秋の宮温泉郷かだる雪まつり2018!日程・見どころ・アクセスは?

長女
ねぇママー、かだる雪まつりってなんのお祭りなの~?

6歳の長女からこんな言葉が!あなたはなんの雪まつりか想像つきます?

秋田県湯沢市、大自然の西栗駒国定公園の中にある小さな温泉郷「秋の宮温泉郷」。ここで毎年雪のシーズンに行われる雪のお祭りがあります。その名も「“かだる”雪まつり」

“かだる”とは秋田の方言で「参加する」とか「一緒にする」という意味なんです。九州の方でも同じ意味で“かたる”といいますよね(あれ?知らないですか?)。

“かだる”祭りなので「超・参加型まつり」といっても過言ではありません!

実行委員をはじめ、地元の商店や旅館、飲食店そして学生さん、地域外のボランティアの人たちや観光のお客様、みんな参加して楽しんじゃおうということで毎年盛り上がっています!!

雪国だからこそ、参加型ならではの楽しめるイベントが企画されています。

今回はそんな秋の宮温泉郷「かだる雪まつり」の日程や見どころなど、お祭りを子供と楽しむポイントを交えながらご紹介します!

スポンサードリンク

かだる雪まつり2018!基本情報

では、かだる雪まつりの基本情報からご紹介していきますね。

かだる雪まつり2018!基本情報
日程:2018年2月3日(土)

開催時間:
10:00~(かだる)ミニかまくらづくりスタート
16:00~点灯・イベントスタート
20:30終了

入場料金:無料

イベント会場:
秋の宮温泉郷  秋の宮スキー場跡地とその周辺

住所:秋田県湯沢市秋ノ宮字殿上 秋の宮温泉郷

アクセス:
【電車・バス】JR奥羽本線 横堀駅 羽後交通バス乗換え(30分)「秋の宮山荘」下車
【車】最寄インター
・東北自動車道 古川IC→国道47号線→鳴子→国道108号
・秋田自動車道 横手JC→湯沢横手道路 雄勝こまちIC→国道108号

問い合わせ:
・かだる雪まつり実行委員会
TEL0183-56-2400
・湯沢観光・ジオパーク推進課
TEL0183-55-8180

では、見どころなどを詳しくご紹介していきますね!

かだる雪まつり5つの見どころ

当日は“かだる”イベントが盛りだくさんです。積極的に“かだり”ましょう!

見どころ① 3000個ミニかまくら浪漫回廊

会場の秋の宮スキー場跡地に3000個ものミニかまくらを設置。ミニかまくらの中に点灯されたキャンドルで幻想的な世界を作り上げます。

10:00~ミニかまくら作成


ここが“かだる”最大のイベント。来場者や地域、ボランティアの人たちみんなでミニかまくらを3000個作ります。

16:00キャンドルに点灯開始

日没になるにつれて徐々に風景が変わっていく様子はきっと感動的ですよね。

おてんばママ
時間を追って楽しめるのも見どころの1つです。

見どころ②小町娘撮影会


※開始時間未定

秋田といえば秋田美人。また湯沢は世界三大美女、小野小町の生誕地という説があるんです!!

雪景色を背景に、小町娘といわれるアジアンビューティ-がモデルとなって撮影できます。

和装のモデルさん、被っている傘についているふわふわの白い生地が、よりいっそう雪景色や女性のシャドウを美しく映えさせています。

見どころ③かだる雪中餅つき

※開始時間未定

こちらも“かだる”参加型餅つきです。子供も大人も昔からの餅つき、ぜひ一緒に参加してみませんか?

大きな掛け声にあわせて体を動かせば寒い中でも温まってきます。出来あがりはきな粉をまぶしてみんなに配布されます。

見どころ④雪花火


※開始時間未定(例年20:30くらい)

かだる雪まつりのエンディングでは、澄んだ雪国の夜空を彩る「雪花火」が上がります。中心のスノーオブジェの一面から上がる花火の景色は色彩もはっきりきれい。

インスタ映えも抜群!

おてんばママ
撮影に夢中になりすぎて実物を見るのも忘れないでくださいね。

見どころ⑤「鬼ノ國心鼓会」の披露


鳴子温泉鬼首地区の太鼓団体「鬼ノ國心鼓会」による和太鼓の披露があります。秋田のなまはげに負けず劣らずのこの迫力!

おてんばママ
子供にはちょっと怖いかもしれませんが、心に響くこと間違いなしです!!

その他イベント盛りだくさん!

その他、当日は“かだる”コンセプトのどんと焼き、福(お菓子)まきなど盛りだくさん!小さい子供から大人まで、寒さを忘れるくらい楽しい時間になりますよ~!!

郷土料理も堪能できる!

会場内には屋内の売店や出店、飲食スペースがあります。郷土料理の稲庭うどんやきりたんぽなど温まるご飯も堪能することができます。

見ごたえのある巨大雪だるま

夕方からはじまる「縁日広場」には、ゲームが出来る出店や巨大雪だるまなど設置されています。


秋田のこの地域ならではで、ほっこりとこころ癒されるお祭りです。

おてんばママ
しんしん、こんこんと降る雪中の生活でうまれた地元の人たちのあったかさを感じます。秋田に生まれてよかったぁ~!

では、かだる雪まつりを楽しむポイント、そしてアクセスなどについて紹介していきますね。

スポンサードリンク

かだる雪まつりを楽しむポイントとは?

当日は雪国の寒さはもちろんですが、吹雪や強風などにも備えて、しっかりと防寒の服装で足元は長靴やスノーブーツで出かけてくださいね。

ミニかまくら作成の参加は、かなり汗をかくことが予想されます!風邪をひかないように、汗取りインナーの着替えも準備していくといいかもしれません。

アクセス

秋田と言っても、かなり岩手や山形、宮城との県境付近になります。

・東北自動車道 古川IC→国道47号線→鳴子→国道108号
・秋田自動車道 横手JC→湯沢横手道路 雄勝こまちIC→国道108号

なんですが、国道108号線ではかなり長~い10㎞もの距離に、なななんと!

ミニ かまくらの灯夜街道があるんです!

会場までの明かりの道案内、おとぎ話のようですね。主催される地元の方たちの暖かいお心遣いを感じます。

駐車場情報

会場に50台収容の無料駐車場があります。ほかの有料駐車場の詳細は、湯沢市観光・ジオパーク推進課0183-55-8180で案内してもらえるので、事前に確認しておくことがおすすめ。

おてんばママ
温泉地ということもあるので、宿泊とのセットでの観光がアクセスとしてもおススメで!

さいごに

雪国秋田の温泉郷、かだる雪まつり、いかがだったでしょうか。毎年地域の方があたたかくおもてなししてくれます。雪なんて初めて!という人でも、気軽に安心して参加できる雪まつりです。

また、おまつりの前後は温泉でゆったりと温まってもいいですね。

日常の慌ただしさを忘れさせてくれそうな、素朴で暖かいかだる雪祭り、ぜひ参加してみてください!











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^