ジャムの瓶の詰め方とは?脱気の方法と瓶以外への保存の仕方!!

何のジャムを作るのかから始まり、容器を選んだり、消毒したりと、色々手間がかかるジャム作り。ですが、出来上がった時の達成感や、自家製のジャムをパンに塗って食べる楽しさは、味わうと抜けられなくなりますよね。

今回は、その手作りジャムを作った時の瓶への詰め方や、脱気の方法、瓶以外での保存の方法についてお話ししていこうと思います。

スポンサードリンク

脱気の方法

~瓶の詰め方~

まず、ジャムを入れる瓶ですが、買ってきたもしくはお家にあったものを煮沸消毒しましょう。煮沸消毒というのは、ご存知かもしれませんが沸騰したお湯の熱で、瓶を殺菌することを言います。

蓋も外してしっかり洗って煮沸しましょう。パッキンなどがあれば、一つ一つ外してくださいね。

さて、ジャムの詰め方ですが、煮沸をしてからしっかりと乾かした瓶に、煮えて熱々のジャムを入れていきます。瓶いっぱいになるくらいまで入れたら、軽く蓋を閉めます。

ここでがっちり蓋を閉めてしまうと、煮沸する時に蓋が飛ぶ可能性があるので、軽めにしましょう。

また、ジャムの量が少なくても、蓋が飛ぶ原因になりますので、いっぱいいっぱいになるまで詰めましょう。

感覚としては、空気が入らないくらいがベストです。

~脱気の方法~

瓶の蓋を閉めたら、鍋で20分ほど瓶ごと煮沸します。20分後、瓶を取り出したら、すぐに蓋を緩めて圧を逃がしましょう。

この圧を逃がすことを「脱気」と言います。

上手く脱気できると、炭酸飲料の蓋を開けた時のように「シュッ」という音がします(しない場合もありますが、失敗ではありません)。脱気をしたら、冷暗所で保存しましょう。

瓶以外の保存方法

ここまでは、瓶での詰め方をご紹介させていただきましたが、タッパーでもできなくはありません。ただ、プラスチック製のものは、内側に見えない傷があったりして、そこに雑菌が潜んでいるパターンが多いそうです。

こちらも、ガッツリ消毒すれば問題はありません。

また、ジップロックのようなものでもできなくはないようです。このタッパーやジップロックは、ジャムを入れながら煮沸するのとは少々違うようです。こちらは、出来上がったジャムをそのまま入れて、冷やしていく形になります。

また、タッパーよりもジップロックのようなものの方が衛生的には良いようです。

保存期限

ここまでくると、気になるのは保存期限です。できたジャムは、冷凍保存すれば長く保存できるようですが、基本的に開封前は半年、開封後は1カ月以内に食べきるのがベストなようです。砂糖の量によって変わるようですが、早く食べきるに越したことはなさそうですね。

ジャムはカビが来やすい食材でもありますので、開封後はササっと食べてしまいましょう^^

小さい子供がいる場合注意したいこと

最後に、小さいお子さんがいらっしゃる場合、お子さんが寝ている間か、近くにいない間に作るようにしましょう。大丈夫かとは思いますが、万が一、蓋が飛んだり、容器が割れたりしたときに大やけどを負う可能性がありますので、注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

文字にしてみたら簡単そうですが、この瓶詰め作業は常に高温のものを扱うので、やけどに注意する必要があります。タオルでも大丈夫かもしれませんが、軍手はあった方がいいかもしれませんね。

また、瓶以外の保存方法もご紹介させていただきましたが、長期保存をしたい方は、瓶の準備をしておきましょう。作った時に瓶がなかった!そんな時は一時的にタッパーに保存しておいて、改めて買ってきた瓶に保存するのもありなようなので、試してみてください。こちらのパターンで瓶詰めする際にも、煮沸消毒や脱気は必要なので、そこだけ注意してくださいね。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^