おせち料理の種類や意味、子供向けに説明できる?楽しく教えて素敵なお正月を迎えよう!!

おてんばママ
おせち料理ってなあに?って聞かれちゃったけど、よくわからないよ~

突然ですが、あなたのおうちのおせち料理の定番って何でしたか?

私の家の定番は、紅白なます、黒豆の煮物、紅白のかまぼこ、何故か筑前煮。

そうそう、絶対に伊達巻と栗きんとんは外せない!

私は母親から

おせち料理は普段忙しい主婦が休めるように、お正月の間長持ちするのを重箱に詰めて、火を使わないようになっているんだよ

と言われました。

でも、母が言っていたことが本当かどうかも気にせずにいました。

今回は子どもにおせち料理って「こういうものだよ」と伝えられるように調べてみたのでご紹介しますね!

スポンサードリンク

おせち料理ってそもそもななぁに?

おせち料理の歴史と由来

おせち料理は中国の五節句という行事が元になっていると言われています。

五節句の料理は奈良時代には朝廷の中での習慣になっていて、節供(せちく)と呼ばれていました。

五節句というのは、

  • 1月7日 人日(じんじつ)の節句
  • 3月3日 上巳(じょうし)の節句
  • 5月5日 端午(たんご)の節句
  • 7月7日 七夕(しちせき)の節句
  • 9月9日 重陽(ちょうよう)の節句

昔、中国では奇数は縁起がいい、偶数は縁起が悪いという考え方があったそうです。

奇数は縁起がいいけれど、奇数が重なると偶数になってしまう。

そこで、奇数が重なる縁起が悪い状態を、生命力あふれる旬の野菜を食べることで避けようとしていたのが五節句の料理のようです。

それが段々と形を変えて、江戸時代の武士の習慣が今のおせち料理の元になったと言われています。

具材や種類の意味

おせち料理というと重箱に入っているイメージですよね。

重箱に入ったおせちには決まり事があります。

  • 祝い肴三種
  • 煮しめ
  • 酢の物
  • 焼き物

というお料理の構成になっています。

祝い肴

祝い肴というのは、おなじみの黒豆、田作り、栗きんとん、紅白かまぼこ、伊達巻、数の子、などに当たります。

焼き肴に当たるのは、ぶり、鯛、えびなどの焼いたもの。

酢の物では、ちょろぎ(長老木)、紅白なますや、酢蓮。

煮物はこぶまき、手綱こんにゃく、芽出しくわい、八ツ頭、椎茸、花蓮根、金柑。

おせち料理に使われる食材にも縁起がいい意味があるんです。

黒豆は真っ黒に日焼けするくらいマメに働けるように。

数の子はたくさんの卵を持っていることから子孫繁栄を願っています。

田作りは昔に田んぼの肥料としてカタクチイワシを肥料にしたら五万俵も米がとれたことから田作り。

ごまめという呼び方は「五万米」の意味だそうです。

たたきごぼうは豊年を知らせる鳥(瑞鳥)の形を表しています。

泥のついた黒いごぼうの「黒」という色は魔を払う意味もあります。

紅白かまぼこは初日の出の形に似ていて、赤色が魔除け、白が清らかさを表しています。

色として紅白の色が縁起が良いとされていますね。

伊達巻は昔の書物の巻物に似た形から教養や学問を持つことを願っていると言われま。

紅白なますは大根の白と人参の赤でお祝いの紅白を表しています。

ひょうたんのような形の食材、ちょろぎは漢字では「長老木」「長老喜」という字を当てています。

長寿を願う意味があります。

酢蓮は穴がたくさんあいているので見通しがきくという縁起担ぎです

こぶまきの昆布は「喜ぶ=よろこぶ」の語呂合わせです

そして、伊達巻同様に巻物の形を表して学問を表してもいます。

さらにこんぶは「子生」という字を当てて子孫繁栄を願う意味もあるようです。

椎茸は傘の形が昔の武士の「陣笠」に似ていることで武士社会の名残と言われています。

手綱こんにゃくも馬の手綱の形を表していて武士が活躍した時代の名残です。

芽出しくわいは大きな目がぴょんと一本出ています。

その大きな芽が「めでたい」とか、芽が出る=出世する願いを込めています。

花蓮根は蓮根の見通しがきくという縁起担ぎと、花の後には実が着くことから「実を結ぶ」願いを込めています。

八ツ頭は親芋が大きいので頭(かしら)となる出世を祈るもの。

そして、小芋が沢山つくので子孫繁栄も意味しています。

金柑は「金冠」の意味で財宝を表しています。

何段重があってどの段に何を詰めるの?

重箱は五段が正式です。

しかし、最近では四段重が普及してきているようです

そして、四が死を連想させることから誦箱の四段目は「与」の字が当てられています。

何段目に何を入れるかも決まっています。

では、どの段に何を入れるのかまとめてみたのでご紹介しますね!

四段重の場合

「祝い肴」と「口取り」は一番上の一の重に入れます。

祝い肴というのは黒豆、田作り、数の子などです。

口取りは紅白かまぼこ、伊達巻、栗きんとん、こぶまき、など。

「焼き物」は二の重に入れます。

焼き物はブリや鯛やえびを焼いたもの。

「煮物」は三の重に入れます。

花蓮根、ハツ頭、芽出しくわい、など。

「酢の物や和え物」は与の重

四段目は四が縁起が悪いということで「与」の字を当てます。

紅白なますや酢蓮。

五段重の場合だと、少し違っていて

「祝い肴」が一段目

「口取り」は二段目

「海川の幸」または「焼き物」は三段目。

「煮しめ」は四段目(与の重)

五段目については、「なますや酢の物」を詰めるという説や、来年こそ重箱をいっぱいに出来るようにという願いを込めて中身は詰めないという説があります。

おせちのことはよくわかりましたが、では、いったいいつ食べるのがいいんでしょう?!

喪中の時にも食べていいのか?

次は、そんな疑問に答えていきます!!

スポンサードリンク

おせち料理はいつ食べるの?

実はおせち料理は今の年越しそばのように大晦日から元旦にかけての年越しに食べるものだったそうです。

いまだに東北や北海道の一部では大晦日におせち料理を食べる風習が残っています。

ですが、一般的には元日から三日までおせち料理で過ごすというのが常識のようです。

喪中のお正月におせちは食べちゃいけないの?

お正月が喪中に当たってしまった場合におせちはどうしたらいいでしょうか。

基本的に四十九日(忌中)を過ぎていれば身内でおせちを食べても別に構わないようです。

しかし、おせちの材料の意味を書きましたが、お祝い色が強い意味のものは避けた方がいいです。

そして、おせちを食べる時に使われる祝い箸はやめましょう。

重箱も縁起物なのであえて入れない方が良いかもしれません。

まとめ

  • おせち料理は奈良時代の節供(せちく)という習慣が元になている。今のような形になったのは江戸時代の武家社会の頃と言われている。
  • おせちの構成は「祝い肴」「口取り」「煮しめ」「酢の物」「焼き物」というお料理の構成になって
  • おせち料理の食材は一つひとつが縁起のいいゲン担ぎの意味を持っている。
  • 重箱も縁起担ぎの意味で使われる。四段と五段の物がある。四段目は「与」の字を当てている。
  • 喪中の時には忌中を過ぎていれば、縁起担ぎの意味の強いものを避けた方がいい。

今では年末年始でもコンビニはやっているし、スーパーやデパートも元日から空いているところもあります。

わたしが子どもの頃はお正月はお店もお休みだったので、おせち料理だけで過ごすことが多かったです。

それに比べて、今ではおせち料理もおしゃれなオードブルや中華風のおせちもありますね。

昔と比べるとずいぶんバリエーションに富んでいて、昔からのお正月料理とはなんだか変わって来ています。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。