鹿児島市都市農業センターひまわり畑2018!見頃はいつ?子連れにおすすめ!!

九州の一番下にある鹿児島県。鹿児島県にもきれいなひまわり畑、ありました、ありました!

ひまわり畑は鹿児島市都市農業センターにあります。

広々とした土地に10万本ものひまわりが咲き誇っているのです。

今回はひまわり畑で知られる鹿児島市都市農業センターについて紹介していきます。

見頃はいつなのか、見どころどこか、駐車・混雑情報、子連れの方に知っておいて欲しい情報などをまとめました!

子供を連れてひまわりを見に行こうかな思っているあなた!

ぜひ今回紹介する情報をチェックして、ご家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか?

九州のひまわり畑はこちら!
九州には子供と楽しめるたくさんの魅力的なひまわり畑がいっぱいです!

>>九州のひまわり畑2018!子供と楽しめるおすすめ名所11選!!

スポンサードリンク

鹿児島市都市農業センターひまわり畑!基本情報

では、鹿児島市都市農業センターひまわり畑の基本情報からお伝えしていきましょう。

鹿児島市都市農業センターひまわり畑!基本情報

開花時期 7月上旬

見頃 7月中旬~8月上旬

開園時間 8:30~17:00

花の本数 10万本

住所 鹿児島県鹿児島市犬迫町4705番地

アクセス 鹿児島北I.Cより、国道3号線をいちき串木野市方向へ約20分

問い合わせ先 099-238-2666(鹿児島市都市農業センター)

次に、鹿児島市都市農業センターひまわり畑の開花時期や見ごろはいつなのか、ご紹介します!

開花時期、見ごろはいつ?

開花時期 7月上旬

見頃 7月中旬~8月上旬

鹿児島市都市農業センターのひまわりの開花時期は7月上旬頃です。7月に入るとひまわりがちらほら咲き始めます。

こちらのひまわりの見頃は7月中旬~8月上旬。8月になるともう枯れてしまっている可能性があるので、7月中に見に行くようにしましょう!

おてんばママ
さすが、鹿児島!南に位置するだけあって、若干咲く時期が早いんですね。

ちなみに、鹿児島市都市農業センターで咲くひまわりの品種はF1サンリッチフレッシュレモン55です。きれいなひまわりなのでぜひ見にきて下さいね。

鹿児島市都市農業センターひまわり畑見どころ

意外と穴場!

ayaさん(@aya._.memory)がシェアした投稿

鹿児島市都市農業センターは、自然豊かな立地にあります。たくさんの木々が生い茂っているため、木々の緑とひまわりの黄色のコラボを楽しむことができます。

さらに、鹿児島のシンボルである桜島を一望することもできるんですよ。

鹿児島市都市農業センターでは毎年ひまわりが満開になる時期になると、たくさんの観光客が訪れます。

しかし満開の時期であっても比較的ゆっくりひまわりを楽しむことができるので、穴場のスポットとなっています。

ハツユキソウもチェック!

鹿児島市都市農業センターでひまわりが見頃を迎える時期になると、四季の花園Aブロックに咲くハツユキソウという植物も同時に見頃を迎えます。

ハツユキソウという植物は、美しい白い花です。花だけでなく葉っぱもきれいに色が付くんですよ。ついひまわりにばかり注目しがちですが、鹿児島市都市農業センターに来た際にはハツユキソウもチェックしてみましょう。

水生植物園も魅力です!

さらにひまわりの咲く場所からは離れていますが、第4駐車場の近くには水生植物園があります。

こちらはひまわりの咲く場所からは少し遠いこともあり、見に来ている人は少ないです。ゆっくり花を楽しむことができるため、こちらの水生植物園もおすすめです。

子供に人気な小動物も!

ひまわり祭りなどイベントは行われませんが、ひまわり畑のあるふれあいゾーンでは動物たちと触れ合うことができます。ヤギやウサギ、モルモット、ニワトリがいますよ。

BBQもできる!

コンロや炭などの道具類、材料は持ち込みとなりますが、無料でバーベキューを楽しむこともできます!

本館事務室で許可を得る必要がありますが、事前予約も受け付けているので、予定が決まっていれば、みんなでバーベキューするというのもいいですね!

混雑状況、駐車場は?

鹿児島市都市農業センターでは、市民農園、第1~第4駐車場、展望広場駐車場を利用することができます。駐車場に停めることができる駐車台数は全部で400台です。

400台も駐車することができるので、ひまわりが見頃を迎える時期であっても満車になることは少ないでしょう。

駐車場は大型バスの駐車スペースが3台、障害者用の駐車スペースが3台もあります。

駐車場はアスファルトなので駐車しやすいです。駐車場が駐車しやすいというのはかなりポイントが高いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

子連れで行くポイント

鹿児島市都市農業センターは30ヘクタールもの広々とした敷地となっています。ベビーカーで移動することができるので、小さい子を連れての方はベビーカーを持っていくと荷物も運べるし、便利です!

敷地内にはお弁当を食べることができるよう、イスとテーブルが用意されています。といっても数がたくさんあるわけではないので、小さい子と一緒ならレジャーシートはあるといいですね!

ところどころに木陰があるので木陰でお弁当を食べるのも、普段とはまた違ったピクニックになるかも?!でおすすめです。

しかし7月は暑いので、くれぐれも暑さ対策は忘れないよう!

帽子、日傘は必須です。水分補給もしっかり用意しておきましょう。ジュースよりは水やお茶がおすすめです。ジュースだと逆に喉が渇いてしまいます。

鹿児島市都市農業センターにはトイレが各地に用意されています。身体障害者用のトイレはありますが、オムツ替えシートはないようなので、小さい子が居る方は車か、やはりレジャーシートなどうまく活用してオムツ交換する具合になるでしょう。

授乳室もありません。授乳も車か、授乳ケープ持参がおすすめです。

まとめ

鹿児島市都市農業センターに咲くひまわりについて紹介していきました。

  • 7月中旬~8月上旬に見頃を迎える
  • 10万本ものひまわりが咲き誇る
  • 自然豊かな中で咲くひまわりを楽しむことができる
  • ひまわり以外の花にも注目
  • 駐車場は全部で400台、駐車しやすいのが嬉しい
  • ベビーカーで移動しやすいがオムツ替えや授乳できるスペースはない
鹿児島市都市農業センターが穴場のひまわりスポットであることが分かりましたね。

ゆっくりひまわりを楽しみたい方は、ぜひ鹿児島市都市農業センターへ行ってみてはいかがでしょうか。素敵な夏の思い出を作って下さい^^











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^