ホタルの時期は?関東で鑑賞するおすすめスポット5選!東京編

スポンサードリンク



ホタルといえば夏の風物詩。

いつ頃が一番きれいに鑑賞できる時期か知ってます?

暑い夏である7~8月を連想しそうですが、ホタルの見頃というのは地域やホタルの種類によって変わってきます。

桜前線同様、九州地方が5月上旬から、関東地方は5月下旬から、というように北上していくんですよ~。

今回は関東の中でも東京に注目。子連れでも行けちゃう!鑑賞できる時期、おすすめスポットを解説していきたいと思います!!

スポンサードリンク



ホタルの時期は?


関東では5月下旬から7月上旬にかけてみられるところがほとんど。
ホタルの種類によっても変わってくるんですよ~。

ゲンジボタル・・・6~7月(ピークは6月中旬頃)
ヘイケボタル・・・7~8月

ゲンジボタルは曲線的な飛び方をするのに対し、ヘイケボタルは直線的な飛び方をします。

また、大きさもゲンジボタルは大きく、ヘイケボタルは小さく、大きさも違っています。

若干、鑑賞できる時期が違うんですね。

それでは、東京都内でほたるの鑑賞できるおすすめスポット5選!紹介していきますね!!

おすすめスポット5選!【東京編】

5位 おとめ山公園 【新宿区】


都心に位置するおとめ山公園。東京の名湧水57選にも選定されていて、自然豊かなこの光景は都心とは思えない空間です。

池の源流にはヌマエビやサワガニもみることができるんですよ~。

平成26年に拡大工事が終わり、新宿区内2番目に大きな公園となっています!

駐車場はありませんが、目白駅や高田馬場駅、下落合からも徒歩10分圏内なので行きやすいこと間違いなし!

イベント開催中には水の中で動く幼虫を見ることもできるそうです。

 

ホタル観賞会の夕べと夜のおとめ山公園
日程:7月下旬の土日
時間:19:00~21:00
整理券配布18:00~
料金:無料
赤ちゃん情報:授乳スペースなし。オムツ換えあり。
駐車場なし(近隣にあり)
URL:おとめ山公園HPはこちら
住所:下落合2-10 おとめ山公園内 ホタル舎
最寄り駅:JR山手線・地下鉄東西線・西武新宿線 高田馬場駅、西武新宿線 下落合駅、JR山手線 目白駅

 

4位 夕やけ小やけふれあいの里 【八王子市】

こちらは童謡「ゆうやけこやけ」のモデルになった施設。それだけでも子供との話題になって親しみやすい感じがしますよね。

ポニーやモルモット、ウサギなど動物とふれあえるふれあい牧場は通年楽しめ、ホタルの時期には陶芸の教室やわら細工、森の工作など自然を楽しめる講座も開催されています。

その他、お食事処や宿泊施設、キャンプ場まであって自然をたくさん感じることができ、見どころ満載!

6月中旬からホタルの夕べが催され、2500匹あまりのホタルが飛び交います。

ホタルの夕べ
日程:6月中旬
時間:18:00~21:00
料金:大人200円、中学生以下100円、4歳未満無料
赤ちゃん情報:授乳室、オムツ換えの場所あり。ミルクのお湯は事務所に連絡するとOK。
駐車場あり
URL:夕やけ小やけの里HPはこちら
住所:八王子市上恩方町2030  夕やけ小やけふれあいの里

 

 

3位 渋谷区ふれあい植物センター 【渋谷区】

渋谷駅から徒歩12分で行ける立地条件。ゲンジホタルとヘイケホタルの両方が飛び交うこのうえない美しさ!

2016年には5日間で延べ10165人もの方が見に来るほどの人気です。

いろいろな珍しい植物や昆虫、魚もいて、小さい子供でも十分楽しめることができます。麦茶がセルフサービスで飲め、暑い夏には助かりますね。

ヘイケボタルは17:30~、ゲンジボタルは19:00~から見頃になります。見てみたい種類のホタルの時間に合わせて行ってみるのもよさそうですね。

むしろ頑張れば2種類両方のホタルが見れちゃうかも!

 

ホタル観賞会:蛍の夕べ2017
日程:2017年6月15日(木)~18日(日)
時間:17:30~21:00(最終入場20:15)
料金:未就学児無料、大人100円 (近隣住民は無料)
赤ちゃん情報:オムツ換え台あり。授乳室あり。ベビーカー入場不可(特設預かり所有り)
駐車場なし(近隣にあり)、駐輪場あり
URL:渋谷区植物センターHPはこちら
住所:渋谷区東2-25-37 渋谷区植物センター
最寄り駅:JR渋谷駅、東京メトロ渋谷駅

 

 

2位 せたがやホタル祭りとサギ草市 【世田谷区】

ホタルが見られる時期にちょうど見頃を迎える世田谷区の花「サギ草」を同時に楽しめるお祭り。

世田谷代官屋敷:ホタル観賞、上町天祖神社:サギ草展示、世田谷信用金庫駐車場:物産展、子供イベントなどそれぞれの場所で様々な催し物があります。

夜には盆踊りも開催される他、世田谷代官屋敷に設置されたドームの中に約3000匹のヘイケボタルが放たれ、神秘的かつ幻想的な光景を楽しむことができます。

 

せたがやホタル祭りとサギ草市
日程:7月中旬の土日(ホタルの生育状況により前後する可能性あり)
時間:ホタルの鑑賞時間17:00~21:00
料金:無料
赤ちゃん情報」:授乳スペースなし。オムツ換えなし。近隣施設に利用可能。
駐車場なし(近隣にあり)。
住所:世田谷区世田谷1-29-18
最寄り駅:東急世田谷線 上町駅、世田谷駅

世田谷代官屋敷

上町天祖神社

世田谷信用金庫駐車場

 

 

1位 足立区立生物園 【足立区】

こちらは区の施設である生物園で毎年6~7月の土日に「ホタル見night!」「昼のホタル観賞会」というのを開催しています。

いろいろなイベントやワークショップも開催しているので、ホタル以外にも楽しめることがたくさんあります!

屋内、屋外両方楽しめるし、期間もたくさんあって天気にも大きく左右されることがないのでいいですね。

 

ホタル見night!、昼のホタル観賞会
日程:6~7月の土日祝日
時間:ホタル見night!18:00~21:00(最終入場は20:30)
昼のホタル観賞会13:00~ 30分毎に1日7回開催
料金:大人(高校生以上)300円、子供(小・中学生)150円、未就学児無料
赤ちゃん情報:授乳室、オムツ換え台あり、駐車場あり
URL:足立区生物園HPはこちら
住所:足立区保木間2-17-1 足立区生物園
最寄り駅:東武スカイツリーライン 竹ノ塚駅

 

 

ホタル観賞時の注意事項

・光の出る物(携帯やスマホ、子供の光るくつなど)は持っていかない、出さない
・虫よけスプレーは使わないホタルを捕獲しない、持って帰らない
・大きな音、声をださない、静かに鑑賞する

光で照らしたり、フラッシュなんか光ってしまうとホタルの光がわからなくなるだけでなく、草むらのかげに隠れてしまうそうです。また、大きな音や声も同じです。

ホタルが成虫になって、空を飛べる期間は1~2週間と短いんです。施設の方や地域の方々が大事に自然を守り、飼育してきた大切なホタルなので捕まえたり、持って帰ったりはしないようにしましょうね。

 

まとめ


いかがでしたか?

意外にも都内でホタルが鑑賞できる場所というのはたくさんあるんですよ。

私の住む練馬区でも数か所、ホタルが鑑賞できるところがあります。しかし、どれも日にちは1日のみとかで期間がかなり限定されていて、いつも都合がつかず断念していました。

23区内では椿山荘なんかが有名ですが、リーズナブルなところがたくさんあるんですよ。

子連れでも意外にも行きやすいところがたくさんあるので、我が家も「今年はホタル観賞めぐりをしてみようかな」と計画中です。

ぜひ、お子さんとホタルが作り出す幻想的なひとときを楽しんでみてはいかがですか?

スポンサードリンク





スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠中のこと、産後のこと、保育園のこと、時短生活のこと、共働きのこと、などなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。