能古島ひまわり畑2018!見頃・開花状況は?子供も喜ぶスポットいっぱい!

パパ
ママ、能古島のひまわり畑行ってみたくない?フェリーに乗っていくんだって^^

福岡県福岡市にある離島、能古島。福岡市から船で約10分で能古島に着くことができます。

観光地として人気のある能古島は、毎年夏になると約3万本ものきれいなひまわりが咲き誇ります。

そこで今回は能古島のひまわりについて紹介していきます。見頃はいつなのか、混雑状況、子供を連れて行く場合のポイントは?など気になることについて情報盛りだくさん!

船で行くのでかなりテンション上がること間違いなし!ぜひチェックして下さいね。

九州のひまわり畑はこちら!
九州には子供と楽しめるたくさんの魅力的なひまわり畑がいっぱいです!

>>九州のひまわり畑2018!子供と楽しめるおすすめ名所11選!!

スポンサードリンク

能古島ひまわり畑!基本情報

それでは、能古島ひまわり畑!基本情報からご紹介していきましょう。

能古島ひまわり畑!基本情報

開花時期 7月上旬~8月下旬

見頃 7月下旬~8月中旬

開園時間
平日9:00~17:30
日曜・祝日 9:00~18:30
※年中無休

花の本数 3万本

住所 福岡県福岡市西区能古島

アクセス
・姪浜渡船場より、フェリーで能古島渡船場へ約10分

・能古島渡船場到着後、西鉄バス「アイランドパーク行き」に乗車し約13分

※ベストシーズンには船とバスは臨時便が運行あり

問い合わせ先 092-881-2494

では、開花時期や見ごろをご紹介しましょう!

開花時期、見ごろはいつ?開花状況はこちら!

開花時期 7月上旬~8月下旬

見頃 7月下旬~8月中旬

毎年7月下旬~8月中旬に見頃を迎えます。気候によって開花時期がずれることもありえますが、おおよそ毎年同じくらいの時期に開花しています。

能古島のひまわり畑は、種をまく時期を少しずつずらし時間差でひまわりを咲かせるという工夫がされているので、少しずつ長くひまわりを楽しむことができるのです。

次に紹介する動画の9分10秒あたりからその様子がわかります。

おてんばママ
一気に咲くのもきれいですが、順を追ってひまわりが咲く過程が見られるのもまたいいですね!

開花状況はこちらのフェイスブックから確認することができます。

また、能古島はひまわりだけでなく、年中さまざななお花を楽しむことができるのも魅力のひとつです。

能古島ひまわり畑の見所

冒頭すぐに映るのがフェリー「サンフラワーのこ」。

車や自転車、そして歩いて降りる人たち。フェリーのない生活を送っている私には、なかなか見られない光景で、これだけでもドキドキしちゃいます。

5分8秒から見えるのがひまわり!

ひまわりを摘んでいるかたも見られます。満開な様子が見られて、きれいですね~。

約1万平方メートルの敷地に約3万本ものひまわりが咲き誇っています。こちらでは玄界島を背景にした絶景を楽しむことができます。

お土産にできるひまわり

能古島のひまわり畑では、ひまわりの掴み取りが無料で行われていて、1人3本まで摘んで帰ることが可能です。

掴み取りできる道具などは用意されていないので、ひまわりを持って帰りたい人はハサミ、軍手、新聞紙、ビニール袋などを用意して行きましょう!

おてんばママ
園芸用のハサミは100円均一でも買うことができるので、ぜひ準備してかわいらしいひまわりを持って帰ってきたいですね。

「たくさんの人がひまわりを持って帰ったらひまわりが無くなるんじゃ…」そう不安に思っている人もいるかもしれません。しかし安心して下さい!

こちらでは掴み取りできるひまわりと観賞用のひまわりは別になっています。

そのためスカスカで寂しいひまわりを見るという心配はありません。安心して下さいね。

鑑賞用のひまわりはハイブリッド、掴み取りできるひまわりはサンリッチフレッシュオレンジ、サンリッチフレッシュレモンとなっています。

のこのしまアイランドパークはひまわり畑だけじゃない!

ひまわり畑のあるのこのしまアイランドパークは能古島の人気観光スポット!ですので、入園料がかかります。

入園料

大人1,200円、小中学生600円、3歳以上400円

ひまわり畑の他にも見所はたくさんあります。

手ぶらで利用できるバーベキューハウス、食事を楽しめるレストラン、子供が思いっきり遊ぶことができるアスレチック、ヤギやウサギと触れ合ったり餌をあげたりすることができるミニ動物園などがあります。子供連れで楽しむことができるスポットです。

宿泊施設の他、キャンプができるエリアもあるので、夏休みを利用して、いろんな楽しみ方ができる場所でもあります。

海水浴場もあるので、夏ならではのことはなんでも楽しめるのも魅力ですね!

子供の喜ぶおいしいものがいっぱい!

売り切れ続出?!アイスキャンデイー

暑さを乗り切る!能古島サイダー

#サイダー #サイダー部 #能古島サイダー #能古島アイランドパーク #のこのしま

masamo05さん(@masamo05)がシェアした投稿 –

のこバーガーで腹ごしらえ

おいしいかき氷もあるよ!

駐車場、フェリー、混雑状況は?

駐車場は?

フェリーに車を乗せて上陸する人は少なく、フェリー乗り場で駐車して、フェリーで訪れるというパターンが多いです。

フェリーに車を乗せるのって地味に高いんですよね…。

のこのしまアイランドパークの駐車場は30台、こちらは無料です。

もう一つは姪浜駐車場で300台駐車可能で、こちらは有料で1日500円となっています。

1泊2日でも1,000円。

もし、フェリーに車を乗せるとなると

5m未満:4,940円(往復)

4m未満:3,080円(往復)

の金額がかかるので、いくら現地で駐車場代がかからないと言っても・・・お得なのはフェリーで行くこと!

フェリーに乗せられる車の台数も限られているので、フェリーで行く方がおすすめです。

フェリー情報

1時間に1~2本出航しています。

フェリーの料金
大人 230円(片道)

小人 120円(片道)

フェリーを降りてから、能古島アイランドまではバスで移動になります。

バス料金もフェリーと同じ!

バスの料金
大人 230円(片道)

小人 120円(片道)

おてんばママ
フェリーに乗るなんて、なかなか機会ありませんから、ぜひ乗ってみるのも子供にとっては楽しい経験になりますよ!我が家は人数が多いので、車で行った方がお得かな?

混雑状況は?

のこのしまアイランドパークは人気観光スポットで、ひまわりが見頃を迎える時期はちょうど夏休みなのでかなりの混雑が予想されます。

といっても混雑してひまわりが見れないということはないので安心して下さい。

スポンサードリンク

子連れで行くポイント

ベビーカーのレンタルあり!

子連れで行く場合、結構な距離を歩くことになるのでベビーカーは用意しておいた方がいいですよ。2,3歳でそれなりに大きいけれど、まだまだ抱っこが大好きな年齢なら尚更。親も疲れているのに抱っこなんて・・・しかも暑い季節なので、大変です。

ベビーカーを持っていけない!

そんな人のために、ベビーカーのレンタルあります^^

ちなみに、ベビーカー以外に車椅子のレンタルもありますし、雨が降った時でも安心傘のレンタルもあります。

おむつ替えや授乳室は?

子供連れが気になるであろうオムツ替えスペースや授乳室についてですが、オムツ替え用のベビーベッドを完備したトイレは施設内に5ヶ所あります。授乳室は2ヶ所あります。オムツ替えも授乳も安心ですね。

能古島の夏は暑いので帽子は必須です。私設内には自動販売機、売店を完備しているので水分補給のため水分はこまめに取るようにしましょう。

まとめ


今回は能古島のひまわり畑について紹介していきました。

  • ひまわりの見頃は7月下旬~8月中旬
  • 3万本ものひまわりを見ることができる
  • ひまわりの掴み取りができ1人3本まで持って帰ることができる
  • のこのしまアイランドパークで1日中遊ぼう
  • オムツ替え用のベビーベッド、授乳室、ベビーカーのレンタル可能
いかがでしたか?福岡市内からフェリーで10分で行けるので、日帰り旅行できるちょうど良い距離となっています。ひまわりを見に能古島へ出かけてはいかがでしょうか。

能古島はひまわりだけでなく、年中さまざまなお花を楽しむことができます。

ひまわりを見に行けなかったとしても、何かしら素敵なお花が出迎えてくれますので、ぜひ1度は遊びに行ってみてほしいところです。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^