三郷花火大会2017!日程・駐車場は?穴場スポット5選はここ!!

スポンサードリンク



おてんばママ
三郷の花火大会ってかなり規模が大きいって本当?!

本当です!

毎年、三郷の花火大会は江戸川をはさんで隣にある流山の花火大会と同時開催になっていてかなりの迫力なんですよ~!

それぞれ趣向を凝らした花火なので2大会同時に見れるのはかなりラッキーといってもいいかもしれません。

三郷ならららぽーとやIKEAで楽しく買い物した後に花火を楽しむっていうコースもあり!!

それでは三郷の花火大会の日程や駐車場、穴場スポットについて子供と一緒に行くときのポイントを交えてご紹介します!!

 

8月17日追記→8月18日追々記

連日の雨で、開催予定地である江戸川河川敷が一部冠水しています(流山側の河川敷も同様)。

主催される方々が一生懸命、設営や安全面を現在調整中。

20日(日)に延期決定しました!(流山市も同様)

20日(日)も雨天・荒天・増水の場合・・・中止

予定地の水が引かない、ぬかるみが残る可能性が高いため、15時からのステージイベントと屋台ブースは中止となります。

有料観覧席は設置場所を変更予定。

屋台ブースで使用できる商品券は当日、有料観覧席窓口にて返金の手続きをするので忘れずにお持ちください。

 

 

スポンサードリンク



基本情報

名称 第15回みさとサマーフェスティバル三郷花火大会

日程 2017年8月19日(土)

20日(日)に延期決定!

※セレモニー19時~、打ち上げ開始19時15分~
※小雨決行、雨天・荒天の場合翌日の8月20日へ延期

打ち上げ総数 約14000発(流山花火大会と合わせて)

打ち上げ場所 三郷市営グランド(江戸川運動公園)

アクセス(最寄り駅) JR武蔵野線「三郷」駅徒歩5~10分

駐車場 なし

シャトルバス なし

有料席 あり

屋台 あり

 

それでは詳しく見ていきましょう!

みさとサマーフェスティバル三郷花火大会の見どころ

perfumeの曲に合わせて色合いとかもかなりいい感じに☆

2分30秒あたりと3分40秒あたりなんて音楽とのコラボ感がすごいことに!

花火が音楽の裏のリズムに合わせてバチバチドドーン!といく様子はかなり計算された演出!!

おてんばママ
打ち上げている場所も見えちゃうくらいのこの近距離!!
これはすごい!

遮るものが何もないから河川敷ならどこから見てもこの迫力を体感できるのも三郷の花火大会ならでは。

今年のテーマは「花火はぼくらの手の中にある」

三郷の花火大会の花火は江戸川の河川敷から遮るものが何もない状態で見ることができるので、かなりの迫力なのは事実!

音と花火の打ち上げが同時に体感できるのも見どころのひとつ。

また、目の前で、頭上で間近に見られるのでものすごい4Dでかなりの迫力。

おてんばママ
花火って平面でまるいんじゃなくて、本当に球状なんだ!って実感できます!

クラシック音楽と花火を融合させた音楽花火が見どころです。

屋台が出るほか、午後3時からフリースタイルフットボールやよさこい、和太鼓などのイベントもあってお昼から楽しめることいっぱいなのもおすすめ!!

駐車場情報

公的に保障された駐車場は残念ながらありません。

近隣にはコインパーキングもありますが、午前中でほぼ満車になることでしょう( ノД`)シクシク…

2,3駅離れた場所に停めて、そこから電車で来る、というのが得策かと思われます。

また、三郷駅のとなりになる新三郷駅にはららぽーと新三郷があります。こちらをうまく利用するのもひとつかも?!

住所 埼玉県三郷市新三郷ららシティ3-1-1

おてんばママ
ららぽーとの隣にはコストコやIKEAもあって普段からかなりのにぎわい!日中、ここで買い物を楽しんで、夜は花火を楽しむというプランもありかもしれません。

花火大会持ち物リスト!子連れ便利グッズはコレだ!!

2017.06.05

穴場スポット5選

①早稲田公園

住所 埼玉県三郷市早稲田4丁目4

プールもある大きな公園です。

トイレもあるので安心。近くにはコンビニもあるので飲み物とかアイス!とか花火に必須なものは最低限揃えることが可能!

三郷駅から徒歩15分。

無料駐車場は88台分ありますが、日中はプールのお客さんの利用もあるので花火のときには埋まっている可能性大。

おてんばママ
場所によっては流山の花火も見えますよ~

②江戸川第三運動公園

住所 三郷市早稲田 7丁目地先 江戸川右岸河川敷

野球場が9面、多目的広場が1面、多目的広場兼サッカー場が1面整備されている大きな運動公園です。

花火大会からさらに北へ進むので、三郷駅からは徒歩30分くらいのところにあります。

ちょっと遠いですね~。

無料駐車場も100台ありますが、駐車できるかもわからないし交通規制にひっかかってなかなか帰れないとなるとひどーいダブルパンチを食らうことに。

トイレはありますが、水飲み場などの設備はないので事前に用意して行きましょう!

遅めに行ってもレジャーシートをひいてゆっくり見ることができますよ~。

おてんばママ
会場すぐそばだし流山の花火大会もよく見えるのでおすすめです。

③みさとの風広場

住所 三郷市三郷1丁目8-2

一般公募でこの名前が決まったとか。

素敵ですね!

散歩やサイクリングで来た人が休憩できる場所、という意味合いで作ったようなので、広場自体そこまで大きくありません。

ベンチやトイレがあります。

スロープを下りるとすぐ三郷駅がありかなりの駅近スポット!

おてんばママ
花火の種類によっては武蔵野線の跨線橋があるので見えないものもあります。

④前間小学校付近の農道

住所 三郷市前間197ー1

三郷駅北口から2kmちょっとあるので歩くと30分くらいかかります。

なので、地元の人しかこないかなりの穴場スポットになります!

会場に比べ、花火だけを見に来る人ばかりなので混雑は割と少ないです。

⑤イトーヨーカドー流山店

住所 流山市流山9-800-2

対岸からでもこの迫力!

YouTubeでも花火が球体に見えそうに感じませんか?!

対岸の流山市から見るのでメインは流山花火大会になるかもしれませんが、こちらもおすすめです!

花火大会当日は屋上駐車場が解放され、自由に見ることができます。

トイレはもちろん、飲み物、食べ物も買うことができるので子連れにはかなりありがたい場所です。

ただ会場からかなりの近距離なので、車で来るにはかなり難関!

平和台駅から歩いてここに来る、というのがおすすめです。

有料席は?当日券はある?

有料席は全席自由で1名3,000円(シート付)

全国のちけっとぴあか、セブンイレブンやサークルKサンクスなどのコンビニで購入できます。

チケットはなくなり次第終了となりますが、当日券もあり!

ですが買えなかった場合のことを考えると、購入予定の方は事前に購入しておいた方が安心ですね。

販売期間事前販売

2017年7月1日午前10時~8月18日23時59分まで

当日券

2017年8月19日午前0時~15時59分まで

※売り切れ次第終了

座席

自由席(事前販売) 1席1名 3,000円

現地でチケットと60×90cmのシートを引換

3歳以下は無料

ペア席 1席2名 6,000円

当日屋台ブースで使える500円の商品券2枚付き!

自由席(当日券) 1席1名 4,000円

事前販売と同様ですが1,000円高くなるので、事前に購入しといた方がBEST!

おてんばママ
屋台ブースに近いところで、利便性がいい場所!とHPにも記載あり!

有料観覧席の人専用のトイレもあります!!

利用した方が得策かも!!

お問い合わせ→三郷市商工会事務局

会場案内図はこちら↓

引用元 http://www.tonbi.biz/hanabi/faqk.html

三郷と流山、どっちを見たらいい?

これは正直、こっち!というのがとても心苦しいところ。

ただ、屋台は流山の方がにぎわっているようなので、お祭り感覚で花火も屋台も楽しみたいのであれば流山の花火をおすすめします!

花火を十分に楽しみたい!という方は、断然三郷の花火大会です!

なぜなら見る場所がたくさんあるから!

おてんばママ
田舎育ちの私としてはやっぱり花火はレジャーシートに座ってゆっくり見たい!という気持ちがあるので三郷の花火大会をおすすめしたいですね!

どちらも迫力満点なのは間違いないので、行きやすい方にまずは行ってみるのが一番だと思いま~す。

さいごに

2市同時開催ということもあってかなり迫力満点の三郷の花火大会。

個人的にはららぽーとやIKEAもあるから三郷ってかなり馴染み深いところなので、今年はぜひ足を運びたい花火大会の1つなんです。

外環も近いし・・・でも外環出るのにもかなりの渋滞になるので車で行くことは避けたいかなって思ってます。

会場は駅からかなり近いので、割り切って電車で行こうかな!

子供も電車とか公共交通機関使うのってかなり楽しんでくれますしね~

電車で行く場合は帰りの電車代、きちんとチャージしておくの忘れずに!(券売機はかなり混みます!切符買うのもチャージするのも事前にしておくのを忘れずに~)

おすすめ関連記事











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠中のこと、産後のこと、保育園のこと、時短生活のこと、共働きのこと、などなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。