子供服を捨てるタイミングがわかる!基準がわかれば処分に悩まずスッキリが保てる!!

おてんばママ
子供服がいつのまにかこんなに増えちゃって・・・もうどう片づけたらいいかわからないよ・・・

子ども服って、大人服より小さくて、場所もとらないからとついついたまっていきませんか?

子どもが産まれたばかりの時は、少なくて不安もあった分、買ったりもらったりすると嬉しくてそのままに。

保育園に入ると着替えストックがたくさん必要になるので、捨てていいものまで取っておく始末。

さらには子どもはすぐに大きくなるので、小さくなった服を捨てる暇なく、新しい買った大きなサイズの服がどんどんたまっていきます。

子ども用の小さいタンスも、気が付けばぱんぱんに・・・。

そこで、もうすぐ4人目出産する私が、「これじゃぁだめだ!なんとかせねば!!」と重い腰を上げ、子ども服の捨てるタイミング、コツについてまとめてみました。

これであなたのお家もスッキリになること間違いなし!少しでも参考にしてもらえたらと思います。

スポンサードリンク

子ども服がたまる原因とは?

まずは、なぜ子ども服がたまってしまうのか?原因についてみていきましょう。

①やたら、もらってしまう

親戚、友人、近所の人、お知り合いが多ければ多いほど、もらう数も多くなりますね。

みんな結構キレイに取っておいたりして、新品同然の物もあればちょっと趣味が違うかな。。。というものもあったり。

でも、もらったものだから注文をつけるのもいかがなものかって感じで、捨てられない要素満載。

もらった相手にもよりますが、義母など気をつかう相手からのもらいものだったりすると、気に入らなくてもなかなか捨てられず、たまってしまうパターンが多くなりがちです。

②整理する時間を先延ばしにしてしまう

ママって本当時間ないですよね。

子育てに家事、そして仕事と、毎日のルーティンワークをこなしていくだけで本当あっという間に1日が終わってしまいます。

子ども服の整理も大々的にやろうと思ったらなかなか時間が取れず先延ばしになってしまいませんか?

そうこうしているうちに子どもはどんどん成長し、小さい頃の洋服がみるみるたまっていきます。

ちょこちょこ、こまめに捨てていけると、たまりにくくなります。

おてんばママ
でも、うちのように3姉妹だと「まだまだ次の子に使える」と考えてはどんどんたまっていく・・・というのがよくありがちなケースです

③プレゼントでもらった

これもなかなか捨てにくいですよね。

プレゼントでもらう洋服って、ブランドものだったりして、高級でかわいらしいものが多いです。

お出かけ着として取っておこうと思ったら、なかなか着る機会に恵まれず、そのまま子どもも大きくなっちゃって、着られないまま、頂き物だし
捨てられないという悪循環になってしまいます。

④次の子の為にとりあえず、とっておく

もう一人、と予定がある場合には、取っておくのもひとつの手ですね。

子ども服ってすぐに大きくなって着られなくなっちゃうし、下の子には、よっぼどぼろぼろでなければ、上の子のおふるでいいと思います。

ただ、③でも話した通り、何でもかんでもとっておくというのは逆効果。ある程度見切りをつけて捨てる力も身に付けなければいけないのは確かです。

捨てるタイミング

捨て方のコツさえつかんでしまえば、季節の変わり目など模様替えのタイミングで、ちょこちょここまめに捨てていけます!

それでは、捨て方のコツとなる、捨てる基準、タイミングについてそれぞれみてきましょう。

①サイズアウトした服

こちらは、基準がはっきりしていて捨てやすいですね。サイズが小さくなったものは、基本捨てていきましょう。

子どももある程度大きくなってくると自分で洋服を選んで着るようになります。

サイズが小さかったりして、脱ぎ着しづらいと、自分で洋服を着たいという気持ちが減ってしまい、いつまでもママにやってもらうことに。

洋服の着脱が自分でできるように、サイズが小さくなった服はこまめにさよならしちゃいましょう!

おてんばママ
親としてもかわいいけれど、脱ぎ着が面倒な服というものは、自然と選ばなくなるもの。そういった子供服に関しては「処分だ!」ということで、見切りをつけるようにしています。

②子どもが着ない

サイズはあっているけど、子どもが好んで着ない服も、さよならしちゃいましょう。

服のデザインだけでなく、ボタンがはめにくかったり、肌ざわりがごわごわしていたり、ストレッチが利きづらくてイヤ、と子どもにも
好みがあります。

そういったものも、思い切って処分のタイミングがきた!ってことです^^

おてんばママ
うちの子たちは女の子ということもあっておしゃれ好き?なせいか、自分たちで脱ぎ着しにくい服は、必然と着なくなりました。そういうところで見切りをつけて、処分するようにもしています。

③状態がよくない

首元が袖口がよれよれだったり、シミがついてしまっていたり、糸がほつれてしまっていたりするものは、処分してしまいましょう。

こちらは、後述する「それでも、捨てられない場合は」に書かれているように、誰かに譲ったり売ったりすることもできません。

状態がよくない場合、「人に譲れない」と思ったら迷わず処分ですね。

④お手入れが大変

子ども服というのは、基本汚れるものです。なので、洗いやすくお手入れが簡単なものを手元に残しておくとgood。

お手入れが大変だと洗うのも大変なので、日常着るものとしてはいいものとはいえないでしょう。

おてんばママ
洗うたびにアイロンが必要なスカート・・・コムサで買ったので、捨てるのはもったいなかったので、お上品なお友達にあげちゃいました!私には管理が大変でしたが、そこのお宅ではうまく来てくれている姿をよく見るので、あげてよかったなぁって思っています。

このような捨て方のコツを抑えて、気づいたタイミングでこまめに整理できるといいですね。

それでも、捨てられない場合は

子ども服を捨てるコツをつかんでも、それでも思い出があって捨てられない、あまり着ていない新品同様でもったいない、そんな思いから捨てづらいお洋服もありますよね。

それでも捨てられない場合の、子ども服の処分法についてまとめてみました。

①下の子に譲る

兄弟、姉妹がいると、有効な方法ですね。子ども服は、すぐに大きくなって着られなくなってしまいます。

小さいうちは上の子のお古で全然いいと思います。

4歳の次女は

次女
これは○○(長女)が着てたんだよね。△△(次女)がおっきくなったら、◎◎(三女)にあげるんだもんね

と言って、お下がりを喜んでくれています。

②バザーに出す

譲る下の子がいなかったり、性別が違って着せにくかったりという場合は、バザーに出すのも一つの方法です。

使ってもらえるサイズの子に買ってもらえると、譲った側もうれしいですよね。

③親戚、友人に譲る

親戚や友人に譲る場合は、注意が必要です。

相手もいらないとは言いにくいので、「いらなかったら全然、捨ててもらって構わないからね」とあげる時に一言添えられると、もらう相手も負担感がぐっと減ります。

④リサイクルショップに出す

こちらは、着られない服がお金に変わるのでお得感がありますね。

季節にあったお洋服をリサイクルショップに出すと、高く買ってもらえるんですよぉ~!

売るタイミングを季節に合わせると、お小遣いにもなって一石二鳥です!

⑤フリマアプリで出品する

近くに子どもの洋服をあげられる友人、親戚がいない場合は、フリマアプリで出品するのもひとつの方法。

梱包して送るという作業がかなり面倒くさいですが、リサイクルショップに出すよりかはお小遣いになります!

しかも自分で値段の設定もできるので、うまくいくとウハウハにwww

新しい洋服や靴も、うまくいけばフリマのアプリ内で見つけることもでき、同じものでも安く買えることもあるのでおすすめです!

おてんばママ
ここでまた買っちゃうから増えるんだなぁ、私の場合(;^_^A

さいごに

子供服を捨てるタイミング、なんとなくつかめたでしょうか?!

子どもが大きくなるにつれ、洋服はどんどん増えてサイズも大きくなってきます。

余計にタンスに入らなくなってしまうという悪循環・・・。

捨て方のコツ、タイミングがわかったらタンスも、ママの心もスッキリさせてくださいね。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^