子どものお箸はいつから?持ち方やを教え方のコツを押さえて楽しく挑戦!

おてんばママ
全く箸に興味をもたないし、いつから箸に挑戦したらいいんだろう?

大人になって当たり前にお箸を使ってますが、子どもにお箸を教えるのはいつがいいのだろう?と考えたことはありませんか?

自分の子どもはまだスプーンとフォークだけど、周りのお友達はもう上手にお箸が使うことができてる…と焦っているのは、私だけでしょうか?

我が家の長女は、4歳くらいでお箸が上手に使えるようになったんですが、早いお友達では3歳になるころにはうまく使える子もいて、かなり焦った記憶があります。

次女はかなりのマイペースで、4歳になりましたが未だに箸が上手に使えません。エジソン箸にも挑戦したんですが・・・そううまくいかないのが現実。ただいま絶賛練習中!

できるなら、小学校に上がる前にはきちんとした箸の持ち方を覚えてほしいと思うのですが、そんな同じような悩みを抱えるあなたに!

実際に私が取り組んでいる練習方法や、そもそもお箸はいつから練習したらいいのか、トレーニング箸はどうなのかなどについてご紹介していきましょう!

お箸はいつから始める?

まずお箸の練習を始める時期ですが、特に

何歳からという決まりはありません。

一般的に練習し始めても大丈夫だと判断するなら

箸の練習を始める目安
・スプーンやフォークを下から持てるようになったら

・ピースができるようになったら

・クレヨンやペンが上手に持てるようになったら

の3つのポイントができるようになったら、お箸を使えるタイミングがきたと判断していいでしょう!

長女のときにトレーニング箸の対象年齢が2歳~となっているのを見て「そろそろお箸か…」と少し焦った記憶がありますが、実際に目安であって、いつなんて決まっていないんですよね。

ちなみに我が家の次女は・・・3歳を過ぎてもピースは難しかったですし、お絵描きも殴り書きがほとんどで、最近ようやくさまになってきたのかなって感じです。

お箸の持ち方を教えるコツは?

遊びから始める

お箸の持ち方を教えるには、食事の時間ではなく遊びながら始めるのが一番!

まずは、お箸を1本だけ持たせて人差し指と中指と親指で数字の1を書く要領だ上下に動かす練習からします。

それができるようになったら、下にもう1本入れて親指と薬指で支えるようにして動かす練習をしましょう。

はさむ対象はスポンジが簡単

初めは小さなスポンジを水で濡らして、掴んでお皿に運ぶというような遊びで練習してみてください。

ちょうどいい弾力で、子供の力でもはさみやすいんです。

おてんばママ
もちろん、できたときは大げさと言っていいくらい褒めてあげてくださいね!

時代は変わる!ハイテクおもちゃの登場!!

私が小さいときは大豆や小豆で練習!なんて言ったけど、3歳や4歳、年長さんにはかなりのハードル。

なので、先ほどお伝えしたスポンジや、今ではお箸の練習ができるおもちゃまでありますから、そういったものをうまく活用してみるのもひとつです。

実際に使ってみた!マナー豆

お箸の練習ができるマナー豆というおもちゃ、ご存知ですか?

実際に大人が遊んでみてもかなりハマります(笑)

「子供にまだまだできる訳ない」と見ていたのですが、次女も次女なりに夢中になって遊ぶので、みるみるうちに上達していきました。

今では自分から「普通のお箸を使う!」と自信満々です。

こちらの商品は、小さい子供向けに改良されているのが魅力!

豆自体大きなサイズですし、箸も子供が使いやすい短いサイズになっています。

また、オスとメスで仕分けるゲームなんかもあるので、マナーも学べる上に本格的に楽しめるおもちゃです!

おてんばママ
遊びからこんなに箸に興味をもってくれるなんて予想外で驚きでした。

大人でも箸の持ち方が怪しいという人は、ポテトチップスなんかで練習するといいって言いますよね。手が汚れないで済むし、一石二鳥!

箸の長さは?

上手に使えるようになったらお箸の長さも大切です。

親指と人差し指を直角に広げて、その両指を結んだ長さの1.5倍がちょうどいい長さと言われています。

2歳までなら13cm、3~4歳なら14.5cmが一般的。

お子さんに合ったマイお箸をプレゼントしてあげると喜ぶかもしれませんね。

エジソン箸(トレーニング箸)はよくない?

長女のときは、すんなり箸が使えるようになったので出番はなかったのですが・・・次女のマイペースさにしびれをきらした夫。

パパ
エジソン箸も試してみたら?

ということで、次女はエジソン箸でただいま練習中。

しかし、エジソン箸のようなトレーニング箸を使う・使わないでもかなり議論がされていますよね。

保育士さんに聞いた話では「トレーニング箸は使わない方がいい」とのことでした。理由は

トレーニング箸になれてしまって、普通の箸に戻したとき、また一からになることが多いから

とのこと。

おてんばママ
どっちもうまくできなんだよ!

と、やはり真剣になっている私の心の声ですが・・・あとは本人の気持ちの問題なんでしょうね。

もうすでに使っている!というママもいると思います。でも、それはそれでいいんです!

エジソン箸の方が子供も興味をもってできるなら、それはそれで万歳。どっちにしても変わらないのなら、普通の箸に戻して練習していけばいいだけのこと。

親はいつきちんと持てるようになるのかな?と焦ってしまいがちですが、子供の様子を見て

「そろそろかな」

「まだまだかな」

「もう少し様子をみてみようかな」

「だめもとでもちょっと挑戦してみようか!」

そんなおおらかな気持ちで待ってあげるというのも大切だと、私は考えます。

さいごに

何歳から始めるべき!という決まりがないからこそ、いつから始めたらいいのかって悩んじゃいますよね。

でも、お箸おいつから始めるかは・・・

お子さん自身の興味次第!

焦らなくても親がお箸を使っていたら、自分でも使ってみたいと思うのが子どもです。保育園のお友達がお箸を使っていて興味が出てくる子もいます。

現に、1歳半の三女はお姉ちゃんたちの箸を使っている姿をみて、興味津々!私の使っている箸を奪って、なんとか箸を使って食べられないものかと日々戦っています(笑)

うまい下手問わず、そんな姿がまたほほえましくてなりません。

その時が来たら練習を始めてもいいでしょう。焦って練習させて上手くいかなくて、子供もママもイライラしたら元も子もないですよね。

お箸の持ち方は大人になってからでも、ポテトチップスを使って直そうと思えば直せます(笑)から、決して焦らないであげてください。

ぜひお子さんのタイミングを見て、食事時間を楽しめるようにお箸の練習をしてみてはいかがでしょうか?











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^