六義園の桜2018!日程・見どころ・大名庭園のライトアップは?しだれ桜は今年もすごい! 

おてんばママ
六義園の紅葉もきれいだけど、桜もきれいらしいよ!ライトアップもかなり幻想的だっていうじゃん?!

今から300余年前、五代将軍・徳川綱吉に仕えていた柳沢吉保という人物をご存知でしょうか。生類憐れみの令を発信したり、元禄文化を開花させたりなど、その政治的手腕は高く知られています。

その吉保が綱吉に与えられた土地で自らのデザイン、指揮により庭園を作り始めました。7年かけて造園された庭園「六義園」(りくぎえん)。紀州和歌の浦の景勝や、古今和歌集に登場する名勝を八十八境として反映させており、今では国の特別名勝として指定されています。

おてんばママ
人工的に山や池、水流など作り上げ四季折々に木々や花の名所として有名なんですよ~

この春の時期、六義園では迫力あるしだれ桜を演出するイベントが行われます。六義園の桜まつりと期間中の「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」。では、その日程や見どころ、混雑状況などについてご紹介していきます!

スポンサードリンク

六義園桜まつり2018!基本情報

まずは基本情報からご紹介しましょう!

六義園桜まつり2018!基本情報

日程 平成30年3月21日(水祝)~4月5日(木)
※しだれ桜の見ごろもその年の気温によって変わりますがだいたい同じ時期になります、

開催時間 9:00~21:00(最終入園は20:30まで)

イベント会場 六義園

住所 東京都文京区本駒込6-16-3

アクセス 
【電車】
JR山手線 駒込駅下車 正門まで徒歩7分
東京メトロ南北線 駒込駅下車 染井門まで徒歩2分 正門まで徒歩7分
都営地下鉄三田線 千石駅下車 正門まで徒歩10分
期間中は染井門が開門されます。
※16:30以降に立ち入り制限区域あり

【車】
最寄インター
首都高速5号 池袋線  南池袋 護国寺 東池袋

駐車場
駐車場はありませんので近隣の駐車場をご案内します。

タイムズ文京グリーンコート 営業時間6:45~24:00 114台収容
平日 15分100円  最大1,200円 日祝日 15分100円

タイムズ本駒込第15 24時間営業 12台収容
30分 300円 8:00~22:00まで最大1,200円

リパーク本駒込5丁目第2 24時間営業 22台収容
30分 300円 最大 1,600円

入場料金 
大人(中学生以上) 300円
65歳以上 150円
小学生以下・都内在住在学中学生 無料

園内は酒宴とペットの入園は禁止されています。

問い合わせ 六義園サービスセンターTEL03-3941-2222

では、六義園桜まつりの見どころについて、ご紹介していきます!

六義園桜まつりの見どころ

園内にはソメイヨシノとしだれ桜、あわせて約40本あります。特に正門近くにあるメインのしだれ桜は、樹齢約60年、高さ15m、幅が20mあり、3月下旬に満開となれば大きな枝振りから流れるように花びらが沸き上がり咲き誇ります。

いろんな角度から撮影してもきっときれいに映えるでしょう!

庭園ガイド

六義園ではボランティアの方が庭園のガイドさんをしてくれます。
期間中の11:00~と14:00~(約1時間) 参加費は無料。
サービスセンター前、または染井門売札所前に集合です。
歴史のある大名庭園ですからぜひ聞いてみたいですよね。

桜開花状況専用電話

期間中は桜の開花状況を24時間自動音声で聞ける専用電話が設置されています。
TEL03(3941)6277
これを聞いて満開でのお花見を狙いましょう。

そして夜になると特別なことがあります。

六義園「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」

時間:日没~21:00
江戸時代の憧景そのものの六義園をライトでショーアップ、
園内が日中とはまた違う世界に変わります。
夜の六義園を散策してみるとその時代の造園の素晴らしさを新たに発見できるかもしれません。
そして幻想的な風景に見とれてしまいます。

特に六義園のしだれ桜、空から流れて降ってくるような満開の花びらは美しさと生命力を強く感じますね。
昼間も薄紅色で美しいのですが夜桜もまた見ごたえが充分にあります。

特設茶屋「さくら茶屋」

期間中 11:00~20:00 ラストオーダー19:30
会場 けやき広場
甘酒やおでん、抹茶ジェラートやさくらジェラートなどのメニューが人気の期間限定茶屋です。夜間は園内のライトアップとともにプロジェクター映像も楽しめます。

「抹茶茶屋」

吹上茶屋 9:00~20:30 ラストオーダー20:00
心泉亭 10:30~20:00 ラストオーダー19:30
どちらの茶屋も庭園に面していたり庭園の中にあります。
お抹茶と上和菓子のセットを素晴らしい造園を優雅に眺めながら楽みませんか。

スポンサードリンク

混雑状況は?回避できる時間はある??

六義園、やはり人気があります。特にこの期間の例年の人出は約20万人。特にライトアップの時間は混雑要注意ですね。

入場券の購入のために待ち時間が1時間になることも。スムーズに入園するにはライトアップ時間、日没前5時くらいまでだと混雑は比較的避けられるでしょう。

お土産情報

六義園の吹上茶屋にはオシャレなお土産が販売されています。

六義園オリジナル手ぬぐい

柳沢吉保の家紋モチーフや六義園の四季の植物を色鮮やかにプリントしたものなどここでしか買えない限定品です。

一筆箋

こちらも六義園の四季折々の花や木々をモチーフにした情緒豊かなアイテムです。

そのほか、オリジナルの人形焼、ようかん、せんべいなどの和菓子もご家族やお友達へのお土産として喜んでもらえそうです。

さいごに

3月も下旬になると少しずつ暖かさを感じる季節になりますね。
いよいよ春も本番です。
すばらしい六義園の桜と由緒ある日本庭園で気分もリフレッシュして楽しんでみませんか。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^