不知火海の火祭り2018!日程や見どころ、駐車場、子連れで楽しむポイントはこちら!

おてんばママ
鳥居をバックに、かなり迫力ある神秘的な花火大会があがるらしいよ!

不知火で毎年行われている神秘的なお祭り、不知火海の火祭り。

毎年多くの人が訪れるお祭りなんです。

熊本在住の友人が

熊本在住のママ友
絶対1回は行った方がいいよ!あの迫力はたまらない!!

と毎年のようにおすすめしてくれます。

実際にSNSなんかで見ると花火はほんとにきれいで、鳥居をバックに花火が見られるってなかなかない神秘的光景。最高の写真を撮ろうと、高価なカメラを構えている大人もたくさんいるほど。

今回は子連れで不知火海の火祭りに行こうと思っている人のために!

不知火海の火まつり!花火大会の日程や見どころ、子連れが気になる情報についてまとめていきます。ぜひチェックして下さいね。

スポンサードリンク

不知火海の火まつり基本情報

では、基本情報からご紹介していきましょう!

不知火海の火まつり 基本情報

開催日 2018年9月9日(日)
※小雨決行(荒天時は未定)

時間 20:30~21:00

打ち上げ数 約1,200発

会場 永尾神社

住所 熊本県宇城市不知火町松合

アクセス

  • 九州道松橋ICから車で20分
  • JR松橋駅から産交バス松合経由三角行に乗り15分 松合下車徒歩5分

駐車場 無料150台
(天の平公園、不知火温泉)

シャトルバス あり

有料席 なし

問い合わせ 0964-32-1111 宇城市役所商工振興課

では、不知火・海の火まつりの見どころを紹介していきましょう!

不知火・海の火まつり花火大会の見どころ

まず不知火・海の火まつりは動画で紹介しましょう!

不知火で行われる花火大会です。1年のうちの限られた時間にだけ見ることができる神秘の火という不知火にちなんでいます。

冒頭では、永尾神社の様子、そして歴史を見ることができます。

1分30秒あたりでは、一瞬「厳島神社?!」って思わせる光景ですよね。

1分50秒から始まる儀式。

昔から伝わっていて、その地域の歴史なんかも触れる機会になって、子供たちにとってもいいことですよね。

次々に火のついた矢が射られる光景もぐっとくるものがあります。

2分40秒からいよいよ花火が上がります。

水上花火の迫力、なんとも言葉にするのが難しいくらいの迫力ですよね!

☆『back light』☆ location:KUMAMOTO JAPAN(不知火海の火まつり) ★★★ 位置バッチリ( ̄ー ̄) 微妙かなーと思いながら行ったけど行ってよかったぁ! めっちゃきつかったけど撮れ高この通りで嬉しいです(^-^) 次はホームのハウステンボス! ★★★ #team_jp_(西) #tokyocameraclub #total_asia #whim_life #wp_japan #wu_japan #キタムラ写真投稿 #けしからん風景 #土曜日の小旅行 #東京カメラ部 #retrip_nippon #instagramjapan #ig_photostars #cleancaptures #unlimitedjapan #ig_nihon #far_eastphotography #BNS_REFLECTION #splendid_reflections #IG_SKYLINE #nightphotography #ptk_night #japan_night_view #superphoto_longexpo #longexposure_japan #不知火海の火祭り #不知火海の火まつり #s_shot #不知火

Daisuke Mizutaさん(@pine1112)がシェアした投稿 –

なんとこの鳥居、海の上にあるんです。鳥居をバックにしながら花火が打ち上がる様子を見ることができるなんて、なかなかないですよね!

花火大会前に行われる儀式として、2016年の開催状況以下のような時間でした。

・18:40~ 景行天皇巡幸船出発
・18:50~ 幸船お迎え太鼓 導燈の儀(御神火弓射式)
・19:20~ たいまつ行列

松合新港

・18:00~ 開会宣言
・18:05~ ちょぼくれ・松合小withくまモン
・18:10~ 秀岳館高校復興支援コンサート(雅太鼓)
・18:55~ 肥後ひょっとこ笑福会
・19:10~ カルデラ(民謡)
・17:25~ チェリーフラ(民謡)
・17:40~ たいまつ行列入場
・19:50~ 総踊り
・20:10~ ヒップホップダンス
・20:20~ 不知火竜燈太鼓保存会(和太鼓)
・20:40~ 花火
・21:10~ お楽しみ抽選会

2018年もこのようなスケジュールになると思われます。情報確認しだい、こちらでも更新していきますね!

毎年5,000人以上が訪れるお祭りとなっています。そのため今年も多くの人が訪れることが予測されます。

子供が迷子にならないようにしっかり見て上げて下さいね。

大規模なお祭りと言われるとそこまで大規模ではないかもしれません。もう全く前に進まない!ってほどの人でごった返しではないので、子連れにもおすすめのお祭りであります。

駐車場や混雑状況について

駐車場はこの2つ。

  • 天の平公園
  • 不知火温泉

小さな子連れがいる場合、できるだけ車で移動したい、というのが素直な心。

不知火・海の火まつりでは、天の平農村広場に無料駐車場を用意しています。

会場まで距離はありますが、シャトルバスが出るので安心です。

ちなみに歩けない距離ではないので、行きはバスにして、帰りは歩き、というのも一つの方法。

不知火温泉の駐車場も使用可能です。

不知火温泉は道の駅にもなっており、物産品やデコポンのソフトクリームを食べることができます。

友人親子はここのソフトクリームが大好きで、花火大会関係なしによくドライブしに来ると言っていました!

レストランもあるので、ご飯を食べたり温泉に入ったりしてからお祭りに行ってもいいかもしれませんね。

早い時間から駐車していないとすぐに満車になってしまうので、要注意です!

では、子連れならではの押さえておきたいポイントについて、次にご紹介していきましょう!

子連れ必見!トイレなど5つのポイントをチェック

①子連れで見るならどこ?

子連れならイベント会場で見るのがおすすめ。

花火大会が行われる場合、有料席があることが多いですが、不知火海の火祭りでは花火の有料席はありません。

海沿いで見るのが一番きれいに見えますが、子供を連れての場合ならイベント会場で見る方が安全。

実際、早めに切り上げて駐車場まで歩いて帰りながら花火を楽しむ人もいました。

おてんばママ
高いビルなどがないので遮るものがないので、割とどこからでも花火を楽しむことができます

②トイレは?

トイレは会場となる広場に仮設トイレが用意されています。並んでも、混んでいるとすぐに入れない可能性が高いので注意して下さい。

③授乳室、おむつ替えスペースは?

授乳室はありません。授乳ケープを持って行くか、ミルクの場合はお湯など必要なものを持っていくようにしましょう。

オムツ替えスペースなどもないので、出かける前に取り換えていきましょう。また、屋外になるので、オムツ替えシートなんかあると便利かもしれません。

④屋台も楽しめる?

こちらのおすすめは、そこまで並ばなくても屋台で買い物ができること!

子連れでも行きやすい広さになっているので、ベビーカーで行っても、並んでも大丈夫なくらいです。

ちょっとこれなら安心して楽しめそうですよね!

まだまだ暑い時期のお祭りですので、抱っこ紐より、ベビーカーの方がお互いにいいかも!歩ける子供なら、迷子にもなりにくいのでベビーカーがおすすめです。

⑤おすすめの持ちものは?

屋台はあるものの、なんでも現地で買ってはお財布が悲しいことに・・・。

おにぎりなどの軽食、水筒に冷たい麦茶を入れて持っていくのがベスト。

屋台では美味しいわたあめやあんず飴、バナナチョコを楽しむのが、子供たちにとっても、私たちのお財布に取ってもいいですね。

虫のいる時期ですので、虫よけスプレー、そして薬なんかも持っていきましょう!

アイスノンもあると尚更OK!!

▽▼虫よけにも日焼け止めにもなる子供も使えるスプレーはこちら▼▽

 

こちらの花火大会持ち物リスト!子連れ便利グッズはコレだ!!を参考にして、ぜひ楽しいお祭りの時間を楽しんでくださいね^^

まとめ

あの幻想的な花火、見てみたいと思いましたよね?!

ぜひ、今年はご家族で夏の締めくくりのお祭りとして行ってみてほしいです。

それでは、不知火海の火まつりについてまとめます。

  • 毎年8月または9月に行われるお祭りである
  • 無料駐車場が2ヶ所用意されている
  • シャトルバスが出るので便利
  • トイレは仮設トイレが6つ
  • 花火の前の開催される儀式も見どころ
  • 屋台を楽しむことができる

ぜひ神秘的な花火を楽しんで下さいね!











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^