深大寺初詣2018!混雑回避できる時間、駐車場、屋台は?子供も喜ぶ見どころはここ!

おてんばママ
ゲゲゲの鬼太郎が近くにあるお寺に初詣行ったら、子供のテンション上がるだろうなぁ!

ゲゲゲの女房のロケ地ともなって有名になりましたよね!

そんな深大寺、都内で2番目に歴史あるヒーリングパワースポットでもあるんですよ~!

境内の中には湧き水がたくさんあって、東京の名湧水57選の名水に選出された「不動の滝」を見ることもできます。また、神代植物公園・水生植物園などもあって、まさに都会のオアシス!!

お水がきれいだからこそ!有名な深大寺そば、年越しに食べてみたいと思いませんか?そう思って初詣前に食べにわざわざ訪れる方も多く、毎年たくさんの人が訪れています。

深大寺ならではの初詣、子供と一緒に楽しみながら行くための混雑回避できる時間やご利益など情報をまとめてみましたので、どうぞご覧ください!

スポンサードリンク

深大寺初詣2018!基本情報

◆参拝時間:2017年12月31日 9:00~24:00
     2018年1月1日 0:00~21:00
     1月2日、3日 8:30~20;00
     1月4日~9日 9:00~16:30
◆住所:東京都調布市深大寺元町5-15-1

◆アクセス:
【電車・バス】
・京王線 調布駅 北口よりバス乗り換え
・京王線 つつじヶ丘駅 北口よりバス乗り換え
・中央線・総武線 吉祥寺駅 JR吉祥寺南口よりバス乗り換え
・中央線・総武線 三鷹駅 JR三鷹駅南口よりバス乗り換え             
【車】最寄インター   中央自動車道 調布インター
 
◆ご利益:厄除 恋愛成就 夫婦円満 家内安全 商売繁昌 身上安全 交通安全 良縁成就    
     そのほか「癒し」「浄化」なども
◆ご本尊:阿弥陀三尊像(阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)

◆人出数:20万人以上

では詳しく紹介していきますね!

深大寺の初詣、混雑状況は?

では、過去の初詣の様子をご覧いただきましょう!

1月3日だというのに、かなりの数の人で賑わっているのがわかりますね。

20秒あたりから映るのは、参道の入り口にある有名な「鬼太郎茶屋」。こちらは深大寺に来たら必ず訪れたいおすすめのお店のひとつ。屋根の大きな下駄が、目玉のおやじの焼きだんご、なんとも興味をそそるものばかりです。

2分20秒あたり、境内に入りましたが参拝自体は意外とスムーズに流れています。

思っていたよりも意外と流れている!子連れも案外多いんですね~

深大寺そばが有名な深大寺。

年越しに「深大寺そば」を食べて、深大寺へ参拝に向うのが慣例としている人がたくさんいます!そのため、例年深大寺そばを食べるタイミングと混雑時間は重なっていることが多いのです。
混雑時間
元旦の0時~1時まで
元旦~3日の10時~16時まで

待ち時間は長くても1時間くらいはかかります。小さい子供連れだと、1時間ってちょっと厳しいですよね。3,4時間待つので有名な明治神宮ほどではありませんが、子連れにはつらい!

ですので、ここは混雑を回避する時間を狙って行くのが一番!!
混雑を回避できる時間帯

大晦日の23時半くらいまで
元旦の3時~6時
2日、3日 10時前か16時以降
年越しして参拝したいのであれば、23時過ぎには深大寺にいれば流れに乗って参拝できるでしょう!

初詣前の年越しそばを狙うんだったら、早めにおそばを食べて、2017年中にお礼参りとして早めに行くのがbetter!

初詣は日を改めて行ったほうが、子供もぐずることなくゆっくり参拝できるでしょう!

深大寺の由来・ご利益とは?

深大寺は都内で浅草寺に次ぐ2番目に歴史ある寺院です。

恋愛成就の神様「深沙大王像」

福満童子が武蔵柏野の長者の娘と恋仲となります。しかし娘の両親に反対され娘を湖水中の島に隠されて
しまいました。福満は玄奘三蔵の故事にあった深沙大王を思い出し祈ります。

そうすると亀に乗ってこの島に渡り再会することできました。やがて二人の関係は成就し生まれてきたのが満功上人です。満功上人は法相を学び深沙大王を祀りました。

ここから歴史ある深大寺が建立されます。

「深沙大王」の名前から「深大寺」になったといわれています。また深沙大王は本来、厄や疫病を遠ざける神でもあります。

その後、多くの歴史の人物との関わりや仏教の導入によりいまのご本尊「阿弥陀三尊像」となります。

そのご利益は、主に厄除、家内安全、商売繁盛、身体健全、交通安全などです。

武蔵野台地の谷に位置して多くの湧泉に恵まれています。田園を潤し人々の水に対する古来からの素朴な信仰とその後の仏教伝来によりいまの深大寺となりました。

絶え間なく流れる水の信仰から癒しや浄化のご利益もあります。

深大寺のパワースポット

「釈迦如来倚像」「元三慈恵大師像」「そば守観音像」「十二支観音」「深沙大王像」「恵比寿尊・大黒天像」などたくさんの仏像が安置されています。

不動の滝亀
有名な深大寺そばを育てる湧水地で水の信仰スポットです。癒されます。

山門
香閣の煙で清めます。煙を身体気になる部分にあてましょう。

本堂
ご本尊の阿弥陀三尊像が祀られているところです。

元三大師堂
元三大師像が祀られています。護摩祈願はこちらで行われます。境内では一番強力な厄除けスポットです。

深沙堂
深大寺期限の秘仏「深沙大王像」が祀られています。縁結びのスポットです。深沙大王は本来、厄除けの水神様でもあります。

福徳尊
七福神の恵比寿尊(家内安全)と大黒天(商売繁盛)石像があります。

延命観音(えんめいかんのん)
昭和41年秋田県象潟港工事で海底の延命観音の刻まれた大石が引き上げられました。その延命観音像が祀られています。健康運アップのスポットです。

深大寺周辺子連れおすすめ情報!

深大寺そば

初詣前の年越しそばとして人気があります。

近隣のそば屋では12月31日の夜中まで営業しているそば屋もあります。大晦日の朝や夜から元旦の1時~3時まで営業しています。

深大寺天然温泉「湯守の里」

深大寺近くにあります源泉掛け流し、湯治もある天然温泉です。

営業時間:年中無休 10時~22時
料金:(オプションにより)
   大人800円~1000円
   小学生以下500円~800円

神代植物公園

開山堂裏の北門からすぐが神代植物公園の入口です。都内最大の植物公園、桜や梅などの名所です。

開園時間:9:30~17:00(入園は16時まで)
休園日:毎週月曜日 年末年始(12月29日~1月1日)
料金:大人500円 65歳以上250円 中学生200円 小学生以下は無料
   

気になる駐車場は?

深大寺の駐車場は法事か車両祈願のみに制限されます。

近隣で有料駐車場は

神代植物公園駐車場 24時間営業 320台収容

深大寺高橋駐車場 9時~17時  66台収容

など。初詣期間は深大寺通りの交通規制もありますのでご注意ください。
                         

さいごに

私たちの生活基盤に密着したご利益あるヒーリングスポットいかがでしょうか。

豊かな緑と水で心身洗われることでしょう。

1200年の歴史ある癒しの寺院、深大寺での初詣もぜひ考えてみてくださいね。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^