ホワイトデーの発祥の地とは?子供にわかりやすく説明するには?大人もこれで間違いなし!!

長女の友達
ホワイトデーってなぁに?お菓子を食べる日なの?

保育園で仲良しの男の子に、バレンタインデーでチョコを渡した長女。

長女
ホワイトデー楽しみにしてるね!

なんて言ったもんだから、もらった男の子の頭の上には「ホワイトデーって何?」という大きなはてなマークが(笑)

バレンタインデーにチョコをもらったお子様ならなおさら聞くかもしれませんよね。よく考えたら、ホワイトデーって何か、私自身よく知らないかも。子供に聞かれても

バレンタインデーのお返しをする日、ということ以外に何も答えられない・・・

と気づいちゃったんですよね。

私のように、うーん?と悩まずに、子供に対してすらすら答えられるよう、今回はお手伝いいたします♪

スポンサードリンク

ホワイトデーが生まれたのは日本!

バレンタインのお返しをする日。と考えたのは日本の福岡の老舗お菓子店です。

バレンタインに女性からチョコレートをもらうのに、どうして男性はお返しをしないんだ!という考えからだったそうです。

そこで思いついたのがこちら。

「チョコレートをふんわりと包むって意味でマシュマロを返そう!」

ということでした。

愛を優しく包みこむという意味です。

そのため「マシュマロデー」というホワイトデーになる以前の名前が付きました。

お子様に説明するときは、ぎゅーーと抱きしめてあげてみると説明しやすいかもしれませんね。

おてんばママ
こうやってチョコレートを包んであげるからマシュマロなんだよ~!

なんていうとスキンシップにもなるし、園でもやってくれるかもしれませんね^^

マシュマロデーからホワイトデーになるまで

しかし現在では「ホワイトデー」という名前になっただけではなく、「マシュマロを渡すのは嫌いという意味」とまで言われてしまっていますよね。一番最初はマシュマロデーだったはずなのに・・・。

ホワイトデーのお返しの意味についてはホワイトデーお返しの意味とは?相手の思いがわかる一覧必見!をどうぞ!

皮肉なもので、お返しをすると全国に広まったのは、全国飴菓子業協同組合という飴ちゃんの製造会社が広告宣伝で「ホワイトデー」を打ち出してからです。

この「ホワイト」は飴を作るときに使う砂糖の色から来ていると言います。

その他にも、白は幸運を呼ぶ、縁起が良い、純白はさわやかな愛にピッタリなど色々な理由から「ホワイトデー」になりました。

なぜ、マシュマロは「嫌い」の意味になったのか

正直、これにははっきりとした理由がありません。一部には大人の事情があると噂ですが・・。

本来の意味は先にもお話したように「あなたの愛を純白の気持ちで包みます」という素敵な意味なのですが、嫌いというのはどうやらマシュマロ本来の特徴から来ているようで、「口の中に入れるとすぐになくなる」「フワフワしている」「あなたの愛を包んでお返しします」という意味が現在ではあるみたいです。

マシュマロ、美味しいですし、あの優しい色合いがとても素敵だと思うんですけどね・・。

ホワイトデーは海外にはないもの

元々、礼を重んじる日本ではもらったら返すという習慣がありますので、その習慣から生まれたものが「ホワイトデー」になります。

海外ではバレンタインデーがプレゼントを「交換する」という習慣なのでお国柄ですね。

まとめ

ホワイトデーには色々ないわれがありますが、日本発祥そして、最初はマシュマロデーだったというのは意外と知られていませんね。

マシュマロ好きなお子様も多いので、決して「嫌い」なんて意味をそのまま教えないようにしてください♪

日本独特の文化から生まれたホワイトデー。大事なのは礼儀!

ホワイトデーはマシュマロデーなんだよ~とぎゅーとしながら教えてあげてください^^

また、旦那さんとはホワイトデーに夫婦で観たい映画とは?新婚気分を思い出すおすすめ5選!でも見て、ラブラブしてみるのはいかがでしょう?!

しかし、大人の事情って色々シビアですね・・・











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^