ロボット掃除機ルンバの口コミ!子育て共働き家庭の強い味方です!

毎日家の中を掃除ができたらいいけど、なかなかそうはいかないもの。

共働きであったり、私のように掃除嫌いの人には特にそうだと思います。

以前より、ママ友がロボット掃除機のルンバを使っていて「いいよ~」と勧められていました。

もう3、4年前にはなりますが、長女を出産後、復職する前に買っちゃいました!私が買ったのはルンバ770。ここで言えることは「買ってよかった」ということ。

これからロボット掃除機の購入を考えている人は参考にしてみてください。

 

 

子育て中のママ、共働きのおうちの方、毎日掃除機をかけていますか?

もちろん、きちんとかけているおうちもあると思います。でも、実際毎日かけるのは大変というおうちも多いのではないでしょうか?

あまり大きな声では言えませんが、私はルンバを買うまでは毎日かけていませんでした。なぜなら・・・

我が家は、パパが朝6時前には家を出て、子どもと私は7時には家を出ます。保育園のお迎えに行くは夜7時。それから帰ってご飯、お風呂、次の日の準備、洗濯物を干してそして寝かしつけ。

朝ごはん、夜ごはん、そしてその余りをお昼のお弁当に詰める。洗濯物はたたむというより、取り込んだままの山から使って出す。

こんな毎日なので掃除をする時間は週末にまとめてというスタイルをとっていたからです。

ばたばたとした毎日を送っているので、実際、家にいる時間というのはほとんどありません。だから掃除を週末にまとめて、でもいいんですが、土曜日も夫婦共々仕事なのでそれもなかなか難しいところ。唯一の日曜日は家族ででかけたいじゃないですか。

すべての部屋の掃除とはいかなくても、せめてみんなが一番いる時間の長いリビングだけでも毎日掃除をしたい。

でも毎日はできない・・・そんな悩みを解消してくれたのがロボット掃除機だったんです。

 

 

 

 

メリット1:時間に余裕ができる

朝、家を出る前にスタートボタンを押す。すると「ピピーピピー♪」と軽快な音とともに掃除が始まります。そして家に帰ると髪の毛の1本も落ちていないくらい、ゴミと一緒にしっかり吸い込んでくれています。

なんてすばらしいことなんでしょう!

きれいなときは20分くらい、汚れているときには40分くらいかけて掃除をしてくれます。

私の場合、家を出るとき、寝る前に使っています。仕事から帰ってくるときれいな部屋になっていて、朝起きた時もそれまたきれいな部屋になっていて。

掃除が苦手な私でもリビングはきれいな状態を保つことができます。

また、掃除に時間を取られないので、寝かしつけのときにはゆっくり絵本を読んだり話をしたり、子どもとの時間もとてるようになりました。

休日の掃除はロボット掃除機にリビングを任せて、他の掃除を頑張る。他の掃除が終わるころにはリビングも終わっている、という素晴らしい結果になっています。

 

 

メリット2:自分で掃除機をかけたより丁寧

ルンバは一般的な掃除機のように大きなブラシでゴミを吸い込んで掃除していきます。3本の細いブラシもついていて、隅々のゴミも搔き出してきれいにしてくれます。

ゴミセンサーが付いていて、見落とすことなく回収してくれる機能もついています。掃除が終わったあとの部屋には髪の毛1本すら落ちていないんです。

特に今は産後の抜け毛がひどく、髪の毛があちらこちらに落ちていてため息の毎日。ルンバを定期的に回すことで部屋がきれいに保たれていてきれいなのはもちろん、抜け毛が落ちて自分で回収してへこむということが少なくなってストレス減です。

ただ、入れない隙間はもちろん無理なので掃除できる範囲は決まっています。我が家のテレビ台の下に高さ4cmの隙間があるんですがロボット掃除機はそれ以上(92mm)あるので入っていけません。なので、そこはまた別で掃除しなければならないのです。説明書きとしては10cm以上のすきまなら、と書かれています。

そういったところは休日にまとめてやるようにして、自分でも使い分けるようにしています。

逆にここには入ってほしくない、掃除されては困る、というところには掃除しないようセットできる機能もあるので心配なく掃除することができます。

フローリングも畳もOK!カーペットなどの段差も問題なく乗り越えられ、玄関などの大きな段差では危険を察知して落ちることはありません。この賢い機能がついているのですみずみまでくまなく掃除してくれます。

 

 

メリット3:ゴミの捨て方は簡単!

本体からゴミが入っているところ(引き出しのような感じで)本体からはずし、ゴミ箱へ捨てるだけ。紙パックはないので、ゴミを捨てたらまた本体に戻すだけになっていてとても簡単です。

 

 

他にもこんなメリット、機能があります

スケジュール設定ができます。生活リズムに合わせて〇〇曜日の△△時に、という風にも設定ができ忘れずに掃除をすることができます。

また、ホームベースといって掃除機本体の置き場所なんですが、掃除が終わるときちんとそこに戻って充電されます。なので、充電し忘れも防ぐことができるんです。

そもそもルンバは地雷探知機の機能をもとに作られたそうです。つまり、くまなくその場を行き来して見落としがないように掃除ができるっていうこと。

ここだけ掃除されてない、というようなことはないんです。頭良すぎでなんとも感心してしまいますよね。

ゴミがいっぱいですよ、とお知らせもしてくれます。

そして、クッション機能がついていて、家具にぶつかっても傷をつけることはありませんのでご安心を。

 

 

デメリットは?

人間が掃除する分には自分で目で見て判断して掃除することができます。吸い込みたくないものなどは自分でよけることができます。当たり前のことですが、ロボット掃除機は頭がいいのですけど人間ほどではありません。

要注意したいのがひも類です。

ひも類がブラシにからむと動かなくなってしまい、故障の原因になります。ブラシがひもにからまって止まってしまうんです。下手すると、小さな掻き出しブラシを切り落とさなければならなくなります。

実際、我が家の3本あるブラシのうち、1本を切り落とす結果になってしまいました。

我が家も子どもがおもちゃについているひもを床に置いたままでからんで止まっていた、なんてことよくあります。一旦からんでしまうと、それをとるのは至難の業。すっごい苦労します。そう、すっごい苦労したんです。それで切ることになったんです。。。

普段からきれいにできているおうちは心配ありません。

うちのように子どもがおもちゃをポンポン出しては片づけない(私のしつけの悪さですけど)ようだと、一旦床のものを棚やソファなど上にあげてからロボット掃除機を動かさなきゃいけないのでちょっと慣れるまでは大変でしたが。

「床にものを置かなくなったよ」と言っていたママ友もいましたが、私の家はなかなかそううまくいかないので、子どもと一緒に片づけてからロボット掃除機を使うようにして気をつけています。

 

ひも類の他として、ホームベースの置き場所ですかね。

最大幅353mmと大きいのでその場所を確保しなきゃいけないんです。今使っている掃除機は押し入れにしまったり、収納棚にしまったりと見えないところに置いているおうちが多いと思います。それが見えるところに置くことになるので、見せたくないというおうちは見えないように一工夫する必要があるのでちょっと大変ですよね。

 

 

最新ロボット掃除機の機能はもっとすごい!!

ひも類のことを話しましたが、最新のものはもっと先を進んでいます。電化製品のコードやラグのフリンジなどの巻き込んで異常を感知することができるそうです。もし巻き込んでしまったとしても、逆回転してからまりを防止することができるという強者です。

また、外出先にいながらもスマホで操作できるものまで発売されています。

さらに絨毯やカーペットなど毛が深いものでも吸い取る吸引力は協力になって、ダニなども吸い取ることが可能となっていて、進化を遂げています。

 

 

「買ってよかった!」子育て、共働き家庭におすすめします!

我が家のはルンバ770でしたが、今はいろんな会社からたくさんロボット掃除機が販売されています。値段もそこそこします。でも、値段以上に時間に余裕ができたり、子どもと一緒に部屋を片付ける習慣ができたりいいことはたくさんあります。掃除をしなくちゃというストレスも減りますよ~。

子育てってお金には換算できないけど、とても大変なことです。また、共働きなんてしてたら家のことをすべて完璧にやろうなんて力を入れたら、必ずどこかへしわ寄せがくる可能性も。

そんなに頑張らなくていいと思うんです。どこかでちょっと力を抜いて息抜きしながら子育てしたり、仕事をしたり。そうするともっともっと子育てにも仕事にも力がいれられるようになる。そう、私は信じてます。

もし、検討しているおうちがあったら胸を張っておすすめしたいです!!子育て、共働きのご家庭の強い味方です。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。