雄物川花火大会2017!日程・時間は?駐車場や穴場スポットはある??

おてんばママ
雄物川の花火大会って秋田市三大夏祭りだって知ってました?!

私のふるさとでもある秋田県秋田市。

小さい頃から行くのが当たり前過ぎて、秋田市三大夏まつり「土崎港曳山まつり」「竿灯まつり」と並ぶものだとは知りませんでしたorz

小さい子供連れも多く、ピクニック感覚で行けるのもこの雄物川花火大会ならではなのではないでしょうか。

昭和63年から続くこの「秋田市夏祭り雄物川花火大会」、今では県内・県外問わずたくさんの方が訪れる大きな花火大会となっています。

しかも今年は30回目を迎える節目の年

2017年のテーマは「雄物川 百彩」

開催日程やアクセスはもちろん、地元人が胸を張って「子供にも大人にも魅力的な花火大会です」と言える理由や花火の見どころ=子供と一緒に楽しめるポイント5つ、穴場スポットなどまとめてみました!

スポンサードリンク



雄物川花火大会の日程は?

日程

2017年8月11日 (金・祝)

午後7時30分打ち上げ開始 午後9時終了

※荒天時は翌日に順延

おてんばママ
2016年から8月11日の山の日になったんですよ!お父さんお母さんもお仕事休みになった人も多いだろうから行きやすいですね。

開催場所

雄物川河川敷(秋田大橋~JR羽越本線橋間)

周りに高い建物がないしネオン街からも離れているので、どこからでもきれいに見えるのが雄物川花火大会のいいところ!

アクセス

秋田自動車秋田南ICから国道13号経由し県道56号を秋田大橋方面で約10km

無料駐車場2000台以上あり

河川敷にもありますが、花火が終わらないと車を出せないので、ちょっと離れたところに停めてきた方がいいかも。

おてんばママ
交通規制は午後5時30分~午後10時。一部の区間が通行止めになるので要注意!

バス

秋田駅西口から秋田中央交通バスに乗って20分くらいで行けます。

行き方は3通り

  • 新屋線「7番乗場発⇒秋田大橋」下車、徒歩5分
  • 新屋西線「7番乗場発⇒勝平消防出張所前」
  • 船場町経由川尻割山線「6番乗場発⇒船場町」

 

帰りは
新屋線:西部市民サービスセンター発⇒秋田駅西口

の臨時便が出ています。

おてんばママ
田舎なので夜8時以降は通常のバスが出ていないので要注意!

電車

JR羽越本線新屋駅下車、徒歩15分

秋田駅からくるなら帰りは電車の方が安心かもしれませんね

花火大会持ち物リスト!子連れ便利グッズはコレだ!!

2017.06.05

 

子供と一緒に楽しめるポイント5つ

1.ピクニック感覚で行ける

どんな花火が上がるのかっていうのはもちろん大事なんですけど、私が一番おすすめしたいのがこちら!!

「ピクニック感覚で行ける」という点。

毎年9万人くらいの人でにぎわう雄物川の花火大会ですが、混み始めるのは意外にも6時半過ぎから。有料席を設けなくても、河川敷にレジャーシートを広げて観れるくらい。

堤防の傾斜もあって比較的どこでも観やすい印象です。もちろん、屋台周辺は混み合います。

夕方5時過ぎに場所確認してちょっと早めの夕飯を食べて、レジャーシートに座ってゆっくり待つ。

それくらいゆったりできます。

花火が始まる前に屋台も回っちゃえば、花火もゆっくり見れていいですよ。

2.他にはない花火がたくさん

①地元の中学生による「デザイン花火」

地元の秋田西中学校の生徒による「デザイン花火」というのがあります。

毎年恒例になっていて、なんとも地域密着というのがいいですよね。

西中生徒のアナウンスもあり、他の花火大会では見られないアットホームな感じが魅力です。

 

②「ザ・プレミアム花火」

全国の花火師から厳選された10者が制作した選抜全国芸術花火集のこと。

各地・各時代の競技大会での優勝作品を集結することもできる訳で、一夜で日本の花火のエッセンスを見ることが出来ます。

日本煙火芸術協会HPより

 

いいとこどりってことですね!

解説付きで打ち上げられるので、花火をみながら花火のことも知ることができるなんてすてきです。

 

③「光と音の創造花火」

読んで字のごとく、花火と音楽が織りなす花火。花火業者が企画して、音楽とマッチした花火を魅せてくれます。

 

④子供に人気の花火

スマイルマークはもちろん、猫の花火、ドラえもんの花火など打ち上げられます。

おてんばママ
花火嫌いの次女ですが「ドラえもんだったね」「ねこさんひげあった!」などここだけは唯一見れる、楽しみのひとつですwww

 

⑤30回大会記念仕掛け花火!

毎年お馴染みのオーロラ仕掛け花火、大スターマイン、特大スターマイン、超デラックススターマインなど花火がたくさん!

そして、2017年の今年は30回大会記念仕掛け花火も打ち上げられます!

すべての花火に音楽が付いているので、音楽も一緒に楽しめるのも魅力のひとつ。

去年はオリンピック真っ只中だったので、オープニングは安室ちゃんのHeroの曲に合わせて始まったんですよ~!
今年は何でしょうかね?

 

3.屋台も楽しい!

茨島側の河川敷では屋台が出ています。

屋台でおいしいものを頬張りつつ、真上に広がる花火を楽しむことは子供にとって普段味わえない特別な時間。

夕方6時くらいには販売し始めているので、早めに行って屋台を楽しむのもおすすめですよ~

 

4.トイレは40カ所前後あり

近くには西松屋やマックスバリューなどのお店があります。仮設トイレが苦手な子はそういったところを利用してもいいかもしれません。

花火会場からは少し歩くので、花火が始まる前に行っとくのがBESTです。

赤ちゃんの場合、いざとなったらオムツもすぐ買える環境なので安心ですね。

 

5.DJポリスがいる!

去年は東京からDJポリスの研修の人も来ていたというニュースもありました。

渋谷のスクランブル交差点までの暴動はないと思いますが、9万人もの人が集まるので、秋田のDJポリスの活躍も期待したいですね!

 

穴場スポット!

花火の打ち上げ場所近くの河川敷。

どこの河川敷でも比較的打ち上げ場所からは近いので真上に花火が上がるイメージなんですね。

より打ち上げ場所に近いと灰が結構な確率で落ちてくるので覚悟のうえでお願いします!

サティ(ショッピングセンター)の屋上が解放されることもあるそうですので、そのあたりも今後情報収集していきます!

おてんばママ
ちょっと離れますが、大森山動物園から見るっていうのも1つです。

 

みんなの目線 Instagramより

2016/08/22 . 彩色千輪菊。 1つの花火玉の中にいくつもの小さな花火玉を込める小割玉に属する花火。 夜空に色とりどりの花が開くその姿は、紫陽花や花束に例えられます。 . 僕が1番好きな花火。 あー撮れてよかったー。 見落としたことはないと思うんだけど、7500発中この1発だけだったと思います。 . . location : #雄物川河川緑地 (Akita, Japan) event : #雄物川花火大会 . f/10.0 9 seconds 35 mm (35 mm format) ISO 100 Flash did not fire 11-08-2016 08:42:04 午後 0.00 EV Manual exposure Manual white balance Pattern Metering mode ©︎ s.komatsu NIKON D800E Rookie Cam (多重合成) . #fireworks #花火 #starmine #スターマイン #彩色千輪菊 #akita #秋田 #nikon #ニコン #d800e #雄物川

Shu Komatsu (コマツ シュウ)さん(@s.komatsu)がシェアした投稿 –

 

30回記念パネル展示&トークイベント開催

2017年の今年は30回を迎える節目の年。

また、花火大会との関わりが深い雄物川放水路整備開始から100周年を迎え、W記念なんです!

そこで、花火大会や放水路工事の歴史にちなんだパネル展示が開催されます。

パネル展示 8月4日(金)~8月10日(木)午前9時~午後5時まで
※8月8日(火)はお休み(秋田市新屋ガラス工房の休館日のため)トークイベント 8月10日(木)午後2時~

場所 秋田市新屋ガラス工房

入場無料 予約なしでOK

ガラス工房は7月15日にオープンしたばかり!

ギャラリーやショップだけでなく、実際に体験できる「吹きガラス製作体験」なんかもあります。

おてんばママ
花火だけでなく、こういったイベントも開催されるのは地元を愛するおてんばママとしては嬉しいです!

オープンしたてなので混んでいるかもしれませんが、行ってみる価値あり!

さいごに

秋田市三大夏祭りである「秋田市夏祭り雄物川花火大会」。

家族連れでも十分楽しめる花火大会です。

今年も予定を合わせて帰省できたらいいな、と思ってます。

レジャーシートとおにぎり持って、秋田の夏を満喫!しちゃいましょう!!

 

この他にも秋田の夏を満喫できる花火大会はまだまだあります!

ぜひ、こちらも合わせてどうぞ~

秋田県花火大会2017!おすすめランキング10位はこれだ!

2017.06.13

おすすめの関連記事











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。