おすすめのひな祭りイベント2018!行ってみたい流しびな5選!

おてんばママ
ひな祭りってどんなイベントがあるのかな?

2月になって「梅春」といわれるシーズンになりました。まだまだ寒い日が続きますが、そろそろ春のおでかけをプランしてみませんか。

さて春一番のイベント、3月3日は「ひな祭り」。ひな祭りはお家の中で子供の成長と幸せを願ってお祝いをするおまつりですよね。実はひな祭りイベントには、もうひとつ屋外で開催されるイベントがあるのです!

それが「流しびな」

ひな祭りの前身といわれている歴史ある行事。古くは平安時代から続き、今でも各地で盛んに行われています。ひな祭りとはまた趣が違い、古い歴史や昔も今も変わらない人の思いを感じる行事なんですよ~。

イベント性も高く誰でも参加できるところがほとんど。お子さんと一緒に春のおでかけにおすすめの「流しびな」。今回はイベント、開催場所ごとに

  • 子供も楽しめる
  • アクセスがいい
  • 見ごたえ

この3つをで評価してまとめてみましたので、私のおすすめベスト5ご紹介します!

スポンサードリンク

行ってみたい流しびな5選!

5位から紹介します。

※「流しびな」はイベントによって「雛流し」や「雛おくり」とも呼ばれています。

5位 江戸流しびな

子供も楽しめる ★★★☆☆
アクセスがいい ★★★★★
見ごたえ ★★☆☆☆

東京の主流である隅田川で行われる流しびなです。もともと上野の不忍池で開催されていたものが今の会場に移動されました。

ハトの形をした真っ白の風船が放たれるのを合図に地元の幼稚園児による流し雛から始まります。事前の抽選1500名と当日販売500名の一般の方の参加が出来ます。

環境にも配慮されていて、水溶性紙の雛人形にお子さまの名前や祈願を書いて流します。水に流すということで「厄落とし」という意味もあるようです。

ロケーションは東京スカイツリーや高層ビルが背景で最高です!浅草名物「振袖さん」も登場します。東京の風情を感じる流しびなです。

日程 2018年2月25日(日) ※小雨決行

住所 東京都台東区花川戸1-2

問い合わせ 江戸流し雛振興会 TEL03-5826-4671

>>江戸流しびな2018!日程・見どころは?参加方法や駐車場情報はこちら!

4位 下鴨神社流しびな

子供も楽しめる ★★★★☆
アクセスがいい ★★☆☆☆
見ごたえ ★★★★☆

京都で最古の神社、世界遺産である下鴨神社で平安時代より続けられています。

境内には「みたらし団子」発祥の地といわれる「御手洗池(みたらいいけ)」と「御手洗川(みたらいがわ)」がありますが、ここはたいへん神聖なパワースポット。そこで流し雛をします。参加型で無料配布、もしくは購入した桟俵を流すスタイルです。

本来は桟俵とそれに乗せる雛人形を一年間家庭で飾り、そのあと流すというもののようですが当日でも大丈夫。こちらの雛流しは年齢性別関係なくいろんな方が参加されていて無病息災とお清め、厄除けの意味があります。

十二単の着付け実演、リアルなお内裏様とお雛様の登場、歴史深い雛人形の展示も趣があります。池や川に浮かぶ丸くてかわいい流し雛は数が多くなると華やかで見ごたえがありますよ~。

日程 2018年3月3日(土)

住所 京都府京都市左京区下鴨泉川町59

問い合わせ  京人形商工業協同組合TEL075-761-3460

>>下鴨神社流し雛2018!日程・見どころは?観光客参加情報はこちら!

3位 鳥取市用瀬町の流し雛

子供も楽しめる ★★★☆☆
アクセスがいい ★★★☆☆
見ごたえ ★★★☆☆

鳥取の中心を流れる千代川流域は古くより流し雛が発展するバックグラウンドがありました。その中でも用瀬(もちがせ)町の「流し雛」は全国的に有名ですね。県無形民俗文化財に指定されています。街には「流しびなの館」という施設があるほど専門的な町です。

用瀬町の民家では伝統的な雛人形を玄関先に展示したり、夜には清流に各家庭の雛人形をライトアップさせる、ほっこりするような演出です。

こちらも参加型で桟俵を購入し願いを託して千代川へ流します。もともと女性のための無病息災を祈る行事ではあるのですが、それはもちろん、すべての厄払いの祈願もできるということです。

またクライマックスでは流し雛をお焚き上げします。

この地域ならでは、長く続けられてきて安心感ある素朴な流し雛です。

日程 2018年4月18日(水)

住所 鳥取県鳥取市用瀬町別府32-1(流しびなの館住所)

問い合わせ

もちがせ 流しびなの館 TEL0858-87-3222

(財)用瀬町ふるさと振興事業団 TEL0858-87-3222

>>>もちがせ流しびな2018!日程や見どころは?お土産やおすすめスポットもご紹介します!!

2位 岩槻流しびな

子供も楽しめる ★★★★★
アクセスがいい ★★★★☆
見ごたえ ★★★☆☆

「人形のまち」としても有名なさいたま市の「岩槻流しびな」。「まちかど雛めぐり」という大きなひなまつりイベントも同時に開催されています。

駅前ではお雛様パレード、すこし歩けば各所での雛人形展示などがあります。街全体がひな祭りムードで楽しく盛り上がるイベントです。

こちらの流し雛は参加型。無料で配布される桟俵もしくは購入したものを神事の後に「菖蒲池」に流します。

イベントでは岩槻特産品の販売、甘酒サービス、模擬店、撮影会などもありご家族みんなで楽しめるお祭り的な内容です。

日程 2018年2月25日(日) 雨天決行

住所 埼玉県さいたま市岩槻区太田3-4

問い合わせ 岩槻人形協同組合 岩槻流しびな実行委員会 TEL048-757-8881

それでは第1位の発表です!!!

スポンサードリンク

1位 和歌山の加太淡嶋神社雛流し

子供も楽しめる ★★★★★
アクセスがいい ★★☆☆☆
見ごたえ ★★★★★

和歌山の海辺の町、加太にある淡嶋神社で行われています。全国にある淡島(嶋)神社、粟島神社、淡路神社の総本社、その歴史1700年以上。

こちらは雛流しの元祖と言っても過言ではなく、全国の雛流しで流した雛の向う先は淡嶋神社といわれています。そうしてここからさらに神の国へ旅立つとのこと。

もともと人形の供養で有名な加太淡嶋神社ですね。

こちらでの雛流しでは本物の雛人形を海に流します。きちんと供養をしてみんなで見送る「ものへの愛着と感謝、その気持ちを大事にしましょう」という思い。そして女のお子さまの成長、健康、幸福を祈願します。

ひな祭りが3月3日になったという由来もこの淡島信仰にあります。毎年多くの人が訪れる近畿地方では一番有名な神事です。

  • 供養された雛人形を神社から海辺へ女性が運ぶシーン
  • 運ばれた雛人形が船に乗せられ海へ流されるシーン
  • そして最後の「お焚き上げ」のシーン

こんなにドラマティックで感動的な行事はなかなかないのではないでしょうか。

特にこちらの雛流しは由来が大変奥深いのです。詳しくは淡嶋神社雛流し2018!日程・見どころは?ひな祭り由来はここにあった!の記事で紹介しています。

日程 2018年年3月3日

住所 和歌山県和歌山市加太118

問い合わせ 和歌山市加太淡嶋神社社務所TEL073-459-0043

さいごに

場所や歴史によって流しびなの内容もさまざまです。ご家族やお子さまの年齢によって選択してもらえるといいですね。

私もひな祭りは何度も経験していますが、流し雛というものは知りませんでした。

まずはご自宅から行きやすい場所で計画してみませんか。「思いを託して雛人形を水に流す」そんな情景は美しく憧れる行事です。

日本の伝統的なイベント、ぜひお子さんと一緒に楽しんでくださいね。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^