友チョコのお返しいつにする?子供が幼稚園児、相場は?喜ばれるものとは??

おてんばママ
幼稚園のお友だちから友チョコもらっちゃった!お返しってどうしてる??

大人の間では浸透しているバレンタインですが、小さな子供たちの間では「友チョコ」が流行っていて、どの世代でもうきうき楽しみなバレンタイン。

子供のバレンタイン、大人と違うのはチョコをあげる対象が男の子と限らず、友達なら誰にでもあげるという感覚だということ。子供同士でチョコを渡すのは全体の約3割程度(思ったよりも少ない?!)で、ママが作るから一緒にやってみたいという思いから作る子が多いそうです。

では、渡す側ではなくもらう側はどうなんでしょうか?

幼稚園の子なら、バレンタインをわかっていない子も多いですよね(笑)特に男の子のママなら「まさかうちの子が」っていうのが多いようで(うちの子の周りはですが)お迎えの時に一緒になったママがたくさん用意していて、そのおこぼれをもらった!なんてパターンがよくあります(本命ではないのが少し残念www)。

もらったのは嬉しいけれど「ええー!準備してないよー!どうしよう!!」と頭を悩ませるママのために、思わぬ友チョコをもらった時のお返しのポイントを紹介したいと思います。

このポイントさえおさえておけば、、子供たち同士だけでなく、今後のママたちの交友関係も良好になること間違いなしです!!

スポンサードリンク

友チョコのお返し、タイミングはいつ?

バレンタインの基本は、ホワイトデーにお返しをする。

・・・なんですが、なにせ相手は園児です。さらに言えば、イベント好きのママが一緒に作った可能性もありますよね。

ママ友
バレンタインでチョコをたくさん作ったからあげるね!

という軽い気持ちの場合がほとんど。

男の子がもらっ場合、ホワイトデーにお返しする、でOK!それが本来のバレンタインの形ですしね。

女の子がもらった場合、ホワイトデーを待たずに、お返しの準備ができたら「この間はチョコレートありがとう!」と渡してもOK!

何度も言うように、幼稚園くらいの子だと、バレンタインの意味をわかっていないことが多いです。チョコをあげたからすぐお返しをもらえる!と単純に思っている子もいて、そんな子はホワイトデーまで待てないのが事実(笑)

A子ちゃん
○○ちゃんにプレゼントあげたのにお返しくれない!

なんて言いだす子もいて、意外と厄介な展開に。あ、これ、実体験です(;^_^A

子供同士で約束したり、あれこれ決めたわけではないことが多いので、ママ同士のやり取りが大事になってきます。もらった時の状況や、普段の状況を考えて判断して、お返しを考えるのがbetter。

イベントをキラキラした気持ちで楽しんでいるママが相手であれば、ホワイトデーにお返しでもいいですし、ただ単純にイベントにあやかって作っただけという雰囲気であれば、お菓子をいただいたという感覚ですぐにちょっとしたお返しを準備すれば大丈夫です。

我が家は3姉妹なので、毎年何かしら作っています。年長さんにもなれば「○○君にあげるんだ^^」と言って作る過程、あげる過程、すべてを楽しんでいます。年少さんの次女は「△△くんと、□□ちゃんと、◎◎ちゃんにあげる!」とまぁ、ぶっちゃけ誰でもOKみたいな感覚(笑)。

あげる方もお返しのことを考えると、簡単に誰にでも渡していいものではないことはわかっているので(あとあとのことを考えるとけっこう面倒くさい)、実は慎重だったりするんですよね。

うちの子の周りでは、友チョコのお礼としてLINEをくれたり、お手紙でお礼(もちろん子供が頑張って書いたもの)してくれたり、それなりにお礼の気持ちを示してくれます。お返しをすぐくれる子もいれば、「ホワイトデーに作るから待っててね」と言ってお楽しみにしてくれる子も。

友チョコのお返しの相場は

友チョコのお返しは、もらった物と同等の値段でお返しするのが妥当。

手作りチョコレートであれば材料費を割って算出し、200~300円程度でOK。

友チョコなのでそんなに気合が入ったものはないはず。しかも幼稚園クラスならなおさらのこと。お気持ち程度のお返しで十分。

では、どんなものがお返しとして喜ばれるのかご紹介していきますね!

スポンサードリンク

友チョコのお返しは何がいい?

同じようにチョコレート、クッキー、マシュマロなどお菓子でお返しをするのが定番になっていますが、最近ではちょっとおしゃれで簡単に作れるカップケーキやラスクなども人気です!

手作りでもらったから、手作りで返さなきゃいけないのかな?と思いがちですが、手作りが不得意な人も中にはいますよね。

ママ友
私はお菓子は作れません!

そんなママがいるのは当然!市販のもので十分。安心してくださいwww

市販のものだと味気ないなぁという方には、100均などの可愛いラッピング用品でリボンをつけたりするだけでプレゼントに早変わりしますよ!!豪華にする必要はないので、気持ちが伝わる程度のラッピングで十分です。

まとめ

親としては正直気も使うしめんどくさいと思うことも多いですが、子供にとってはとても楽しみなイベント。女の子も男の子も、子供だからこそ大好きなチョコレートをお友だちからもらえるなんて嬉しいものですね。

我が家の息子は人当たりがいいせいか、友達からも友達のママからも時構わずいろいろもらってきます。「またもらったよ~」なんて言いますが、言葉とは裏腹に顔は嬉しそうです。かという私は気を遣うのがすごく苦手なのでまた?!と思わず怪訝そうな顔をしてしまいますが、ここは素直に喜んで相手のママに「いつもありがとね!」と連絡を入れるようにしています。すぐにお返しをしなくても、お土産でお返ししたり、お出かけしたときにめずらしいものを見つけたらこの間いただいたし・・・と購入したりしています。

親が思ってるほど子供は何も考えていないですし、園児だと渡すもらうという行為を楽しんでいるだけのようにも見えますので、深く考えずにママ同士の付き合いだと思ってもいいかもしれませんね。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^