お盆休み2018年はいつからいつまで?銀行や役所に休みなし!

おてんばママ
今年のお盆休みっていつからいつまでだっけ?

夏の予定を立てる時に、気になるのがお盆です。このお盆というものは実は地域によって時期が違ってきます。

全国的に統一されているものだと思っている人や、今では連休としてのイメージが強くなってしまい、お盆がいつからいつまでなのかすぐ頭に出てこない人も多いのではないでしょうか。

夫は大工ということもあり、夏休み=お盆休みになるので、毎年いつからいつまでなのか、かなり敏感になってしまう私。

そこで、今年のお盆休みはいつからいつなのか、銀行や役所は?迎え火や送り火、新盆とは・・・などなど、お盆休みにまつわることについてご紹介します!

スポンサードリンク

2018年のお盆休みは?

通常、お盆休みとは8月13~16日のことを指します。その前後にどう土日がからむか、11日の山の日の祝日がどう重なるかで、気になるお盆休みの長さが決まってくるんです。

気になる今年のお盆休みは、残念ながら祝日の山の日が土曜日という結果で振替休日とはなりませんが、山の日の11日から始まり6連休となるところが多いです。

大型の連休でよくあるのが、何もない平日を挟んでしまう事。連休に入ったはずなのに間で、1~2日出勤してまた休みのようなパターン。

今年は山の日が同曜日ではありますが、なんとか6連休という、それなりの大型連休になってくれているのが嬉しいですね!

おてんばママ
有給等を利用して休みを繋げる事の出来る方は良いのですが、休みモードに入ってからの1~2日出勤はモチベーションを上げるのも地味にしんどいので、6連休になるのは嬉しいですね!

2018年は休みを挟まずに6連休です。どこに行っても混雑は避けられなさそうですが、予定も立てやすそう。

我が家はお姉ちゃんは学童、次女・三女は保育園なので、お盆休みは関係なく預かってもらえるので、心配ないですが、そうでないお家は「魔の6連休」になりかねない?!

そんなあなた!

三連休の過ごし方!旅行以外でも子供と楽しめるアイディア10個大公開!!でうまく乗り切ってみてはいかがでしょうか?!

大手外資企業に勤めるママ友は9連休だそうです!海外旅行に行く予定って言ってまして、本当にうらやましい限りです~。

本来の具体的な期間は?

7月13日から4日間という地域もあれば、8月13日から4日間という地域があります。

住んでいる場所によっては1か月も違います

元々は旧暦の7月15日に行われていたことによるんですね。東京や関東の一部では7月13日に行い、地方では8月13日が多くなっています。

理由として挙げられているのが、地方から東京へ出た人たちが地元へ帰りお盆を過ごす事が出来るようにするため、農業の忙しい時期と重ならないようにしたため、新暦と旧暦の切り替えによるものと言われています。

お盆は何をするの?

代々続くお家では、お盆の行事はしっかり執り行われているところも多いです。

最近では、お盆は亡くなった方が家族と過ごす期間であるという事ぐらいで、具体的に何をするのかは分っていない人も多いのはたしか。

我が家のように、お盆=「パパの仕事がお休みなるとき」と思っていません?!

地域や家によっても風習は違うので、あくまでも例としてですが、

  • お墓参り
  • お墓の掃除
  • 精霊棚、盆棚を飾る
  • 盆提灯を飾る
  • 僧侶に来てもらい供養の法要を行う
  • 盆会墓前読経

などがお盆にする事として挙げられます。

おてんばママ
今年は私の父親の七回忌と重なるのですが、私のお産と重なるので、お盆に予定していたお墓参りやお寺さんで行う行事を1か月前倒しにしてもらうことにしました

迎え火と送り火とは?

お盆によく聞く「迎え火」、そして「送り火」

先祖の霊が迷わずに帰って来れるように明るく火を焚く事を迎え火と言います。そして、一緒に過ごした先祖をお盆明けに送り出すのが送り火です。

では、どういった方法でやるのか紹介します。

迎え火送り火の焚き方

夕方におがらを使って火を焚く事が一般的とされています。

スーパーやホームセンターの花屋さんで手に入り、玄関や庭で、平皿におがらを入れて燃やします。おがらの代わりにろうそくや松明を用いたりする事もあります。

やはり、その土地、土地での文化やしきたりがあり、必ずしもこれが正解というやり方はないので、お住まいの地域にことを調べてみるのも興味深い結果につながるかもしれませんね。

初盆とは?

49日が終わった方が初めて迎えるお盆の事を言います。

初盆や新盆等言い方は様々あります。49日を終えていない場合は翌年のお盆が初盆になります。

お盆のお供え物

お盆のお供え物として、茄子で作った牛と胡瓜の馬があげられます。知ってます??

あれはお供え物だったの?と驚いたことが、過去にあった私ですが(;^_^A

勝手なイメージで「昔は子供が夏にお野菜で牛や馬を作って涼んでいたんだ~」と思っていましたが、本当は先祖の霊が牛に荷をひかせ、馬に乗って行き来するというものだそうで精霊馬と呼ばれています。

お盆が終わると茄子と胡瓜は食べずに、海や川へ流す、または土へ埋めます。

最近の一般的なお供え物はフルーツ、クッキーや煎餅等(日持ちするもの)が多いです。

供養と言う意味では、形にとらわれ過ぎず故人の生前好んでいたものを選ぶのがbetterになっています。

盆踊り

子供の頃は夏のお祭りという感覚で参加していましたが、本来は盆の時期に供養する為の行事であったとされています。

夜通し行う地域もあるようですが、最近は音や防犯の関係で少なくなりました。大人になった今、先祖の供養という理由を思うとまた違う気持ちで盆踊りを見る事が出来る気がします。

銀行や役所は通常業務!


大手にお勤めだと長い連休になりそうですが、シフト制であったりカレンダー通りの出勤の方もいるでしょう。

お役所や銀行には基本、お盆休みという言葉は存在しません!

ですので、お盆休み・・・と言っていいのかわかりませんが、8月11、12日の通常のお休みをして、13日から当たり前のように仕事しています。

お盆がかきいれ時の業種の場合も、お休みなんてない!という方も多いはず。連休を楽しんでいる方がいる中、いつもより忙しい仕事に追われる人もいます。

私は都内の大学病院の外来に勤めていますが、お盆でも関係なく患者さんは受診しますし、緊急でも運ばれてくる患者さんは大勢います。予定入院もたくさんいます。

世の中「お盆休みだ!」と浮かれているのとは関係なく働いているので・・・お休みいいなぁっていうのが正直な思いです。

ですので、お盆のイメージはどちらかと言いますと憂鬱でうと目が回る程の忙しさで大変なんです。

おてんばママ
きっと昔の人から見るとかなり違った生活スタイルに驚かれそうです。お盆も様々な過ごし方になっているってことですね。
スポンサードリンク

お盆の予定は?

実家で過ごす、家族で過ごす、旅行へ行く、ゆっくり体を休ます、自宅の掃除、夏祭り、プール、趣味に費やす、様々な連休の過ごし方があります。せっかくの連休をおもいっきり楽しむのも、夏の疲れを癒すのも良いですね。

年々暑さが増してきていますので、過ごし方も限られてきますが、なかなかない大型連休を上手に利用したいですね。

夫婦での大型連休。過ごし方に悩んでいる人は夫婦で過ごす休日!暇を持て余さない5つの過ごし方とは?を参考にしてみてください^^

夫婦一緒に過ごすのもなぁっ、て方は夫婦一緒の休日はつまらない!ストレスを少なくする過ごし方とは?を見て、少しでも楽しいお盆休みになりますように!

おてんばママ
きっといいヒントが見つかるはず!!

普段会えない人に会うチャンス

予定を合わせてまでなかなか会う事のない親戚等が集まれるチャンスがお盆とお正月ではないでしょうか。

お盆だから、お正月だからと言う理由で顔を合わせれる事は良い事ですね。集まる場所がなければ疎遠になっていくものも家族、親戚の集まる事で仲も深まります。

地元に戻れば普段会えない友人に会う事も出来ます。就職や結婚で大人になると地元に留まっている人も限られますし、なかなか会う事も出来なくなります。せっかくの機会を利用するのもおすすめですよ!

先祖を思う気持ちが大切

お盆は亡くなった方が家族と過ごす時間、亡くなった方を想い過ごす期間、日本人の素敵な文化ですね。

生きていればいつかは別れが来ますが、それがどんな形で来るのかは分かりません。突然の別れであったり、悔しい別れであったり、納得の行く別れもあるでしょう。

昔とは違い、お盆でも仕事をしている人は山のようにいます。お盆だからと帰省する事が出来なくても、心に思うだけでも、家族でワイワイ過ごしても、どんな風に過ごしても先祖や亡くなった方を思い出し思い出を振り返る事が出来れば素敵な時間と供養になるのではないでしょうか。

それにしても、銀行やお役所関係の皆さん、本当にお疲れさまと言いたいです^^











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^