節分に読み聞かせたいおすすめ絵本5選!怖くない鬼編!2歳3歳4歳向け

次女
おにいや!!

3歳直前の節分。次女の鬼に対する恐怖はかなりのもので、腰を抜かして立てなくなるほど(笑)

節分は、よく分からないけれど鬼が登場して、豆を力いっぱいなげつけて怖い・悪い鬼を追い払う・・・。わんぱく盛りの子供たちにとっては楽しい行事ですが、次女のようなびびりちゃんには、かなり恐怖の1日。

なぜ節分には鬼?豆まき?

そんな素朴な疑問も、絵本を読んでみると意外とわかりやすく描かれているものも多いですよね。

今回ご紹介する絵本は、読み聞かせをしながら、こっそり大人もおさらいできる5冊です。

  • 鬼が出てくる度合
  • 節分の由来について触れられている度合
  • 行事食について触れられている度合
  • 絵本の雰囲気が明るいか、また和む雰囲気なのか
を☆で評価してみたので、参考にして読んでもらえたらと思います^^次女のように鬼嫌いな子でも比較的楽しく親しみやすいラインナップになっていますのでどうぞ!

節分、豆まきの意味・由来は?鰯、柊を飾るのはなぜ??子どもと楽しむ、日本の風習!についてまとめた記事も合わせてどうぞ!

節分!豆まきの意味・由来は?保育園・幼稚園の子ども向けに解説!

2017.01.06
スポンサードリンク

節分に読み聞かせたい絵本

せつぶんのひのおにいっか

作・絵 青山友美
出版社 講談社
鬼 ★★★★★
由来 ★★★
食べ物 
笑い ★★★★
ほっこり ★★

この絵本によると、ヒトには見えないけれど、鬼は私たちと同じ家に住んでいるらしいのです…。そして、ヒトと同じように寝起きして食事も共にしているようなのです。

でも、節分の日は豆まきによって鬼は家から追い出されてしまい、一晩だけ福の神にお家を空けてあげるようです。

屋根の上に逃げた鬼たちの様子がなんともおもしろい1冊です。

ふくはうち おにもうち

作 内田麟太郎
絵 山本孝
出版社 岩崎書店
鬼 ★★★★★
由来 ★★★★
食べ物 
笑い ★★★★
ほっこり ★★

もし鬼が家の外で寒さに震えていたら、皆さんはどうしますか?

この絵本の主人は、人が良すぎるために鬼を招き入れ、お酒もすすめました。帰ってきた奥さんはびっくり!

鬼がいるようでは福の神が来てくれない!と思ったら…、お酒によって陽気になった鬼のおかげで、賑やかなのが大好きな福の神もその家にやってきたのです。

福が舞い込むためには鬼も必要なのかな、なんて思ってしまいます。

おにはうち!

文 中川ひろたか
絵 村上康成
出版社 童心社
鬼 ★★★
由来 ★★★
食べ物 
笑い ★★
ほっこり ★★★★★

題名を見て、「あれ?」と思いませんか?そう、一般的には節分の豆まきのときの掛け声は「鬼は外」。でも、この絵本に出てくる鬼は、どうやら普通の男の子のように人と一緒に遊びたいようなのです。

鬼も怖いだけじゃないんだな、ちゃんと心を持ってるのかも…、と感じられる絵本です。

おばあちゃんのえほうまき

作・絵 野村たかあき
出版社 佼成出版社
鬼 
由来 ★★★★★
食べ物 ★★★★★
笑い 
ほっこり ★★

日本には季節行事それぞれにちなんだハレの料理があります。節分には恵方巻きですね。

この絵本は、節分の、特に恵方巻きについてとても丁寧に描かれています。恵方巻きは、本来は七福神にちなんで七つの具を入れたものだそうです。

この絵本で、豆まきだけでなく、恵方巻きについても知って、今年はぜひお子様と一緒に作ってみませんか?

鬼といりまめ

作 谷 真介
絵  赤坂 三好
出版社 佼成出版社
鬼 ★★★★★
由来 ★★★★★
食べ物 
笑い 
ほっこり 

節分の由来の昔話は、その土地によって様々らしいのですが、この絵本は伊豆や東京桧原村などに伝わるお話しです。

鬼のお嫁に行かなくてはならなくなったおふくが菜の花をたどって家に帰ることから、節分は春の始まりの行事だと気づかせてくれます。そして、なぜ鬼は豆を嫌うようになったのか…、どうやら人に投げつけられるからではないようです。

昔から伝わる話もなかなかおもしろいと感じますよ。

さいごに

節分とは季節の始まりの日の前日のことです。特に、立春の前の日のことを言います。季節の変わり目には邪気(鬼)が生じるために、それを追い払うために豆をまくようになったようです。

つまり、節分の次の日から春なのです!

どの絵本を読んでも、春の訪れを予感させてくれますよ。鬼が怖い子供でも、親しみやすい絵本になっているので、ぜひ楽しい節分になるようなきっかけになればと思います^^

節分、豆まきの意味・由来は?鰯、柊を飾るのはなぜ??子どもと楽しむ、日本の風習!についてまとめた記事も合わせてどうぞ!

節分!豆まきの意味・由来は?保育園・幼稚園の子ども向けに解説!

2017.01.06










合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^