赤ちゃんに麦茶はいつから?大人と違った飲ませ方!!


母乳やミルクを一生懸命飲む赤ちゃん。

 
でも暑くて汗をたくさんかいたり、乾燥したりでのどが渇いているかな?と思うことも、いつもそばにいるママならよくありますよね。

 

 

母乳やミルクだけで十分と聞くけど、スーパーなどで赤ちゃん用の麦茶を売っているのを見ると「1ヶ月ころから」なんて書いている。

 

 

赤ちゃんに麦茶っていつからあげていいんだろう?

あげてもいいのなら、いつ?どんなタイミングで??

大人と赤ちゃん用の麦茶の違いって???

 

 

そんな疑問に長女、次女の経験を踏まえて答えていきます!!

 

 

 

いつから飲ませる?

母親やお姑さんから「まだ飲ませてないの?」なんて言われた経験ある人、いますよね?「昔は早い時期から白湯や果汁を飲ませていたのよ」とよくお姑さんから聞きます。

 

 

昔と違って今は離乳食が始まる前、生後5ヶ月くらいまでの赤ちゃんは母乳やミルクで十分な栄養と十分な水分はとれているとされています。母乳やミルクで十分足りているのに、麦茶を足すことでおなかいっぱいになっちゃって、必要な栄養をとることができなくなってしまう可能性があるんです。あえて麦茶を与える必要はないってことなんですね。

 

 

なので、離乳食を始めるころから飲ませるのがいいと言われています。

 

 

その理由なんですが、食後にお茶を飲むことで口の中をさっぱりさせる効果があるから。それが歯磨きにもつながっていくのはメリットとして大きいですよね。

 

 

長女、次女が通う保育園でも、自分で歯磨きができない0、1、2歳児クラスでは、食後にお茶を飲ませています。理由を聞くと「歯磨きの代わり」とのこと。なるほど~!!

 

 

また、突然離乳食を始めるより、白湯やお茶で母乳やミルク以外の味にも慣らしていく、という理由も!

 

 

麦茶を飲ませはじめる時期というのは、おおよそ離乳食をはじめるころがいいというのがわかりましたね!

 

 

 

飲ませるタイミングは?

誰でも無理やりあげようなんて人は・・・いないですよね。
いっぱい動いたり、いっぱい汗をかいたり、いっぱい泣いたり、のどが乾いていそうな時を狙って飲ませてあげるのがポイント。離乳食が始まるころというのは動きも活発になってきて、水分は思っている以上に減っているもの。赤ちゃんというのはもともと汗っかきですしね。

 

 

また、離乳食の後もいいタイミング!

 

 

離乳食の後というのは自然と口が渇くそうです。前にも書いたように、公衆衛生的にも食後がおすすめ。食後に飲むことが習慣化されると歯磨きも習慣化されるようになるからもってこい!!

 

 

ただ、まだまだ母乳やミルクが必要な時期。それを妨げないタイミングがベストです!「完母目指してます!」という人は無理せず、麦茶ではなく母乳をあげてOK!ミルクの赤ちゃんは量やあげる間隔が決まっているので、そのペースから外れるタイミングを見計らって麦茶をあげるといいですよ!

 

 

赤ちゃんは正直者です。飲みたかったらがぶがぶ飲むし、飲みたくなかったら飲みません!!

 

 

赤ちゃんのペースに合わせてあげるので十分です。脱水を防ぐためにも赤ちゃんののどの渇き具合を普段からみておくといいですね。

 

 

 

赤ちゃん用の麦茶と大人用の麦茶の違いは?

簡単に言うと、赤ちゃん用の麦茶は味が薄めで苦みがおさえられていること。ぜひ、実際にパパママも飲んでみてください。

 

「一見は百聞に如かず」まさにこれです。

 

 

 

麦茶の作り方

手軽に飲ませられるのが赤ちゃん用の麦茶。でも、売っているものは一度封を開けても飲みきれるほど飲めないし、冷蔵庫で保管してもそう長くはもたないですよね。赤ちゃんには新鮮なもの、安心できるものをあげたい。そんなときは!家で作るのが一番です!!

 
今は大人用の麦茶でもカフェインゼロで「赤ちゃんも飲めます!」の表示をして売っているものも多いです。水出しで作ったものだと、カルキ入ってて赤ちゃんの未熟な胃腸には負担になってしまいます。ここは面倒くさがらずに、沸騰したお湯で煮だしてください!

 
私自身、かなりの面倒くさがり屋なんですよね。そうなんですけど、水出し・お湯出し両用のものでも必ずお湯出しにしてます。なぜなら、お湯出しで作った麦茶の方が飲むと甘みが出てとてもおいしいということに気づいたから。

 
きっとこれは赤ちゃんにも伝わるはず!

 
長女も次女もお茶に目立った好みはありませんが、お湯出しで作った方が「おいしい」と言ってよく飲みます。ミルク同様、人肌程度の温度が適温!湯冷ましで温度調整をして飲ませてみてくださいね!

 

 

 

あげ方は?

はじめはスプーン1さじから試してみます。きっと「べーっ」て出すと思うんですけど、離乳食と同じく、少しずつ慣らしていきます。飲めるようになったら徐々に量を増やしていきます。

 

 

量も増えたら、スプーンではなく哺乳瓶に入れてもいいですし、マグやスパウト、ストロー、コップとどんどんレベルアップしていってみてください!いろんな感触を試して慣らしていくと、気が付けば1歳になる前にストローで飲めるようになります!

 
長女のときはかなり慎重だったので、ストローを使った試しはありませんでした。次女のときには何気なく7ヶ月くらいからストローをはじめたところ、1歳前にはマスターしてくれました!出かけるときの飲み物も哺乳瓶を持ち歩かなくても済んで、かなり楽に!!ペットボトルでも100均で売っているストロー付のふたを付ければなんだって飲めて万々歳です!!

 

 

 

さいごに

麦茶を飲むようになっても、体重が問題なく増えていれば問題ありません。我が家の長女も次女もすくすく育っているので安心してください。

 
おばあちゃん世代に「麦茶はまだ?」なんて言われたら、「赤ちゃんの胃腸は未熟なので無理してあげなくてもいいって言われてるんですよ~」とさらっと返しちゃいましょう!!

 

離乳食前の赤ちゃん・・・母乳やミルクで十分!

離乳食はじめるころの赤ちゃん・・・離乳食の最後にスプーン1さじから

あげるタイミングは・・・のどが乾くタイミング!母乳やミルク優先でOK!

作り方・・・湯出す。適温は人肌温度。湯冷ましで薄めるのを忘れずに!

 

育児には「これだ!」という正解はありません!!ママと赤ちゃんに合うやり方に、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠中のこと、産後のこと、保育園のこと、時短生活のこと、共働きのこと、などなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。