乳児の股関節脱臼!指摘されて不安になった実体験!!

子どもの成育で異常が疑われたり、実際に異常と診断されたら不安でいっぱいになっているあなた。

 

私は看護師として働いていますが(現在は育休中)、やはり我が子のこととなると話は別になって、不安なことが生じるとご飯ものどを通らなくなります。

 

看護師としてある程度の知識はあっても、実体験がなければやはり当事者の気持ちを100%わかることは難しいものです。

 

不安なこと

先日、三女の3・4カ月健診があり、行ってきました。

 

 

そこで指摘されたのが股関節脱臼

 

 

生後2ヶ月くらいから太もものくびれが左右非対称だったのには気が付いていたんです。

 

保健相談所での育児相談で相談しても「大丈夫でしょう」との答え。

 

でも、何だかすっきりしない自分がいて。

 

三女は産まれてから少しの間、呼吸状態が不安定だったためにNICUに入院していました。そのため、近隣ではないのですが、定期的にお世話になったその大きな病院に通っていました。

 

生後3か月のとき、不安は解消されないままだったのでお世話になった大病院の先生に思い切って聞いてみたんですよね。

 

そこで返ってきた答えがこれ。

 

「様子をみていいでしょう」

 

順調に成長・発達しているし、問題ないってことで終診となりました。

 

なんだかもやもやが残ったままだったんですが、先生が言うなら、と楽観的に捉えて様子をみることに決めました。

 

しかし!!

 

3・4カ月健診のときにやっと指摘されまして。整形外科の先生宛に紹介状をを書いてもらい、お世話になった大病院へ。

 

不安になっていることって、指摘されないとそれはそれでさらに不安になるので、指摘されてホッとした面もあるんです。

 

なんてワガママな・・・って感じですよね。

 

いよいよ診察へ

 

「元気でいいね」とご機嫌な三女に優しく話しかけながら診察。

 

太もものくびれはあきらかに非対称。

開脚しても特に動きは悪くない。

クルクルという特有の音もしない。

両膝を立てても高さに差はない。

しっかり開脚ができる。

 

「う~ん、はっきり言って非対称ではあるけど、脱臼ではないでしょう」

 

との答え。

 

いやいや、大丈夫でしょう、じゃなくて大丈夫って言葉が聞きたいの!

 

「赤ちゃんはね、まだ足の骨を支えるお椀の部分ができてないの。これから骨もしっかりしてくるから。産まれたときの写真を見て」

 

生後間もないころに撮ったレントゲン写真を見せてくれました。わかるけど、わかるけど、だからこれって産まれたときのでしょ?!今のことを聞いてるの~!!

 

そう。不安を解消するには「大丈夫です」とか「問題ありません」とか「異常なし」とかこう言ったはっきりした答えが聞きたいんです。

 

「それなら・・・」と言ってレントゲンを撮ってくれました。

 

でも、そこにはまだうっすらと映っているか映っていないかわからないくらいのお椀の骨。

 

先生には

 

「まだ骨がしっかりしていないから、今の段階では問題なし。今後気になるようならまた受診してくださいね」

 

と言われました。

 

なんだかホッとしたような、これからまたなる可能性もあるような、不安も残る結果でした。

 

不安は不安!

 

股関節脱臼は赤ちゃんなら誰でも起こりうるもの。これからならないなんてはっきり言って言い切れないんです。

 

股関節を締め付けるような洋服、おむつなんかを履いていたらなりうるし。

 

おむつ替えのときに足を引っ張り上げるような感じでしてたら、それはそれでなる可能性もありで。

 

きっと

 

「今は大丈夫だけど気をつけてね」

 

と言う優しい思いもあったんだと思うんですよね。

 

働いていてもそうですけど、お医者さんって結構そっけないんです。でも、きちんと話を聞くと患者さんのことをしっかり考えてくれているんです。

 

そうでないと困っちゃいますけどね。

 

まとめ

 

今回、股関節脱臼の疑いで受診しましたが大病院を受診しましたが、大病院となればなるほど、待ち時間というのは長い!

 

お昼をはさんでの受診となることを予測していたので、おにぎりを持って行って大正解!

 

不安がいっぱいだとご飯ものどを通らなくなるんですけど、問題ないと聞いてから食べたおにぎりはなんておいしいんでしょう!!

 

子どものことって、親にとってはおにぎり一個すら気分のUP/DOWNを実感しちゃうくらいのことなんですよね。

 

今、不安になっているあなた。

 

解決されなくてまだまだ落ち込む一方かもしれません。

 

でも、子どものために病院に連れて行ったり、看病したりして頑張っている姿は必ず子どもに伝わります。

 

子どもにとってお母さんはあなただけなんです。

 

落ち込んだっていいんです、底を見たとき、あとははいあがってくるだけですから!

 

いつか上を向いていけるときがきます!!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠中のこと、産後のこと、保育園のこと、時短生活のこと、共働きのこと、などなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。