「粗忽長屋」「目黒のさんま」2016年10月26日… 投稿者 stngdvb8724

12分あたりから目黒のさんま、始まります。

こちらも合わせてみてほしい!!!

おてんばママ
この超入門!落語 THE MOVIE は私の大好きな番組。

2017年4月からまた放送が再開されてすっごい嬉しいです!

やっぱりさんまは目黒だなって思っちゃうお殿様、かわいいですよね。

木戸銭無料

先着100名×4公演

出演:今年は誰でしょうね?!

(ちなみに2016年は三遊亭吉窓、春風亭昇太、立川志らら他でした)

開催場所 誕生八幡神社

開演時間

第一部10:00~/第二部11:30~/第三部13:00~/第四部14:30~

整理券配布予定時間 9:00、10:30、12:00、13:30

(開演1時間前に神社前歩道で入場整理券が配布予定。 入場整理券なしでは入場不可。)

その他イベントもりだくさん!

なんといっても目黒のさんま祭りの魅力は

  • 炭火焼きさんま無料配布
  • 新鮮生さんま無料配布
  • 目黒のさんま寄席無料

この3つですが、その他のイベントも盛りだくさんなんです!

ふるさと物産展、商店街ワゴンセール、くじ引き抽選会、アートバルーンプレゼント、そしてそして!

恒例となる阿波踊り!!

ふるさと物産展では宮古市、神山町、高林などの地元品の販売もありますよ~!

おてんばママ
さんまを頬張りつつ、そしてさんまの香りを感じながら見て回るのもいいですね!

 

目黒のさんま祭りの主催は品川区!

目黒駅って意外なことに品川区であることを知ってました?

山手線に関する雑学の定番ネタで知っている方も多いかもしれませんね~

目黒駅は目黒区ではなく品川区上大崎にあるんです。

つまり主催するのは品川区にある「目黒駅前商店街振興組合」なので「目黒のさんま祭り」ということになるんですね!

おてんばママ
これ、雑学として使えますね!!

 

混雑状況

さんま祭り実行委員会の公式サイトでも「3~5時間かかると思います」と公言しています。

目黒のさんま祭りでは整理券や引換券などの配布はないんです。

つまり・・・

3~4時間並ぶのは当たり前!

なんですΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

早朝6時ですでにたくさんの人。

先頭を目指したいなら5時前には並ぶ必要があります。

9時頃には一気に人が増え、2016年は11時半には無料配布分は終わっていました・・・。

おすすめは7~8時!

ですがいずれにせよ、最低でも3時間前後は待つことになるので十分覚悟して並ぶ必要があります(;^_^A

 

では、目黒区民まつりを見ていきましょう!

 

ここまで並ばずに食べられるさんま祭りは他にもあります!

東京タワーさんま祭り2017!日程・混雑状況・整理券の配布時間は?

2017.06.26

 

目黒区民まつり(目黒のSUNまつり)

基本情報

イベント名 目黒区民まつり(目黒のSUNまつり)

日程 2017年9月17日(日)

雨天決行。荒天時は前日判断。

時間 10:00~15:30

会場 目黒のさんま祭、ふるさと物産展(田道広場公園等、目黒1-25-8)
おまつり広場(目黒区民センター、目黒2-4-36)
子ども広場(田道小学校、目黒1-15-28)

アクセス 電車:JR線・東急目黒線「目黒」駅より徒歩約10分

バス:東急バス 権之助坂バス停・田道小学校入口より徒歩約5分

さんまの数 5,000匹

参加費 無料

人出 32,000人

模擬店、物産展、イベント各種あり!

 

では、詳しく紹介していきますね~

 

見どころ

区をあげてのお祭りで、すごい人出のわりにはアットホームなお祭りになっているのがわかりますね!

2分50秒あたりに映る、おいしく焼き上がったさんまにかぼすと大根おろし、そして醤油をさっとかけて・・・

もうたまりません!

 

美味しいさんまは気仙沼産!

目黒のSUNまつりでは目黒区と友好都市である宮城県気仙沼から5,000匹の新鮮なさんまが直送されます。

そして付け合わせとなる、さんまを引き立たせてくれる脇役たちはこちら!

大根おろし・・・宮城県産

かぼす・・・大分県臼杵産(先着500個!)

さんまと並ぶイベントたくさん!

おまつり広場

  • 宮城県角田市・気仙沼市の和太鼓演奏
  • 落語「目黒のさんま」
  • 気仙沼の小学生による伝統芸能の演舞
  • 区内で活動する団体などによる日本舞踊、各種ダンス、バンド演奏
  • 行政・健康・医療福祉相談など各種相談コーナーあり

など見切れるかな?いや、全部回りたい!

そんなイベントがたくさんです。

子ども広場

田道小学校校庭では子供も楽しめるイベントが盛りだくさん!

  • 段ボール迷路
  • 工作
  • ミニ縁日

子どもも飽きずにすみそうなのは嬉しいですね~

ふるさと物産展

地域の名産品が大集合します。

東日本被災地域から産直野菜、海産物などの他、目黒からは農産物や和菓子屋が出店予定!

目黒区を代表するお祭りなのがわかりますね~

問い合せ
目黒区民まつり実行委員会事務局(目黒区文化・交流課内) 電話番号 03-5722-9278

 

混雑状況

ここ数年はテレビでも大々的に取り上げられるほどのイベントになり、炭火焼きさんまを目当てに目黒川沿いにぐるりと長い行列ができるくらいの混み具合になりました。

人数制限と言いますか、さんまの数は5,000匹と決まっています。

目黒区民まつりでは並んでいる人にリストバンドかさんま引換券の配布がある!ので、それをまずはゲットする必要があるんです。

例年、8時頃までには並んでおくと比較的安全!という情報ですので、「確実にさんまを食べたい!」というのであれば

9時前には会場入りしているようにしたい

ですね!

おてんばママ
それでも3時間前後は並ぶので、目黒のさんま祭り同様、覚悟して並びましょう!

 

どちらも熱中症対策は必須!

どちらも炎天下の中、最低でも3時間は並ぶことが予想されます。

9月とはいえ、東京の9月はまだまだ猛暑が続きます。

  • 飲み物
  • 帽子
  • 日傘
  • 扇子やうちわ
  • 保冷剤

など最低限のものは用意してむかってほしいと思います。

場所によっては自動販売機も午前中の段階で売り切れになるところもあるので気を付けてくださいね!

日傘も会場近くになるとかさばってしまうので閉じざるを得ない場合もあります。

普段帽子を使わない方でも、持っていった方が安全です。

毎年、並んでいる間に気分が悪くなって運ばれる方もいるそうです。

 

さいごに

古典落語「目黒のさんま」にちなんで、おいしいさんまを食べて秋の味覚を十分に堪能できるなんて幸せいっぱいですね!

せっかく行くならその日ばかりはみんなで早起きして会場へ駆けつけてください~

品川でも目黒でおいしいさんまであることは間違いなし!

秋の味覚を思う存分堪能してみてはいかがでしょうか?!

 

おすすめしたい関連記事

スポンサードリンク



スポンサードリンク



2 件のコメント

  • 目黒駅前商店街商店街振興組合「目黒のさんま祭り」実行委員です。
    第22回目黒のさんま祭りは 2017年9月10日開催に決定しております。

    日にちや内容など誤りがありますので正しい情報掲載をお願いいたします。

    目黒のさんま寄席には毎年、異なった落語家さんが出演します。
    本年は春風亭昇太さん出演しません。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    • 日程や落語家さんの間違い、大変失礼いたしました。
      そしてご指摘ありがとうございます。
      即、修正いたしましたことをご報告させていただきます。

      今年こそは家族そろってさんま祭りに行こうと思っているしだいでございます。

      ますます暑くなる気候、御体気をつけてお祭りのご準備なさってください。

      ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠中のこと、産後のこと、保育園のこと、時短生活のこと、共働きのこと、などなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。