赤ちゃんの夜泣きの原因は?泣き止まない5つの原因!!

A子
うちの子、最近夜泣きがひどくって寝不足なんだよね~
S子
原因はなんだろうね。でもそのうち終わるから!
A子
原因なんてわかんないから困ってるのに~!「そのうち」って簡単に言わないで~!

 

夜泣きを経験してきたママは「そのうち」「気づいたら終わってた」なんて言うけれど、今まさに悩んでいるママにとっては全く答えになってないよ!て思わず突っ込みたくなりますよね。

原因がよくわからないんだからなおさらのこと。終わりの見えない寝不足・イライラから解放されたい一心のはず。

 

我が家の長女も夜泣きがすごくて寝不足の毎日でした。どんどん生活リズムが崩れていくし、イライラも積もりに積もってストレスフルな私に対し、夫は「そのうちなくなるんでしょ~」とのん気な発言。「パパに言われたくない!」と余計にイライラしたのを覚えています。

 

次女の夜泣きで長女もつられて泣いて、私まで一緒に泣いたこともあったなぁ・・・。

 

なぜ夜泣きがあるのか、泣き止まない5つの原因について解説していきます!

 

スポンサードリンク



 

夜泣きとは

そもそも夜泣きとは夜になってなんの理由もなく泣いて、なにをやっても泣き止まないことを言います。

オムツを換えたり、ミルクや授乳をして泣き止む場合は厳密に言うと夜泣きとは言わないんですよ~。

・夜中に突然スイッチが入ったように泣く

・泣く原因がないのに泣き続ける

・あやしても泣き止まない

 

こんな状態がつづく場合を夜泣きと言うんです。

 

夜泣きはイヤイヤ期のあらわれとも言われているんですよ。こちらの記事がまだの方はどうぞ。

イヤイヤ期はいつからいつまで?早い子、遅い子がいるのはなぜ??

2017.02.26

夜泣きの原因

原因はわからない!?

 

そう、原因がはっきりわかっていない、というのが答え!

 

「えぇー!」

 

って感じですよね。「じゃぁ、うちの子が夜泣くのはなんなのよ!」ってことになりますが、子どもが夜中に起きてしまう考えられる原因は5つあります。

 

原因①不快症状の表れ

赤ちゃんや子どもには不安なんてないと思っていませんか?赤ちゃんや子どもにも不安はあるんです。

昼間の明るさとは違う暗闇。これは赤ちゃんを不安にさせる要素で、目を覚ました時に暗いと不安につながって、それが夜泣きになるんです。

洋服の背中のしわひとつ、シーツのしわひとつだって不快になることもあります。また、興奮して寝付けない、眠り方がわからない、というのもあります。

 

おてんばママ
長女の夜泣きのとき、背中のシーツをピンと張りなおして寝かせたら寝たことがあったんです。背中も敏感なんですね~。

 

原因②睡眠サイクルの乱れ

・朝起きるのが遅かった

・昼間に眠り過ぎた

・お昼寝しなかった

・夜中に目を覚まして遊び始めた

 

「よくあるよくある」とうなづいたアナタ。はい、私もそうでした。

こういうことがきっかけで、夜泣きがある子は多いみたいです。ママ友とも共有済。

 

長女が1歳前の頃、夜泣きもあるし、夜中の授乳もあるしで寝不足だった私。朝方にやっと眠れたかと思うと気づけばもう10時。朝ごはんなんだか昼ご飯なんだかわからない中途半端な時間にご飯を食べて昼寝というか、夕寝をして。

 
ぐちゃぐちゃの生活リズム。

おてんばママ
どんどん生活リズムが崩れて、夜泣きがおさまらない毎日でした・・・。

 

原因③鼻づまり

赤ちゃんや子どもはもともと鼻の通りが細くて狭いので、鼻が詰まりやすくなっています。風邪をひいているときなんてなおさら、息しづらくて苦しくて眠れなくなっていることが多いのです。

赤ちゃんは口呼吸、花呼吸を同時にしています。鼻が詰まっているとミルクを飲むとき「っがっふがっが!」って苦しそうですよね。

日中からそういった場面で苦しいことが積み重なって、夜中もぐっすり眠れなくて・・・。夜泣きにあらわれるんですね~。

 

原因④刺激に敏感

赤ちゃんや子どもは日常生活を生きるので精いっぱい

そんなとき、昼間にいつもと違うことをしたり、初めて行く場所だったり、たくさんの人と会ったりするだけでかなりの刺激になります。

おてんばママ
我が家ではおでかけから帰ってくる途中から爆睡!帰っても寝続ける、なんてうちはよくありました。本当に疲れているんでしょうね。夜泣きがひどく続くときには「あとあとのことを考えて行動しないと痛い目にあう」毎日そんなことを考えていましたね。

 

原因⑤ストレス

赤ちゃんに限らず言われることですが寝る前にスマホやテレビを見ていませんか?

ブル―ライトの問題(エビデンスは不明ですけど)とかもあって、かなりのストレスになっています。

 

5歳になる長女も、寝る前に私のスマホをいじって写真を見たときなんかよくあるんですが、頭の中の「目覚めるスイッチ」みたいなのがONになるらしく、なかなか寝付けなかったり、夜中に寝ぼけて起きたりすることがあります。

 

5歳でもそうなんだから、赤ちゃんや小さい子どもにとってはもっとストレスになるのがわかりますよね。

さいごに

原因がはっきりわかっていない、ということにはびっくりですね!

夜泣きは小児の睡眠障害として考えられていて、緊張からくるものとされているそうです。

日中の緊張を少しでもとれるよう、生活リズムを正したり、普段から子どもなりのリラックスする方法を知っておくと夜泣きも少なくなってくるかもしれないですね。

 

夜泣きを減らす対策、落ち着かせる方法についての記事がまだの方はこちらをどうぞ。

脱!赤ちゃんの夜泣き!夜泣きを減らす4つの対策と落ち着かせる5つの対処とは?

2017.03.10
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠中のこと、産後のこと、保育園のこと、時短生活のこと、共働きのこと、などなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。