高鍋ひまわり畑2018!開花状況やお祭りはいつまで?日本最大の迫力!!

おてんばママ
日本で一番大きなひまわり畑ってどこだろう?

はい、それはこちら!

宮崎県高鍋町のひまわり畑が日本最大のひまわり畑なんです!

その広さ、東京ドーム17個分くらいというから、桁が違ってよくわからない・・・。

日本最大規模のひまわり畑では、毎年8月中旬にひまわり祭りが開催されます。

子供も楽しめるイベントが盛りだくさんですので、開花状況や天気をチェックしながら、ぜひご家族そろって楽しんでいただけたらと思います!

九州のひまわり畑はこちら!
九州には子供と楽しめるたくさんの魅力的なひまわり畑がいっぱいです!

>>九州のひまわり畑2018!子供と楽しめるおすすめ名所11選!!

スポンサードリンク

高鍋町ひまわり祭り2018!基本情報

では、基本情報からご紹介していきましょう!

高鍋町ひまわり祭り2018!基本情報

開花時期 8月上旬

見頃 8月中旬~8月下旬

開園時間 10:00~18:00

花の本数 1100万本

住所 宮崎県児湯郡高鍋町染ケ岡

アクセス 高鍋駅から徒歩約6分

駐車場 あり

シャトルバス あり

問い合わせ先 0983-22-5588

では、例年の見ごろ時期など紹介していきましょう!

開花時期・開花状況は?

開花時期 8月上旬

見頃 8月中旬~8月下旬

高鍋町ひまわり園では、ひまわり祭りが開催されます。2017年は8月12日~13日と8月中旬に行われています。お祭りが開催される時がちょうど見頃そのもの!

お祭りが終わり、数日経つとひまわりは刈り取られてしまうので、遅くてもお祭りが終わる2日~3日後までにはひまわりを見にいくことをおすすめします。

高鍋町ひまわり祭りの5つの見どころ

①日本一のひまわり畑

高鍋町ひまわり園は、日本一の敷地面積を誇ります。なんとその面積80ヘクタール。80ヘクタールに1100万本ものひまわりが咲くのです。ひまわりの咲く数も日本一となっています。

毎年開催されるイベントですが、2日間のみ開催となっています。

②巨大迷路は大人でも難関?!

🐝⋆*。 11日〜15日の5日間はお盆休み🍀 * 高鍋のひまわり畑🌻 はるちゃんいろんなものに興味津々👀 歩きたがるから歩かせたら道がボコボコしてて 転けて歩き回って転けての繰り返し\( ö )/ おかげてはるちゃん土まみれ🤣 来年はハサミと新聞紙持参してこっ◡̈* * ランタンナイト🏮 提灯が気になって仕方なくって すぐ触りに行っちゃうはるちゃん😆💓 レジャーシート広げて座ってたんだけど 勝手に歩きだして知らない人に近づいていって 愛想振りまいて“可愛い〜”言われまくってた👼🏻💓 * 渓谷公園🏔 初めて行ってみたんだけど 水が冷たくって気持ちかった♩◦. はるちゃんも少しだけ入らせたんだけど パシャパシャしたりして遊んでた♪ * 公園ではパパと滑り台で遊んで キャッキャッいいながら すごい笑顔で滑ってきた😆 んもう、可愛い💓💓💓 * いろんなとこにいって はるちゃんの楽しんでる姿みれて 楽しい連休になった〜♩◦. * #8月生まれ #女の子 #陽琉 #高鍋ひまわり畑 #キャベツ畑のひまわり #🌻 #ランタンナイト #🏮 #渓谷公園 #川 #滑り台 #楽しい休日 #幸せな時間 #家族 #love

ૢ n a n a ૢさん(@__nanachon__)がシェアした投稿 –


高鍋町ひまわり祭りの見所といえば、日本一のひまわり畑で行われる巨大迷路でしょう。広すぎて大人でも迷子になってしまう可能性も。そのため、子供連れの方は子供と一緒に迷路に参加するようにして下さい。

迷路は2つ~3つくらい用意されています。子供に戻った気持ちで思いっきり楽しんじゃいましょう!

おてんばママ
所要時間は15~20分です。どれだけ短時間でゴールできるか・・・頑張ってください!

③インスタ映え抜群!会場を一望できる高所作業車あり!!


会場を一気に見渡せる高所作業車搭乗可能!

これはインスタ映えする写真を撮るしかないですね~

低地では見ることのできない、文字アートや巨大ひまわり迷路もこれでばっちり!


引用元:http://www.town.takanabe.lg.jp/tempimg/140806103258201408071117449i.jpg

おてんばママ
花見台の設置もあるようなので、高所恐怖症の方もご安心を。今年はどんな文字アートが見られるのかも期待です^^

④その他イベント盛りだくさん!

迷路の他にステージイベントも行われます。近年では和太鼓の演奏やエイサーなどが行われ、かなり盛り上がりました!

その他、トラクターの試乗や地場産品販売なども行われるので、要チェックですよ!

また、屋根付のキャベツ収穫用台車を休憩所として設置しているのが毎年大好評。ぜひ、休憩に利用してみてはいかがでしょうか?

⑤お持ち帰り可能!

こちらのイベントでは、きれいに咲いているひまわりを誰でも持って帰ることができます。しかも無料です。これは持って帰らない理由がありません。

持って帰りたい人はハサミ、新聞紙、ビニール袋を用意して行きましょう!ハサミやビニール袋などの準備はないようなので持参必須です。

持って帰るつもりがなくても、きれいなひまわりを見れば持って帰りたくなるに決まっています(笑)みんな持っていきましょうね。

ハサミは普通のハサミではんく園芸用のハサミがおすすめ。園芸用のハサミは100円均一でも販売されていますよ~。

おてんばママ
何本までという決まりはないようですが・・・常識の範囲でよろしくお願いします^^
スポンサードリンク

高鍋町のひまわりがきれいに咲く理由はキャベツにあった!

高鍋町ひまわり祭りが行われる染ヶ岡地区は、実は九州屈指のキャベツの名産地なんです。ひまわり祭りが行われた後はきれいにひまわりを刈り取って、キャベツを植えていきます。キャベツはひまわりの緑肥で育つため、甘くておいしいんだとか。

ひまわりキャベツ収穫祭が毎年12月に行われるのでぜひ参加してみて下さい。参加料はかかりますが、キャベツの詰め放題、先着100名様限定でおでんが振る舞われたりなどとっても充実したイベントとなっています。

ひまわり祭りも必見ですが、キャベツの収穫祭も必見です。


おてんばママ
キャベツにちなんだこちらのキャベツアイス、気になります!

混雑状況、駐車場情報

日本一のひまわり畑として知られているため、毎年多くの人が訪れます。県内や近隣の県はもちろん、全国各地からたくさんの人がやってきます。

ですので、周辺道路は毎年混雑します。駐車場に行くまでに時間がかかることも。

また、お祭り期間中は車両規制もあります。

混雑が苦手な人は、電車でのアクセスをおすすめします。

駐車場は?

駐車場は会場内に170台の駐車場を完備しています。こちらの駐車場は有料で(1台500円)お年寄り、障害者優先となっています。

毎年お祭り当日にはルピナスパークに臨時駐車場が用意されます。こちらは無料なので臨時駐車場を利用することをおすすめします。

臨時駐車場ということで、細かい砂ぼこりが舞い上がりやすいところとの情報あり!

車を停めた際には、窓はしっかり閉めてから会場へ向かいましょう!

シャトルバスあり!

会場から駐車場は少し遠いのですが、臨時駐車場からはシャトルバス(往復300円)が出るので歩くのが大変!という方はぜひ利用してください^^

歩けない距離ではないので、涼しければ歩いてもいいかなぁ、と思います。

真夏の炎天下、小さい子供が一緒ならなおさら。無理することなく、シャトルバスを利用するのもおすすめです。

シャトルバス

ルピナスパーク駐車場・めいりんの湯駐車場・高鍋駅

料金往復300円

子連れで行く4つのポイント

①迷子に要注意

敷地がとにかく広いので迷子にならないようにしましょう。特に迷路は子供が走って見当たらないとなるケースが毎年あるようで。小さい子と参加する時は手を繋いで一緒にをおすすめします。

②紫外線・熱中症対策は必須

8月ということでとても暑いです。親も子も帽子は必須。日焼け止めは忘れないようにして下さい。水分補給できるよう水やお茶も用意しましょう。ジュースは逆に喉が渇いてしまいます。道にはところどこと日陰が用意されていますが、空いていない場合もあるので日傘を持って行った方がいいでしょう。

こちらの子供の日焼け止め!正しい塗り方・洗い方・落とし方とは?も参考にして、楽しくおでかけしてください^^

③ベビーカーOK!

高鍋町ひまわり畑は舗装された道を歩いてひまわりを見ることができます。そのため、道も広いのでベビーカーで進みやすいです。

④仮設トイレあり

トイレは園内に仮設トイレが用意されます。駅から来る人は駅で、ルピナスパークから車を停めてくる方はルピナスパークでトイレを済ませてから会場へ向かわれた方が、安心かもしれませんね。

まとめ

高鍋町ひまわり園で行われる高鍋町ひまわり祭りについて紹介していきました。

  • 見頃は8月中旬
  • 毎年8月中旬に高鍋町ひまわり祭りが開催される
  • 80ヘクタールに1100万本ものひまわりが咲き誇る
  • ひまわりの迷路、ステージイベントなどが開催
  • ルピナスパークの臨時駐車場の利用がおすすめ
  • 道が広く舗装されているのでベビーカーでもOK

見どころ満載の高鍋ひまわり祭りなのがわかりましたね!ぜひ日本一のひまわり畑を家族みんなで楽しんで下さい。

冬に行われるキャベツの収穫祭も楽しいのでどちらもおすすめです。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^