柳川ひまわり園の見頃はいつ?開花状況、ライトアップ、花火の情報はこちら!

次女
ひまわりっておひさまみたいでおっきいんだよね!

福岡県の南の方、柳川市にはきれいなひまわりを見ることができる柳川ひまわり園があります。

こちらの柳川ひまわり園は、柳川市の人気観光スポットと知られ、毎年県内はもちろん、県外からも多くの人がやってきます。

そして夏には、柳川ひまわり祭りというイベントが開催されます!

50万本ものひまわりが咲き誇り、満開を迎える7月下旬には子供も楽しめるイベントが盛りだくさん!

今回はどのようなイベントが開催されるのか、見頃はいつなのか、などなど柳川ひまわり園について紹介していきます。

スポンサードリンク

柳川ひまわり園の基本情報をチェック

では、基本情報からご紹介していきましょう!

柳川ひまわり園の基本情報

イベント名 柳川ひまわり祭り

イベント日程 7月下旬

開花時期 7月上旬

見頃 7月下旬~8月上旬

開園時間 特になし
※ライトアップは日没~21:00

花の本数 50万本

住所 福岡県柳川市橋本町

アクセス

鹿児島本線「瀬高駅」から車で約30分
西鉄天神大牟田線「西鉄柳川駅」から車で約30分

駐車場 あり

問い合わせ先 柳川市役所 観光課 電話番号0944-73-8111(内線8176)

では、見ごろの時期、開花状況など紹介していきますね。

開花時期、見ごろ、開花状況は?

開花時期は7月上旬くらいからとなっています。

毎年柳川ひまわり園では7月中旬頃に開園します。そのため見に行くのであればこのイベントが行われている時期に行くことをおすすめします。

最も見頃を迎えるのは7月下旬頃です。

2017年のイベントは7月18日~30日まで行われました。おそらく2018年も同じくらいの時期に行われるでしょう。

詳細わかり次第、こちらでも更新していきますね!

おてんばママ
イベントが始まって少し経ったくらいだと満開のきれいなひまわりを楽しめると思います。
開花時期、見ごろは?
開花時期

7月上旬

見頃

7月下旬

地元の子供たちも種を植えます。また、一般の方でも種を植えるところから関わることも可能なので、成長の過程も子供と一緒に楽しめます。

動画で見るひまわり園の迫力!

きれいですね~!

20秒あたりで一面広がるひまわり畑!

ひまわりと青い空…これはいい写真が撮れそうですよね。

毎年行われる柳川ひまわり祭り、2017年にどのようなイベントが開催されたのかチェックしていきましょう。

柳川ひまわり祭りの見どころ

2017年は

  • ひまわりの種プレゼント
  • 物販イベント
  • むつごろう釣り大会
  • うなぎのつかみ取り
  • ライトアップ 日没~21:00
  • ひまわり園スケッチ募集(先着100名)
  • 黄色いハンカチ
  • くもで網無料体験(1人2回程度)
  • 夕日とヨガ
  • 花火

などなど。

土日に家族で体験できるイベントが盛りだくさんです!子供を連れて行って楽しめるイベントがたくさんなのは嬉しいですね。

こんなひまわりを探してみるのも楽しいかも!

花火も楽しめる

大きな花火大会のようなものではないですが、花火が上がるのはなんだか嬉しいですよね。

ライトアップも見ておきたい!

ライトアップはイベント期間中毎日行われます。21時までなので時間は少し短いですが、昼間とは違った雰囲気でひまわりを楽しむことができますよ。


駐車場待ち、帰りの渋滞などあるので、ちょっと根気が必要かもしれません。

ライトアップに負けず劣らず、夕方も意外ときれいです。

ムツゴロウ釣りは柳川ならでは!

柳川といえばムツゴロウでしょう。2017年には22日(土)にムツゴロウ釣りが解されました。実は近くにムツゴロウランドがあるんですね。ムツゴロウってなかなか見ることのない珍しい生き物。ぜひ柳川に来た際には子供と一緒にムツゴロウに会いに行ってみましょう。

さらに柳川といえば名物はウナギです。こちらも23日(日)にウナギのつかみ取りがありました。柳川市にはウナギを食べることができるお店がいくつもあるので、お昼はウナギで決まりかな!?

柳川ひまわり園にお越しの際には、ぜひ柳川名物も忘れずに堪能して下さい。

混雑状況、駐車場などの情報

柳川ひまわり園には300台の駐車場が用意されています。さらにイベントが行われる日には干拓地の一部を大きく開放した駐車場が用意されています。そのため駐車場に困るということは少ないです。

駐車場に困ることはなくても、周辺の道は毎年大混雑!

混雑が嫌という人は朝から会場入りするか、シャトルバスを利用することをおすすめします。

イベントが開催される期間になると、西鉄柳川駅からですが無料のシャトルバスが出ます。1日6往復するので利用しやすいのではないでしょうか。

子連れで行くポイント!

柳川ひまわり園はベビーカーで周ることができます。しかし道が舗装されていないので、ベビーカーはちょっと厳しいかもしれません。小さい子が居る場合は抱っこ紐の方がおすすめ。

デコボコ道をベビーカーは、赤ちゃんも親もきついですからね。

柳川ひまわり園には日陰は休憩室にしかないので、帽子は必須。親は日傘もあるといいですね。

水などの水分補給も忘れずに。塩分を取るために飴なども用意しておくと安心です。かき氷が販売されているようなので、休憩ついでに食べに行ってもいいですね。

柳川ひまわり園にはオムツを替えシートの付いたトイレや授乳室はありません。子供連れの方は車がおすすめ。車でアクセスしていればオムツ替えや授乳は車で行うことができます。

暑い真夏、エアコン効かせた中での授乳やミルクの方が、子供にもママにも優しいです。

トイレについての情報ですが、園内に仮設トイレを用意しています。園内はとても広いので、子供が「おしっこー」と言い出す前にトイレに連れていっておきましょう。

まとめ

柳川ひまわり園で行われる柳川ひまわり祭りについて紹介していきました。

・ひまわりの見頃は7月下旬~8月上旬
・50万本もの花火が畑一面に広がる
・日没から21時までライトアップが行われる
・土日にはイベントも開催
・駐車場が広く、たくさんあるけれど、渋滞は必須
・混雑を避けたい方は無料シャトルバスを利用しよう
・赤ちゃん連れはベビーカーはおすすめしない
・水分補給、塩分の補給、帽子は忘れずに

いかがでしたか?ぜひ柳川ひまわり園にひまわりを見にいきましょう。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^