卒園メッセージカード!親から子供へ失敗しない書き方とは?先生への書き方も紹介!

おてんばママ
親御さんからお子さんへ、何かメッセージをお願いします!って言われたけど、文集に一生残ると考えたら、何書いたらいいかわかんないよ~

卒園式シーズンになると、頭を悩ませることのひとつ「メッセージカード書き」がありますよね。

親から子へ、親から先生へ、子から先生へなどメッセージを書く相手も様々。メッセージを考えるのは楽しい時間でもあるのですが、どんな文章だとうまくメッセージがまとまるのか悩みませんか。

文集なんかで一生残るものになる場合もあるし、他のママの目も気になる(私だけ?むしろ気にし過ぎ?!)、頭を抱えてしまいます。

そんな、あたなのために!失敗しない卒園メッセージの書き方を

・親から子供へ
・親から先生へ
・子供から先生へ

のそれぞれの視点で、ご紹介します!NG例もありますので、ぜひとも参考にして、素敵なメッセージカードになるヒントになれば嬉しいです^^

スポンサードリンク

親から子供へのメッセージ

親が子供へ伝えたい内容はたくさん思い浮かぶかとは思うのですが、メッセージに書き出すとなると・・・何を書いたらいいかわからなくなりません?

内容をしぼらないとまとまりのない文章になってしまうので、これからお伝えする3つのポイントを意識して、まずは書き出してみましょう!!

親から子供へのメッセージ うまく書ける3つのポイント
・幼稚園(保育園)での具体的な思い出をふりかえる(遠足や運動会など思いだしやすい行事や日常のこと)
・幼稚園(保育園)に入ってから子供ができるようになったことや、頑張っていたことを書き出す
・小学生になってから子供に期待することやママの思いを考える

どうですか?書き出してみましたか?

おてんばママ
初めてお弁当を持って行った遠足。お弁当美味しかったよって空になったお弁当箱を見せてくれたのとか、すっごい覚えてるな・・・

できるようになったことって・・・トイレも着替えも、思い返せばたくさんある!入園したころはあんなに不安ばっかりだったのにwww

期待すること?これもたくさんある!欲張り過ぎ!?

こうやってみるとたくさん出てきますよね(笑)

書き出すことで余計にまとまらなくなった!というあなた(笑)に例文3つをご紹介します。

親から子供へ 3つの例文

例文1

〇〇ちゃん、そつえんおめでとう!
〇〇〇ぐみになって、うんどうかいにむけて、まいにち〇〇〇をれんしゅうしてすごくがんばったね!
うんどうかいではとてもじょうずに〇〇〇ができるようになっていて、ままはとてもかんどうしました。
しょうがくせいになったら、〇〇ちゃんはかんじをがんばりたいっていっていたね。
ままはずっとずっと〇〇ちゃんをおうえんするので、がんばってね!!

例文2

ずっとれんしゅうしていたてつぼうのさかあがり、できるようになってよかったね。
まいにち、れんしゅうしていたのをせんせいにきいてままはしっていたよ。
ままは、ずっと〇〇ちゃんをおうえんしているので、しょうがくせいになっても〇〇ちゃんらしさをわすれずにたのしくまいにちすごしていこうね!

例文3

〇〇ちゃん、まいにちままがつくったおべんとうをのこさずきれいにたべてくれてありがとう!
ままは、ぴかぴかのおべんとうばこをまいにちみて、すごくうれしかったよ。
これからもごはんをもりもりたくさんたべて、げんきないちねんせいになろうね!

いかがです?

みんな前向きな内容で、子供も読んでいて嬉しくなるのが伝わってきますよね!難しい言葉を使うよりは、ストレートにズドーンと伝えた方が、子供にはわかりやす伝わります。

子供はもらったメッセージを意外とずっと覚えているもの。次の3つの内容は避けたほうがいいので気をつけましょう。

親から子供へ 避けたい内容
・子供を注意するような内容
・期待を込めすぎる内容
・漢字をたくさん使わない

では、わかりやすいようにNG例を見てみましょう。

NG例

〇〇ちゃん、卒園おめでとう!いつも元気いっぱい幼稚園にかよえましたね。
でも、たべものの好き嫌いがなかなかなおせなかったね。
小学校へいったら、がんばって嫌いな食べものもたべれるようになろう!

どうです?子供が読んだらちょっとがっかりしませんか?子供のよいところを思い出して、メッセージに残してあげてくださいね。

では、これもかなり悩ましい「親から先生へ」のメッセージについて、失敗しない書き方をご紹介します。

スポンサードリンク

親から先生へのメッセージ

いつもお世話になっていた先生へのメッセージ、伝えたい気持ちはたくさんありますよね。でも、メッセージカードに書く文字数に限りもあるので、うまくまとめるのに一苦労していませんか?

そこで、次の3つのポイントをおさえれば、簡潔に素直な感謝の気持ちを表現できること間違いなし!

ぜひ、お試しあれ~!!

親から先生へメッセージ うまく書ける3つのポイント
・子供の気持ちを代弁するようなメッセージもOK
・ママが日頃思っていた感謝の気持ちを改めて考える
・「お世話になりました、感謝しています、ありがとうございます」の全てか、いずれかの言葉をメッセージにいれる

では、この3つのポイントをおさえた文例を3つ紹介します。

親から先生へ 3つの例文
例文1

〇〇先生へ
3年間娘の〇〇が大変お世話になりました。
いつもあたたかな眼差しで見守っていただいて、〇〇も安心して幼稚園に通うことができました。
卒園しても、〇〇先生のように子供に心を寄せる優しさを大切に、私も子供と共に成長できたらと思っています。
本当にありがとうございました。

例文2

やんちゃな息子の〇〇が大変ご迷惑お掛けしていましたが、いつもあたたかく接していただいた□□先生、本当に感謝申し上げます。
幼稚園に行きたくない日も□□先生の笑顔で〇〇はとても救われていたようです。
〇〇にとってキラキラとした楽しい日々を過ごした幼稚園での思い出は一生の宝物になったと思います。
ありがとうございました。

例文3

〇〇は、いつも□□先生が話してくれたお話しや、読んでくれた本のことを家で話してきかせてくれました。〇〇が、毎日生き生きと元気に過ごせたのも□□先生のおかげだと思っています。本当にお世話になりました。
大好きな□□先生とのお別れは〇〇にとって寂しいことだとは思いますが、幼稚園での経験をもとに大きく羽ばたいてくれることと思っています。3年間どうもありがとうございました。

いかがですか?

子供の思いを代弁する形だと、案外すらすら書けそうじゃないですか?

あなた
おぉ!書ける書ける!!

と思ったあなた!ちょっと待ったぁ~!!次のポイントだけはお忘れなく!

親から先生へのメッセージの注意点
・子供のことばかり書かない
・感謝の言葉がない
・先生(幼稚園)へのダメ出しの言葉はNG

素直に書いたものが、こう↓なっていませんか?ちょっと見直してみてくださいね~。

NG例

〇〇(お子さんの名前)は、毎日元気に幼稚園に通い、たくさんの素敵なお友達に囲まれて楽しい時間をすごすことができました。幼稚園ではは、もう少し本の読み聞かせの時間を設けていただればよかったと思っています。

これだと、なんだか幼稚園への要望を書いているような内容ですよね。感謝の気持ちが全くみられないのは残念過ぎるので、一言入れましょ~う!!

では、子供から先生へのメッセージってどうでしょう?子供って思っているより直球勝負できますからね。ここが一番要チェックかもしれません(笑)

スポンサードリンク

子供から先生へのメッセージ

子供から先生へのメッセージ、実は一番難しいと考えていませんか?

子供は子供なりに色々考えてくれるもの。ぜひ、子供のアイデアは生かしてあげましょう!文字が少なくてもOK。絵を描いたっていいんです。その思いは先生に伝わるはず!

「うちの子はまだ文字が書けない・・・」「字が汚いから、うちの子無理かも」と思っているあなた。ママがお手本を見せてあげてください^^

そしてできるだけ、お子さんに書かせてあげれば、もうそれだけでOKです。

子供からのメッセージは例文ではなく、こういった形でのメッセージが喜ばれかも!という内容を3つあげてみました。

子供から先生へ 感謝の気持ちを伝える3つの方法

例1

子供からのメッセージ + 子供の写真
これ、実際うちの子供がやりました。
写真を切り取って、写真のまわりにハートのシールを張っってかわいく仕上げました。子供も楽しんでメッセージ作りができておすすめです!
子供がメッセージを書けそうだったら、何か一言書かせてあげてもGOOD!

例2

子供からのメッセージ + 子供が書いた絵
子供のお友達が上手に先生の似顔絵を描いていたのを見ました^^
子供が描いた絵って、その年齢でしか描けないものがあって味があります。すごくかわいらしいし、何より思い出に残りますよ。

例3

同じクラスの子供たちで、メッセージを一文字づつ紙に書いて、(例えば、全員で「せんせいだいすきだよ!」の文字になるように一文字づつ書く文字を割り当てる)その紙を子供にもたせて写真をとります。
クラス全員の写真をあわせるとひとつのメッセージができあがるというもすごく思い出に残り素敵ですよ!

例3はちょっと手間がかかりますが、それ以上に感動になるもの。これまでお世話になった大好きな先生です。親も一緒になって、一生懸命作ってみるのもいいですよね。

そうそう、前にも言いましたけど、子供は直球過ぎるので、NG連発の場合もあり!注意点を確認しておいてください。

子供から先生へ 3つのNG
・親が代わりに書かない
・先生への文句を書かかない
・先生の容姿について書かない

とどのつまりは、こんなメッセージ↓

NG例

〇〇せんせいは、ふわふわしたからだでだいすきです。
いつもたくさんあそんでくれたけど、なわとびをまわすのがへたで、とべなかった。

子供が書いたことだから、かわいらしくて許せるかな?と思いがちですが、気にする先生だっているんです!やはり相手が不快になるような内容は避けましょう。

さいごに

いかがでしたか?卒園メッセージと一言で言っても色々な書き方や方法がありますよね。

メッセージを親から子供へ贈る場合は、ひらがなで書くことお忘れずに~^^

普段、なかなか伝えてられない気持ちをメッセージしてあげるいい機会になります。また、先生へのメッセージは、一工夫加えて作ると、より感謝の気持ちも伝わるのでぜひ試してみてくださいね!!











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^