東京大神宮初詣2018!混雑や待ち時間は?赤福など縁起物のふるまいあり!!

おてんばママ
良縁でも有名だけど、伊勢神宮と同じ神様が祭られているって本当?

そう、良縁でも有名な東京大神宮ですが、「東京のお伊勢さま」として伊勢神宮と同じ天照皇大神、豊受大神を御祭神とする神社なんです!

「心結び・縁結び・幸せ結び」にちなんで良縁を願うたくさんの人が参拝されますが、ご利益は「家内安全・商売繁盛・厄除開運・交通安全・学業成就」など多岐にわたります。

個人的には

ママ友との良縁に恵まれたい

のでそちらも含め、ぜひとも参拝したいところ^^(笑)

お伊勢参りを東京でもできて、さらには幸せをお願いできる東京大神宮の初詣の情報、混雑状況や待ち時間、縁起物の赤福!などについてまとめましたのでどうぞご覧ください!

スポンサードリンク

東京大神宮初詣2018!基本情報

一年の平穏無事をお祈りする新年初祈祷を、拝殿にて元旦午前0時から執り行われます。

日時:2017年12月31日(大晦日)23:00~2018年1月1日(元旦)3:00まで

※大晦日から元旦は、終夜参拝できます。

1月1日(元旦)7:00~17:00

1月2、3日8:00~17:00

1月4、5日7:30~16:30

1月6日以降9:00~16:30

※6日までの受付は、会館ロビーにて行っています。

7日以降は境内の祈祷受付所にて行っています。

場所:東京都千代田区富士見2-4-1
電話 03-3262-3566

アクセス:(最寄り駅)
JR中央・総武線、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線、都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」各線駅より徒歩約5分

ご利益:家内安全・商売繁盛・厄除開運・交通安全・学業成就

ご祭神:天照皇大神、豊受大神

人出数:約6万人

拝礼:「二礼・二拍手・一礼」

初詣の混雑を回避するには?

まずは過去の初詣の様子を見てみましょう!


見ての通り、オフィス街の中に突如と現れる東京大神宮。

1分過ぎから混雑状況がわかりますが、三が日を過ぎてもそれなりの人!

周囲のお店や狭い道路を配慮して、警備員の方々がうまく誘導してくれます。

手水には嬉しいことにぬるま湯なんです!

長い間待ってこの気配りは心が洗われます。

2分20秒あたりで本殿が見えます。

境内もあまり広くないことがわかりますね。

三が日を過ぎた平日でもこの行列なので、年越しをここで迎えるとなると・・・

やはり、混雑を回避するならピークの時間を避けるべきですね。

おてんばママ
おみくじやお守りの人気なので、ぜひともひきたいおみくじや買いたいお守りは事前にチェックしておくと悩まずにすんで、スムーズになります。

混雑を回避できる時間とは?

1月1日(元旦)朝4:00~11:00頃

やはり大晦日の23時から元旦朝方3時ごろまでは、3時間前後の待ち時間は覚悟してください!

3時までご祈祷を拝殿で行っているので、ご祈祷を希望されない方はその時間を避けた方がおすすめ。

また、年越しの次に混む時間は11:00~15:00頃なので、その時間もうまく避けられたらいいですね。

後半でも紹介していますが、東京大神宮では心温まる縁起物の「ふるまい」があります。

9:00~11:00はうまく重なる時間帯なので8時頃には現地入りしておきたいところ。

おてんばママのおすすめ!

8:00~11:00!

東京大神宮は境内が狭いため、境内に入るところから混雑が始まりますが、年越しをするなら飯田橋の駅の方から長蛇の列に!

動画の通り、境内に入るまでには商店街や信号などあるので、誘導員の方の指示に従って行けば心配ありません^^

人気の理由はここにあった!

初詣の参拝者数は毎年約6万人前後といわれています。

なぜなら東京大神宮は伊勢神宮の遥拝殿(ようはいでん:伊勢神宮までは遠くて参拝に行けない人のために建てられた)だから。

そう、東京大神宮を参拝することで

伊勢神宮を参拝すると同じ意味=ご利益があります!

そして、日本で初めて神前結婚式が行われた神社でもあるんです!

また、良縁を象徴する「造化の三神」(天之御中主神、高御産巣日神、神業巣日神)や絶世の美女といわれていた「倭比賣命」が祀おり、「参拝すると彼氏ができる・良縁に巡り合える・結婚できる」と評判!

お守りやおみくじは事前にチェック!

事前に混雑を回避できる方法のひとつとしてチェックしておきたいところ。

特にお守りは40種類以上と豊富なので、自分にはどれがいいのか調べてからいくといいですね。

ちなみに私のおすすめはこちら!

幸福が訪れるという花言葉をもつ鈴蘭の花に見たてたお守り。

いつも持ち歩いていたら良縁に恵まれたという口コミがたくさんあります。

おみくじは4種類。

縁結びみくじ(200円)、恋みくじ(100円)、恋みくじ(恋人形付き、200円)、恋文みくじ(200円)

私のおすすめは恋みくじ。

恋人形も選べるのも女子には楽しいwww

その他にも、神様に手紙で願いを綴る「願い文」や願い事が実を結ぶようにという意味が込められた木札「結び札」などがあります。

スポンサードリンク

屋台はないけど豪華なふるまいあり!

動画を見てわかる通り、東京大神宮周辺は非常に狭い道路が多いです。

そのため屋台などはでないのですが、境内で「ふるまい」というのがあります。

ふるまい時間帯

1月1日 0:00~4:00と9:00~17:00

1月2日、3日 9:00~17:00

※なくなり次第終了!

縁起物がいっぱい

「東京のお伊勢さま」の境内では、ふるまい時間帯に伊勢名物の「赤福」がふるまわれます!

おてんばママ
伊勢神宮へ参拝に行った気分にもなれて幸せですよね。

その他にも「樽酒」や「福志しるこ」も無料でふるまわれます。

「あたたかいお茶」もあるのはありがたい心配り。

おてんばママ
こんな優しさに新年から触れたら、大人から子供まで暖まれて良き一年のスタートが切れそうです。

縁起物というわけではないですが、手水もぬるま湯であたたかいのも嬉しいですね。

先着1,000名様限定 ミニ干支絵馬のプレゼントも!

三が日の各日の午前8:00~10:00までに、お神札やお守りをお受けになった参拝者の方々先着1000名様に、なななんんと!

謹製したアルミ製の「ミニ干支絵馬」

のプレゼントがあります!

なおさら8時までには行きたくなりますね!

良縁!パワースポットで目を閉じて!!

東京大神宮は、神前結婚式の発祥の地といわれており、大正天皇の神前結婚式が執り行われたことで有名です。

良縁を象徴する「造化の三神」(天之御中主神、高御産巣日神、神業巣日神)や絶世の美女といわれていた「倭比賣命」が祀られていて、

参拝すると彼氏ができる

良縁に巡り合える

結婚できる

と評判!!

東京大神宮にあるご神木とせせらぎの池に行って、20~30分何も考えず目を閉じてたたずんでいると良縁の人のイメージがわかってくるとされているんですよ~!

良縁をお願いしに行くときは、早朝参拝者の少ない時にいく。

拝殿を参拝したら後に、必ず境内にある飯富稲荷神社も参拝する。

そして最後にご神木とせせらぎの池の場所を巡ってみる。

こちらがご神木↓

せせらぎの池↓

本当にごぼっごぼって聞こえるくらい湧き出ているそうです!!

さいごに

良縁で有名ではありますが、それだけではない東京大神宮!

赤福やお汁粉などのふるまいの他、手水があたたかかったり、お茶を用意してくれていたり、そんな優しさだけでもいい1年になりそう!!

2018年もいいスタートが切れるように、ゆっくり参拝できたらいいなと思っています。

4月から長女は小学校入学だし、それこそ本当にママ友との良縁を願いたい私です。

2018年もよいお年を~!!











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^