赤ちゃんのほっぺのカサカサの原因は?6つのポイントでぷるんぷるお肌に変身!!

おてんばママ
また赤ちゃんのほっぺが真っ赤っかでカサカサになっちゃったよ、どうしよう?なんか塗るべき?こまめに洗った方がいいのかな?

そんな悩みにぶち当たったあなた。

急いでいろんなもの塗らないでくださいよ~!

こまめに洗いすぎないでくださいよ~!

赤ちゃんの肌は大人に比べてものすごいデリケートなんですから。

 

三女は生後1カ月頃から始まった乳児湿疹。

どんどん悪化していく三女のお肌にどうしていいかわからない日々でした。今はだいぶよくなってきましたが、それも日々の努力があってのこと。

ではでは、赤ちゃんのほっぺのカサカサ・ガサガサをはじめ、カサカサの原因、赤ちゃんのお肌のこと、ぷるんぷるんお肌になるための6つのポイントについてまとめてみました!

スポンサードリンク



カサカサの原因

原因はいろいろ。

 

  • 気温や体温にも左右される
  • 乾燥という刺激
  • 新陳代謝が活発だからこそ汗による肌への負担
  • 紫外線による日焼け
  • よだれ・食べこぼしによる刺激

 

などなど、挙げればきりがないほど!

冬だから、と乾燥する時期限定なわけじゃないんです!

いろいろな刺激から肌を守る力も未熟だから、「拭く」という行為だけでもすぐに赤くなったりカサカサしたりガサガサにしたり。

赤ちゃんのお肌のことをもっと知れば、解決策が見えてくる!ということで、赤ちゃんのお肌についてまとめてみました!

赤ちゃんの肌

赤ちゃんの肌ってぷるっぷるんしてて常に潤っている感じしますよね。

でも、それは大きな間違い!

生後2ヶ月頃からの赤ちゃんの肌は

 

  • 大人の半分くらいの厚さ
  • 皮脂量は大人の1/2以下
  • 肌の中の水分量は2/3程度
  • 肌を守る力が未熟

 

なんです!!

細かく見るとまだまだ出てきそうですが(;^_^A

そして徐々に徐々にお肌を守ってくれていたママのホルモンも減ってくるのでよけいに肌トラブルを起こしやすい!

ひょえ~!触ってもいいのか悩んでしまうくらいデリケートなんですね~(生まれつきお肌が強い子もいればそうでない子もいるのは確かですが)。

そして、カサカサ・ガサガサしているためになんとかしてぷるんぷるんの肌を取り戻そうと頑張っているママも多いです。

しかし。

おてんばママ
赤ちゃんのためにいろいろ頑張っているのに・・・

そう、

その頑張り方を間違えている人が多い

のです!

私もその一人で、頑張っていたのにその頑張り方を間違っていたので三女の皮膚トラブルが起きてから落ち着くまでに9ヶ月かかりました。

というか、現在も悪化しないようにせっせとケアしているわけですが。

では、どういった対策・ケアでお肌を守ることができるのかまとめたのでご紹介します!

 

お肌を守るには?

肌の水分を奪われないように

保湿を心がける

これが一番なんだそうです。

肌がカサカサ、ガサガサしていたら、すでにそこの部分は皮膚バリアが破壊されている証拠!

かかりつけの小児科の先生にはこんなことを言われました。

かかりつけ小児科医師
肌のカサカサしているところというのは、皮膚バリアが壊れちゃってるところ。

そこからどんどんばい菌やアレルギーの原因となるものが入りやすくなって実際に入ってしまうと、皮膚の状態はもっと悪くなっていくし、アレルギーになると言われているんですよ

おてんばママ
えぇ!アレルギー?!
かかりつけ小児科医師
そうなんです。

アレルギーっていうのは口から入ってくるんじゃなくて、肌のカサカサしてバリアが壊れているところから入ってアレルギーになる、という研究結果が発表されているんです。

カサカサの乾燥を防ぐことも大事ですけど、アレルギーにならないように守ってあげるという意味でもお肌を守ってあげることは大事なんです!

おてんばママ
ひょえ~、初めて知りました~。

勉強になります!

知ってました??

お肌を守ることはアレルギー体質になるのを防ぐことにもなるんですね!

では、お肌を守る=保湿をするってどう心がけたらいいんでしょう?

保湿を心がける6つのポイントをまとめました!

 

保湿を心がける6つのポイント

  1. お肌はできるだけ清潔を保つ
  2. ローションや保湿クリームを塗る
  3. お風呂上りはすぐに保湿
  4. 洗うときはたっぷりの泡で洗う
  5. 衣類や寝具は肌に優しいもの
  6. 湿度は50~60%

では、詳しくみていきましょう!

 

①お肌はできるだけ清潔を保つ

これは常に心掛けているママ、多いはず。

食後やミルク、授乳のあとはきちんと汚れを拭く。余裕があれば塗れたガーゼで優しく「ぽんぽん」と拭く。

それだけでも違います!

よだれがべたべたついているのもできるだけこまめにきれいにしてあげるといいねですね。

あと、いつまでも汚れたスタイを使い続けない。これも鉄則!

おてんばママ
次女はよだれがすごく多かったので、2枚がさねで1にち5~6枚は交換してました(;^_^A

 

②ローションや保湿クリームを塗る

考え方はママがお肌の手入れをするのに化粧水と乳液を使うのと同じ。

ただ、赤ちゃんのお肌はすっごいデリケートなので使うものは肌に優しく、自然なものなんかを選んであげたいとこ。

安全・安心!とうたっていても赤ちゃん自身に合うものか見極めることも重要。

使う前にママが試してみたり、赤ちゃんに使うときにはまずは二の腕や太ももの内側に少し付けて1日様子を見てみるのもいいですねぇ!

おてんばママ
お試し用の少ないものから始めてみるのもポイント!

合わなければすぐ止められるし!

合わなくて心配なるようだったら皮膚科に相談しに行くのもあり。

何がいいかわからずいろんなものを塗り過ぎるのもよくないので、1つずつ根気強く使っていくのが大事です。
おすすめのスキンケア用品↓

赤ちゃんの腕の湿疹や足首のカサカサ!肌トラブルから守るファムズベビー口コミ!!

2017.06.01

③洗うときはたっぷりの泡で洗う

ママたちが洗顔するときと一緒!

たっぷりの泡でくるくる洗うイメージ。

ごしごししたり、何回も洗ったりすると肌に大きなダメージになるうえに必要な皮脂も洗い落としてしまうからNG!

ボディーソープは低刺激、潤い成分を含んだもの、弱酸性なんかを選んであげるといいですよ~

おてんばママ
お肌が強くなった子でも季節の変わり目や体調を崩した時には肌はカサカサになることがあるので、子供の状況を見て使い分けるのもいいですね!

ほっぺなどお肌のかさかさが悪化した時

毎回石鹸で洗う必要なし!

週2,3回たっぷりの泡で洗って、他は湯船につかって汚れをうかせてしっかり落とせばそれで十分。

④お風呂上りはすぐに保湿

お風呂上りはどんどん水分が蒸発する状態になりますΣ(゚д゚lll)ガーン

なので、おむつをとりあえずはかせたらすぐにスキンシップ兼ねて保湿クリームやローションを塗ってあげるとgood!

おてんばママ
三女は高速ハイハイで逃げるので「待て待て待てぇ~」と追いかけっこしながら塗ってます。今ではお互い楽しい習慣に。

 

⑤衣類や寝具は肌に優しいもの

オーガニックがいい!とかいろいろ言われていますが、綿100%が一番!って個人的には思います。

そして適度に着替える!そして洗う!!

洗濯物が増えて大変ですけど、経験上、それがお肌にはいいって実感してます。

おてんばママ
追及すると洗剤とかも気になりますが、まずは使うものに注目するだけでもかなり変わりますよ~!

 

⑥湿度は50~60%

よく気温のことは言われますが、湿度も重要

かさかさになりやすい赤ちゃんの最適な湿度は50~60%

通常だと40~60%なのでやや高めなんですよ~。

低すぎると乾燥がさらに悪化するだけでなく、風邪のウイルスが元気になって増えてしまったり、逆に高すぎるとダニやカビが発生するので要注意!

 

さいごに

三女はとにかくカサカサ、ぷつぷつがひどかったのでかかりつけの小児科の先生には

かかりつけ小児科医師
理想は3時間ごとに保湿してあげること。でもそれは難しいことだからお昼には最低1回、余力があればもう一回ってとこかなぁ。

と言われました。

3時間ごと!?

朝晩の薬を塗るだけでもけっこう大変なのに・・・。

そんな私の心の声を察したのか

かかりつけ小児科医師
無理しなくていいんですよ~。朝晩頑張ってますから。それだけでも赤ちゃんにとっては大事なことなんです

と励まし?ともとれるお言葉をいただきました(;^_^A

でも、三女の場合は頑張れば頑張っただけ効果は実感できるので、朝晩の2回最低限薬は塗って、お昼に1回、元気が残っていれば夕方にも1回保湿を心がけている現状です。

保湿に頼るな!とかいうお医者さん(実際受診もして治療しましたが)もいますが、私は三女のかかりつけの先生を信じて三女のお肌を守りたいがために保湿を続けています。

保湿をすることはかなりのスキンシップになるし、肌の状態で子供の体調もわかるようになってきたので、私個人の意見としてはいいことがたくさんありました。

保湿剤の合う・合わないの見極めも難しいですけど、それ以上にいろんなものを塗り過ぎたり、良かれと思って洗いすぎるのは赤ちゃんのお肌にはかなりの負担

高い保湿剤なんか買わなくても、衣類や寝具を見直したり、石鹸での洗い方なんかを改めてみるだけでよくなってくるんです。

あなたのちょっとした気遣いで赤ちゃんだからこそのあのぷるんぷるんしたお肌を取り戻すことは可能なんです!

ぜひ、参考にしていただければと思います!

 

おすすめしたい関連記事

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

5歳、2歳、0歳の3姉妹のママ。現在育休中。来年の春に職場復帰予定。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠中のこと、産後のこと、保育園のこと、時短生活のこと、共働きのこと、などなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います。