千畳敷カールの紅葉2017!見ごろ・時期はいつ?混雑や服装は??

おてんばママ
ロープウェイから見る紅葉できれいな場所ってどこだろう?

ずばり千畳敷カールでしょう!

(↑まるお君風byちびまるこちゃんwww)

紅葉が楽しめるロープウェイ全国1位に選ばれたこともあるほどの景色が、千畳敷カールでは見ることができます。

ロープウェイを降りたところは、すでに2600m標高!

持って行ったお菓子の袋もぱんぱんになるくらいの場所なんです。

お菓子の袋がぱんぱん!だなんて、子供の心をつかむのに持ってこいなわけでありますがwww

それ以上に見渡す景色は紅葉の宝石箱といっていいほど圧巻

では、千畳敷カール2017年の紅葉について、見ごろやおすすめビュースポット、混雑状況などまとめてみました!

スポンサードリンク



千畳敷の紅葉2017!基本情報

◆色づきはじめ 9月中旬

◆見ごろ

【千畳敷周辺】 9月下旬~10月上旬

【ロープウェイ区間】 10月上旬から10月下旬

【路線バス区間】 10月下旬~11月中旬

◆色づく木々 ダケカンバ、ナナカマドなど

◆標高 2612m

◆場所 中央アルプス 千畳敷カール

◆住所 長野県駒ヶ根市赤穂1

◆アクセス

【電車】JR駒ヶ根駅からバスで約50分しらび平停留所下車、ロープウェイで約8分千畳敷駅着

【車】中央自動車道駒ヶ根ICから菅の台バスセンターへ(ここから先マイカー進入規制あり)、バスに乗車し約35分しらび平停留所下車、ロープウェイにて約8分千畳敷駅着

◆駐車場 あり(有料)

では詳しくご紹介していきますね!

 

千畳敷の紅葉2017!見ごろ

色づきはじめは9月中旬ではありますが、紅葉の絶頂期は例年9月下旬~10月上旬

ロープウェイ区間やさらに山を下った路線バス区間では10月上旬~11月中旬まで紅葉を楽しむことができます。

見てください!

この赤、黄色、緑のじゅうたん!

千畳敷カールのこの地形は、2万年前の氷河よって削られてできたお椀型の窪地。

そこに広がるのはナナカマドやダケカンバの紅葉だけではないんです。

チングルマ シラタマノキ、ハクサンフウロ、ウラシマツツジ、コケモモなどたくさんの草紅葉もあり、氷河が削り取った岩肌とのコントラストが見事な迫力!

千畳敷カールの紅葉は、北海道を除けば日本一紅葉が早い場所でもあるんですよ~。

高山植物の宝庫として有名な千畳敷カールですが、紅葉の宝庫といっても過言ではないでしょう!

Twitterでも千畳敷カールの紅葉のすばらしさはたくさんあがっています。

 

千畳敷カール 紅葉の見どころ

日本百名山、新日本百名山、花の百名山にも選ばれるほどの名峰、木曾駒ヶ岳にある、千畳敷カール。

見ごろでもお話しした通り、広葉樹だけでなく、草紅葉もとても美しいところなんです。

ロープウェイから降りると、目の前には紅葉で飾られたダイナミックな中央アルプスが広がります。

名前の通り、1,000畳ほどのたたみが敷けるくらい広い場所で、遊歩道がきれいに整備されています。

その遊歩道はスニーカーで約40~50分で回りきれるので、体力に自信のない人でも、標高2600mでの紅葉を思う存分楽しむことができます。

紅葉シーズン中のバスやロープウェイはすごい混雑ですが、紅葉を見るにあたっては場所が広いため、そこまで混んでいる様子に見えないのでゆっくり見て回ることができます。

 

おすすめ3つのビューポイント

1.剣ヶ池

剣ヶ池は千畳敷カール内でも最も標高が低い場所。

雪解け水や湧き水が溜まってできた池なんです。

剣ヶ池越しに見る宝剣岳の勇姿は見ておきたいポイント。

2.ロープウェイからの景色


紅葉が楽しめるロープウェイか全国1位に選ばれたこともある 中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ。

2017年7月1日で 開業50年を迎えました!

それを記念して、今(7月13日現在)は夜間のロープウェイ特別運行や千畳敷の雪の中で寝かせた、雪中熟成酒の販売などが行われています。

おてんばママ
紅葉見ながらお酒をくいっと飲むのもなんか気持ちがいいですね!

ロープウェイ区間の紅葉は、千畳敷カールより少し遅れて10月上旬から10月下旬が見頃になっています。

千畳敷カールは四季おりおり、さまざまな表情を見せてくれるので、あえてロープウェイの紅葉の時期に行ってみるのもいいかもしれません。

 

3.2612cafeがオープン!

2017年7月1日に標高2612mの千畳敷ホテル内に2612cafeがオープンしました!

クロワッサンや千畳敷カールの雪解け水を使ったオリジナルコーヒーがおすすめ!!

おてんばママ
常にお弁当派の私ですが、現地で販売されているものを食べるのもまたいいですよねえ。

おてんばママ
もちろんテイクアウトOKなので、お弁当食べながら千畳敷カールの雪解け水を使ったコーヒーを飲む・・・あぁ、考えただけで最高ですね。

 

紅葉シーズンの服装・持ち物

  • 軽装でOK
  • 歩きやすい靴
  • レインコート
  • 軍手
  • 帽子
  • 食料
  • 水筒
  • ポリ袋

軽装でOKなのが魅力の千畳敷カール。

標高2600mもあるので、夏でも長袖でいいくらい涼しいというか寒い!

紅葉シーズンともなると気温は10℃くらいまで低くなるので、少し厚手の上着でもいいくらい。

山の天気は変わりやすいので、レインコートは防寒着にもなるので持っていったほうが安心かも。

霧も出やすいですし、レインコートがない方はウインドブレーカーで代用するのもあり。

おてんばママ
紅葉シーズンはバスやロープウェイの混雑がすごいので、待ち時間を過ごすための食料(お菓子や軽食など)や飲み物があると重宝します。

オムツ換えもきちんとできる場所があるので、小さな子供がいても大丈夫ですよ~!

 

紅葉シーズンの混雑状況

ロープウェイで標高2600mまで行けちゃうこの気軽さは、言い換えれば簡単に行けるからこそ混雑も半端じゃないということ。

  • 菅の台バスセンターで始発のバスでさえ列ができる
  • ロープウェイ待ちに数時間
  • 下山のロープウェイ待ちに数時間

もちろん、バスもロープウェイも臨時便出ていてこの状態。

おてんばママ
素晴らしい紅葉だからこそのことなんですね。

ふー

 

混雑を回避するには?

どうしても並ぶのは・・・という方は

  • 日の出とともに到着する勢いで来る
  • 千畳敷ホテルに宿泊する
  • 玉乃窪山荘や宝剣山荘などの山小屋に宿泊する
  • 車中泊する
  • 駒ケ根ICや駒ケ根駅近辺に宿泊する

ですね。

例年、車中泊する方はそれなりにいるそうです。

それくらいの覚悟が必要なんですね(;´・ω・)

千畳敷ホテルは予約をとるのが難しいかと思いますが、キャンセル待ちしてでも粘るのはありだと思います!

山小屋は登山する方を優先した方がいいと思うので、ちょっと難しいかもしれません。

ちなみに・・・

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ

営業時間 8:00~17:00(時期により異なる)

料金 (往復)大人(12歳以上)2260円・小人(小学生)1130円

菅の台~しらび平のバス

時間 早朝5時くらいから運行

料金 (往復)大人(12歳以上)1640円・小人(小学生)820円。

通常は20分おき、シーズン中は9分おき

こちらを参考にして予定を組んでみてください。

 

さいごに

千畳敷カールは、このお椀型にすっぽり紅葉が納まるのが、本当に宝石箱のようで心が躍る景観です。

7月でも残雪があり、きれいに咲き誇る高山植物とのコントラストも、紅葉同様いつか見てみたい景色の1つです。

これだけの観光客がいるので、かなり整備されている千畳敷カール。

ぜひ、家族で一緒に中央アルプスに広がる紅葉を見に行ってみてほしいと思います!











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^