流し雛の由来はこれ!歴史や祈願、地域ごとのスタイルは?

春の始まりに行われる「流し雛」(ながしびな)をご存知でしょうか。

現在のひな祭りの原型といわれている平安時代から親しまれている行事、風習です。国内各地でイベント、行事、お祭り、神事として行われています。

別名「雛流し」(ひなながし)、雛送り(ひなおくり)とも呼ばれていて、地域によっては「流しびな」「雛ながし」などひらがなで表示されることもあります。日本にはいくつか雛流しが盛んな地域があります。そういったところでは3月3日のひな祭りよりもポピュラーな存在かもしれません。

流し雛とは和紙で作った雛人形、またはリアルな雛人形を各地の水辺に流し、災厄祓いや子ども、女性の健康や成長を願ったり、地域の平和や豊作を祈ったり、方法や祈願もさまざまです。

というのも、実はこの流し雛にも由来がありまして、それが地域によって枝分かれしており、地域それぞれの現在の形になっています。

今回は「流し雛」の起源から由来、歴史、どのような移り変わりの中で現在のスタイルや願いになっていったのかについてまとめてみました!

スポンサードリンク

「流し雛」の由来とは

「流し雛」は各地での成り立ちも様々なのですが、現在分かっているところでは古くは中国の行事からきているといわれています。

「巳の日の祓い」

古代中国では季節の節目3月3日に「上巳(じょうし)の節句」または「上巳節」(じょうしのせつ)に水辺での行事がありました。これは男女問わず全員の幸福や無病息災を祈願する、邪気を祓うといったものです。

この日に水辺で食事をしたり水に入ったりして穢れを清める(水に流す)禊の風習でした。これが平安時代に日本に伝えられます。

平安時代の身代わり信仰と厄除け

中国から伝わったその風習はもともと全国の神社でも続く「大祓」、「人形代(ひとかたしろ)」という儀式の身代わり信仰と結びつきました。上巳の節句に「人形(ひとがた)」または「形代(かたしろ)」という草や紙で出来た人形で、身体の悪いところを撫で、息を吹きかけるなど内面の穢れや罪なども移します。

それを身代わりとし海や川などの水辺に流すお清めの行事です。

またその日は薬草を摘むという習慣もあったようです。

源氏物語の「須磨の巻」の中では光源氏が人形を船に乗せて須磨の海に流したというシーンもありますね。

その後、室町時代に上巳の節句が3月3日となります。

曲水の宴

平安貴族の女性たちの間で曲水の宴が誕生します。

これは世界的にみても初の女性のための行事です。当時の女性の思いというのも平等で平和でありたいということ。私たち人類の普遍的なテーマはやはり時を経て国内に広がっていきます。このときから紙の着せ替え人形「ひいな遊び」が流行っていたようです。それが「ひなまつり」へつながる要素ともなりますが、この時代には「人形(ひとがた)」「形代(かたしろ)」を流す身代わり信仰と「ひいな遊び」が結びつき「流しびな」の原型となりました。

江戸時代の淡島信仰

全国にある淡嶋神社の総本社「加太淡嶋神社」。江戸時代から「流し雛」と和歌山市加太淡嶋神社の「淡島信仰」と関連が深くなります。

淡島信仰とは

淡島の神は十六歳のとき結婚をしましたが、婦人病にかかってしまい船で淡島に流されたと、その後に淡島で「雛あそび」の原型となるものを巻物で作っていたという説や、神功皇后が船で凱旋の際に海上での遭難にあいそうになったとき神に助けを祈り無事に淡島へとたどり着き、神への感謝の気持ちをこめて宝物を神殿に収めたという説があります。

いずれも女性の神様であること、3月3日に淡島へたどり着いたということです。

そういったことから紀州の淡嶋神社は、女性特有の病や思いにご利益があるという「淡島信仰」を当時の淡島願人が全国に広めていったものといわれています。歌舞伎の中にも淡島願人のそうした活動が残っており、全国に淡島神社や淡島堂などが増えていきます。

そうして江戸時代は職業や身分を問わず多くの女性に篤く信仰されていきます。

昔から女性の願うことは身体の悩みはもちろん、子どもの成長や家族の健康、家内安全など想いはみんな同様だったのでしょう。

また地域によっては神社まで参拝が出来ない女性も多かったので代理で淡島願人がお布施を集めて祈願をしたり、いずれ淡島に流れ着くようにと川や海に雛を流すようになったということです。

「淡島さんに行ってつかんせい」

こういう言葉が残って雛流しをする地域もあります。

3月3日という点では他にも「淡嶋神社の雛流し」にあるような由来もあります。またひなまつりの雛人形が男女1対であることは、加太淡島神社の御祭神が夫婦であったことからも由来しています。

流し雛は形や伝説も加わりながらそうした形で全国に広がっていきます。同時に江戸時代は「紙での雛あそび」から「人形の雛あそび」へと、そして現在の装飾的役割の雛人形が盛んに作られるようになります。

そうすると古くなったり壊れたりした雛人形の処分の問題も出てきます。

淡島の雛流し


淡島神社ではそのような人形を供養し「雛流し」「雛送り」という行事で、雛人形に感謝の気持ちをこめて神の国に送り出すという行事が始まりました。

淡島神社では当時も今もそうとうな数の人形が集まっていますよね。そのあたりから「流し雛」という名称で呼ばれるようになったとのこと。

(ただしこの時点ではまだ個人でそれぞれで行っていたようです)

淡島神社ではリアルな雛人形をちゃんと供養して見送りますが、同時に地方では本来の雛流しの原型「人形(ひとがた)」や「形代(かたしろ)」を身代わりとして、身を清める意味とこの淡島信仰が合わさったものとなっていきます。

シンプルだった「人形(ひとがた)」や「形代(かたしろ)」はお内裏様とお雛様のモチーフになっていくのです。このころから現在の「ひな祭り」と今でも伝統的に続く「流し雛」と行事としての枝分かれが見られます。

そうして現在の「流し雛」の各地のスタイルになったのは時代を経て案外近代の昭和の時代以降に盛んになっていくのです。色んな要素が絡まりながら産まれた現在の流し雛、淡島信仰を受けたところやその歴史によって、その場の空気感や思いも様々な形になっていきます。

では、日本全国、どんな流しびなのお祭り、イベントがあるのかご紹介します!

スポンサードリンク

地域によってのスタイル

①総本山である淡嶋神社の雛流し

全国から集まった供養された本物の雛人形を神事として海に流します。いまの形は昭和37年以降とのこと。

詳しくは淡嶋神社雛流し2018!日程・見どころは?ひな祭り由来はここにあった!の記事をどうぞ!

②鳥取市用瀬の雛流し

国内で特に有名なのは無形民俗文化財指定の鳥取「もちがせ流しびな」。こちらも淡島信仰と結びついています。

紙でできた雛人形と、お供え物を桟俵にのせて千代川(せんだいがわ)に流します。また町を挙げてひな祭りに特化しており見所もたくさんあって、風習とおまつり両方の要素を持ち合わせます。

用瀬では紙雛の生産地、商業地であったことから独特の発展の仕方をしています。千代川流域の因幡地方の雛流しも同様です。

詳しくはもちがせ流しびな2018!日程や見どころは?お土産やおすすめスポットもご紹介します!!の記事でご紹介しているのでどうぞ!

③下鴨神社のひな祭り

歴史ある神社にてひな祭りの神事の中で行われます。桟俵に紙の雛人形を、境内の御手洗池から御手洗へ流す神事。

厳粛な神事から平安時代の十二単の着付けショーなどイベントの要素もあります。

一般参加もできるので下鴨神社流し雛2018!日程・見どころは?観光客参加情報はこちら!の記事を参考に、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

淡島信仰の流れからの流し雛

  • 和歌山県粉河
  • 奈良県五条

紙雛を雛人形と一緒に飾った後に竹の皮の船などに乗せ、淡島の神様へ願いが届くよう、淡島に向う紀ノ川へ流します。

  • 岡山県笠岡市北木島

笠岡市の重要無形民俗文化財に指定されています。旧暦三月三日は潮の流れが紀州加太へ向うとされており隣近所をみんなで行いました。

麦わら製のウツロ船に紙雛を乗せて『どうぞ無事に淡島さんへいんでおくれ』と祈りながら海へ流します。

  • 広島県大竹市

市内の河川にて各家庭「雛去なし」「雛送り」といわれる行事が行われていました。ここでは古い雛人形や壊れた雛人形を流しており「淡島さまへ流れ着いたら元通りの姿になって返ってくる」ということで板に貼り付けてお供え物などと一緒に見送っていました。

  • 福島県大沼郡金山町西谷

小学生の女の子がいる家庭で紙雛を作り宿元に集める。その後淡島様へ無事に届くようにと紙の船頭人形を一緒に舟に乗せ、只見川に流します。

  • 五條市南阿田の流し雛

家族内の女性の数だけ紙で人形を作り竹の皮の船に乗せてまずは雛飾りのひな壇下に飾りお供え物をする。そうして次の日に吉野川で流します、

主に加太の浦のある太平洋沿岸に位置する、もしくはそこへ流れる河川のある地域にて雛流しは行われていますね。

最近始まったイベント要素の高い流し雛

ひなまつりイベントとして伝統行事と心身の健康を願う優しい気持ちの継承などを目的に始まったものも多くあります。

隅田川 江戸流しびな

紙の雛人形セットを隅田川に流します。海外の観光客も多く訪れ都心の活気あるイベントです。

場所柄、観光スポットからも近いので、こちらに観光がてら江戸流しびな2018!日程・見どころは?参加方法や駐車場情報はこちら!に参加してみるのもいいですね!

その他

  • 鳥取県倉吉市
  • 埼玉県岩槻市
  • 兵庫県龍野市

山口県下関市、萩市など、さまざまな場所でおこなわれています。また、東北地方では昭和に入り多くの淡島信仰のモニュメントが作られているそうです。

意外と近所に雛流しの風習が残っていたり、新しく実施されたりしているところがあるかもしれませんね。

雛流しでの祈願

雛流しは「流し雛のルーツ」にあるように雛流しを行うことの祈願は時代や地域によって

枝分かれしていきます。

  • 穢れや罪を託して厄除けやお祓いをする
  • 女性の病気回復や幸せを願う、淡島信仰によるもの
  • 女のお子様の健康や成長を願う
  • 家族の災厄をお祓いをする
今では大切な人や自身の厄除けや健康、平和を願う、といった広い意義のあるものとなっています。

さいごに

流し雛の由来、いかがだったでしょうか。

調べてみると歴史は古くとも変わらない人間の愛情を感じずにはいられませんね。昔も今も、またどんな立場や身分であれ女性の想いというものは変わりません。

我が家は特に3姉妹。しっかりと大事にしていきたい行事であることを実感しました。

さて、今年は江戸流しびなにでも行ってみようかな!











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^