2歳児の便秘!解消を助ける子供向けサプリ「善玉ガード」口コミ!

スポンサードリンク



おてんばママ
次女の便秘がひどくて。食事に気をつかっても食べないときもあるし、どうやったらよくなるかわからないよ~
善玉ガードのお姉さん
それなら食事だけで補え切れない部分をサポ―トするサプリ、ありますよ~
おてんばママ
えぇ!

そんなものあるんですかぁ?!

子供の便秘ってなかなか手ごわいですよね。

よく言われるのが「バランスのとれた食事」「よく運動する」「トイレに行く習慣をつける」ということ。

その中の食事なんて限界があると思いません?

いくら気をつかっても食べてくれるときもあれば食べてくれないときもあるし、ましてや共働きで毎日時間との戦いで、毎食バランスのとれた食事を作るなんて難しい話(もちろん、きちんとしているおうちもありますよ)。

「便秘=腸内環境の乱れ」、さらには「腸内環境の乱れは万病のもと」なんて言われるくらい腸内環境を整えるのは大事なことだって言われています。

腸内環境の乱れはお肌のカサカサや花粉症、アレルギーなんかも関係しているっていうじゃないですか!

便秘もだけど子供の花粉症も気になっているこのタイミングで、子供向けに開発された腸内環境を整えるサプリメントちょーきれい!善玉ガードを販売しているメーカーさんに実際お話を聞くことができたんです!

 

サプリメントをあまり信用していない私ですが、せっかくなので試してみることにしました!

 

スポンサードリンク



 

食べてみた子供の感想

長女
甘くておいしい!これ、毎日食べていいの?
次女
3つも食べれるって嬉しいね!ぼりぼりぼり・・・

すみません、我が家はラムネのようなお菓子でさえ「1日〇粒まで!」と制限させているので、1日に3粒も食べれると知ってのこの喜びようでした(笑)。

思わず「ちょっとちょっと!これはおやつではないんだから!」と突っ込んじゃいましたけどね。

ということで、うちの子たちはおやつ感覚で十分食べられるみたいです。

まず、美味しく食べられる問題はクリアしたところで、中身的な部分で善玉ガードってどんなものなのか、体にいいのかまとめてみました。

 

善玉ガードって何?

便秘や花粉症、アレルギーで悩む子供の腸内環境を整えるために開発されたサプリメントのこと

ヨーグルト味で噛んでも舐めてもいいチュアブルタイプ(ラムネみたいな感じ)。

善玉菌っていうとビフィズス菌や乳酸菌がよく知られていると思います。それらを体に取り込みやすいように研究されて作られています。

 

 

善玉ガードの3つの魅力

1.生きた善玉菌を腸内に届けることができる

生のビフィズス菌を生まれたての赤ちゃんはいっぱい持っています。でも、離乳(赤ちゃんが離乳食を始めて母乳やミルクから離れること)の段階から徐々に減っていってしまうんですね。

それはおじいちゃん、おばあちゃんになるまで自然に増えることはないんです。むしろ悪玉菌が多くなっていく一方なのです。

善玉菌が減ることで腸内環境が荒れて、悪玉菌が増えてしまいます。その結果、腸の機能が低下して便秘したり新陳代謝が悪くなったり、アレルギー症状の悪化などにつながります

それがこのサプリでは生きたまま大腸まで届けてくれるので、おなかの中を善玉菌>悪玉菌という状態にするのを助けてくれます。

善玉菌と悪玉菌
善玉菌は腸内環境をよくする菌。悪玉菌は腸内環境を悪化させる菌

 

2.善玉菌を応援

善玉菌を元気にする成分も入っているのが魅力のひとつ。

善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌。このふたつの大好物であるオリゴ糖が入っています。オリゴ糖をいっぱい食べて、おなか中は善玉菌がより元気になって、悪玉菌が悪さをするのを抑えてくれます。

また、高分子難消化性ファイバーという難しい名前のものが入っています。高分子難消化性ファイバーというのを簡単に言うと・・・

からだの大きい(=高分子)食物繊維で、腸の最初の方で簡単に使われずに腸の奥の方まで届いて、腸の奥にある善玉菌までも元気に活動できるように助けてくれるもの、ということなんです。

おてんばママ
すみずみまで腸を元気にしてくれるってことなんですね。これは便秘に効きそうだ!

 

3.消化をサポートする酵素

タンパク質の消化不良がアレルギー原因のひとつと言われています。

善玉ガードに含まれる酵素は酒蔵で作っているんですって!

蔵に住み着く伝統の「蔵付きの酵母」と「杜氏」によって作られる職人技術がピカリ!

野菜や果物、海藻など100種類の原料を発酵に1年、熟成に1年以上の時間をかけた最高傑作の酵素なんだそうです。

もうこれだけで効きそうな感じがしますよね。

善玉ガードのお姉さん
蔵付きの酵母によって作っているので、胃腸に優しく変化してくれます。消化酵素を余計に使わないので身体にいい栄養を摂取して、体内の酵素を代謝で活躍する酵素へ回すことができるんです。
おてんばママ
こ、これがサプリの魅力なのか・・・。普段の食事で100種類とか無理だし、すごいぞサプリ!

まんまとサプリの策略にはまってしまいそう!

詳しくはこちらをどうぞ⇒お子様の将来を本気でお考えの方へ。小さなころからのケアが重要です!『善玉ガード』

 

便秘に効くのか?

これまでの解説を読んでおわかりの通り、便秘にはどうかっていうことですよね。

実際に我が家でも2週間(1袋90粒、1日3粒)続けてみましたが・・・とりあえず、お通じは毎日出るようになったのでどうやら娘には合っているようでした。

(腸のサイクルは2週間というのでまずは2週間で試してみました。現在継続中です。)

劇的に改善したか?と聞かれれば「劇的かは不明」ですが、全体的に体調がよくなったような印象です。花粉症で鼻がつまって鼻血ブー子だったのも落ち着いてきた気がします。

やはりサプリメントは普段の生活で不足しているものを補うというものなので、治療目的として効果を求めるものではないんだなと、改めて思いました(当然ですけど)。

 

 

実際のサプリはどんなもの?

サプリの大きさ

サプリ自体の大きさは9mmで、わりかし食べやすい大きさ。

硬さにもこだわって作られているそうなだけあって、子供でも嚙みやす硬さですね。

むしろばりぼりというよりは、ばりっと噛んだらそのまま砕けていくような感じでした。

 

味、香り

味はヨーグルトの1種類。市販であるラムネとたいして変わらない味でした。

香りはそれほど気になるものではありません。

善玉ガードのお姉さん
自然界に存在する甘味料、キシリトールを配合してます
おてんばママ
キシリトール!虫歯菌の発生、進行を防いでくれるのは子供に食べさせる親にとってプラスポイントですね!

 

 

何歳から食べられる?

2歳くらいが目安。

ちょうどこのくらいからいろいろな不調が出始めるため、だそうです。

食事も完了食になって、好き嫌いも出て、便秘に悩まされるのもこの時期だったりしますよね。

大きさ的にも、9mmならのどに詰まらせる心配はないと思いますけど、やはり窒息とかも心配になるので、私としても2歳くらいからなら食べさせてあげてもいいかなと思います。

そして気になるのが安全性。

善玉ガードは小さな子供が安心して食べられるように、すべて国内で生産されているそうです。

GMP認定工場という厳しい基準をクリアした工場で作られています。品質管理として微生物の検査まで行っているとか。

 

子供用に作られているけれど、大人が食べても問題ないそうです。ただ、倍量食べる必要があるので、量や経済的なことを考えると、大人は大人向けのを買った方がいいかもしれないですね。

 

 

購入方法

Amazonや楽天、ドラッグストアでの販売はしていないそうです。公式HPのみからとのこと。

よくサプリメントは定期で買わないと損!って聞きますが、1回ぽっきりでも割高になることはなく、まずは試してみて効果を実感してほしいそうです。

味が合わない、子供が食べなかったってなってもこれならちょっと試しやすいですね。

 

まとめ

やはり、子供用に開発されているだけあって味や硬さは子供のお気に召すように作られていますね。

「サプリメントは継続してこそ」と言われているので、これなら子供も無理しないで毎日食べてくれそう。

効果については、薬ではないし人それぞれというのが正直なところ。

次女は便秘や花粉症が改善されたような気がしますが、一緒に食べていた長女はこれと言って変わったことはないような・・・。

あくまでも食事や運動、毎日の生活が大事ですからね~。

でも、やって損はないことだと思うので、ちょっと体調が優れないなぁ、とか、便秘だなぁ、とか思うことがあれば試してみる価値はあると思います。

2歳から食べれるので早めに対策を打つことができると思えば、便秘ももしかしたら慢性化しなくてずかもしれないです。

腸は第二の脳と言われるくらい、神経が集まっていてとても大事なところです。毎日、元気に過ごせるようにできることはしてあげたいですね。

 

まず我が家はバランスのとれた食事からかなぁ・・・

おすすめの関連記事

スポンサードリンク





スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠中のこと、産後のこと、保育園のこと、時短生活のこと、共働きのこと、などなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。