お風呂がイヤイヤ!嫌がる1歳・2歳・3歳の対策におすすめの絵本5選

長女
ちゃっぽいやー!あめー(だめー)!!

長女が3歳の頃、お風呂嫌いが半端じゃなくて、かなり苦労した私。お風呂って楽しいし、気持ちいいことだらけなのに・・・と子供の思いをなかなか理解できなかったんですが、お宅のお子さんはいかがですか?

体も温まるしさっぱりして気持ちいいお風呂ですが、子供って遊びに夢中になったりめんどくさがったりして、嫌いな子は嫌いですよね。でも、汗っかきだったり、外遊びや食事で汚れたりもしますから、子供こそお風呂に入って欲しい!というお母さん、私だけでないはず。

今回は、お風呂って楽しいと感じるような、お風呂をイヤイヤする子もお風呂が好きになるような絵本を5冊ご紹介します。

絵本の雰囲気が想像しやすいように、

  • お風呂の出てくる度合
  • 泡や湯気
  • 話の内容が冒険チックさ
  • お風呂にゆっくりと浸かるようなのんびりした雰囲気さ
で評価しましたので、ぜひ参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

お風呂が好きになるおすすめ絵本5選

①山のおふろ

作・絵 村上康成
出版社 徳間書店
お風呂 ★★★
泡・湯気 ★★★★
冒険 ★★
のんびり ★★★★

雪が深く降り積もった中を、“おにいちゃん”と“わたし”がスキーで散歩に出かけました。お話しは静かに静かに…、雪が降った後の、世界中の音が吸い込まれてしまったかのような雰囲気で進んでいきます。

散歩の途中にわたしが見つけたネズミは、動きません。寒さで死んでしまったのかな?と思いましたが、温めてあげたら元気に逃げていきました。

そのネズミの行った先は…、湯気が立ち込める山のお風呂!湯気の中からたくさんの動物が見え隠れします。山の中には、こんなお風呂があるのかな?もしあったら、おにいちゃんとわたしみたいに、動物たちと一緒に入ってみたい?

とても静かで、読むだけでほんわか温まるような、子供たちの不思議で小さな出会いを描いた絵本です。

②ぼくのおふろ

作・絵 鈴木のりたけ
出版社 PHP研究所
お風呂 ★★★★★
泡・湯気 
冒険 ★★★★★
のんびり 

きみのお家のお風呂は、どんなお風呂かな?え~?普通のお風呂?そんなのつまらないじゃないか。

僕は楽しいお風呂をたくさん考えてみたよ!迷路のお風呂なんてどうだい?シーソー風呂やどかん風呂も楽しそう。家事をしてくれるお風呂なんてあったら、ママにプレゼントするのにね。

今日は、パイロットはお兄ちゃんの空飛ぶお風呂を想像してみた。三日月輝く夜空にテイクオフ!と思ったら、お風呂の栓を盗まれた!このままでは、空飛ぶお風呂が墜落しちゃう!盗んだ犯人を捜せ!お風呂の遊園地のどこにいる?宇宙のお風呂のどこにいる?見つけたら水鉄砲で狙い撃ちしよう。

この絵本に出てくる男の子の一番好きなお風呂はやっぱりパパやお兄ちゃんと入るお風呂のようですが、たまには変わったお風呂も楽しそうですね。

③おふろごっこ

作 きむらゆういち絵 長野ヒデ子
出版社 佼成出版社
お風呂 ★★★★
泡・湯気 ★★★
冒険 ★★★★
のんびり 

ゆま君は、テレビに夢中でなかなかお風呂に入ろうとしません。こんな光景、皆さんのお家でもありませんか?

でも、ゆま君のパパは、子供たちが大好きなごっこ遊びを上手に使って楽しくお風呂に誘っています。準備は温かい湯船と裸になるだけなので、絵本を読んだ後にお家でも実践できちゃいます。

この絵本はパパが想像力豊かに子供の心を見事につかんで楽しく湯船に浸かる、体を洗う、石鹸の泡を流す等をしていきます。本当に読んでいて楽しいので、「この絵本と同じ冒険をしてみよう!」と誘ってみると、お風呂嫌いなお子様の反応も少し変わってくるのではないかと思います。

パパとお風呂に入るお話しなので、旦那様がお風呂に入れることが多いお宅であるならば、ぜひ旦那様にも一読いただき、楽しい親子のお風呂タイムの参考にしてもらえたら、パパも楽しくなること間違いなし!

④すっぽんぽんのすけ せんとうへいくのまき

作 もとしたいづみ絵 新井良二
出版社 すずき出版
お風呂 ★★★
泡・湯気 ★★★★
冒険 ★★★
のんびり ★★

この絵本は、ひそかに側にいるのかもしれないすっぽんぽんのすけのシリーズの1冊です。今は少なくなってしまいましたが、静かなブームでもあるらしい銭湯。その銭湯に、すっぽんぽんのすけは、パパとママと初めて行くことになりました。

へ~、銭湯ってこんな広い所で服を脱ぐんだね、こんなにたくさんのシャワーがあるんだね、お風呂も広~い!と思ったら、動物たちの鳴き声が。

大変!すっぽんぽんのすけは動物たちを助けに行ってしまいました。お風呂の中なので、泡で動物たちをいじめている敵は見えません。でも大丈夫。お風呂ですから桶でお湯をぶっかけてやればいいのです。うずまきのお湯で攻撃されても、うずまきを逆回転にして反撃してしまうすっぽんぽんのすけ。小さくてもたくましいですね。大きなお風呂がある銭湯がどんな所か知ることのできる絵本です。

⑤いろいろおふろはいり隊

作 穂高順也絵 西村敏雄
出版社 教育画劇
お風呂 ★★★
泡・湯気 
冒険 ★★★
のんびり ★★★

にんじんさんとたまねぎさんとじゃがいもさんの“おふろはいり隊”が、いろいろなお風呂に入りますよ~。

まずは、カレーのお風呂。お湯加減はどうですか?グラタン風呂や天ぷら風呂にも入りも入って、日焼けをしたり今までに入ったことのないくらい熱いお風呂も体験したりと、3人はゆかいなお風呂の数々を実況してくれます。野菜たちにとって、お鍋や電子レンジの中もお風呂ですね。

お家のお風呂も、入浴剤などで少し色を付けると、子供たちの創造力も刺激できそうじゃないですか?ミルキーカラーの入浴剤を入れれば、シチューみたいだし、緑色の入浴剤はメロンソーダに浸かっているみたい!

お風呂でそんなお料理ごっこも楽しそうですね。

スポンサードリンク

さいごに

絵本では、お風呂は湯気や泡などで、想像力を膨らませると何にでも変化してしまいそうな楽しい場所だと気付かされます。ただ「お風呂、入るよ」と誘うのではなく

おてんばママ
泡の中の〇〇探しに行ってみよう!

と、ちょっと冒険要素の入った声掛けだけで、子供たちの反応は変わるのかもしれません。

お風呂で体を温めたり清潔にすることは、元気に過ごすためにも大切なことです。絵本をきっかけに、お風呂タイムが少しでも楽しくなれれば嬉しいです。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^