富士急ハイランドの入園料無料はいつから?メリットや混雑、お得に楽しむ方法とは??

おてんばママ
せっかく河口湖まで行くのに、富士急行けないって残念だよね~

そう思っていませんか?

今年の夏休みが始まる頃、7月中旬に合わせて、なんと

富士急ハイランドの入園料が無料になる

んです!!

その狙いは富士五湖や富士山五合目に出かけたときに、気軽に立ち寄れるよう「富士観光のハブ化」

入園料を払わずして、話題のある催事を見たり地元の名産品を買ったり、園内のランチを楽しめる!

しかも無料周遊バスもあるから駐車場の心配もない!

でも、その分アトラクションの利用料が高くなるという・・・Σ(゚д゚lll)

ということで、富士急ハイランドが無料になることでの魅力、メリット・デメリット、安全面や混雑回避できるのか、お得に楽しむ方法は?なんてとこまで盛りだくさんの情報をご紹介します。

スポンサードリンク

入園料が無料になる!

いつから

2018年7月中旬から

ちょうど夏休みが始まる直前の連休頃に合わせてってことですかね!

入園料は無料、アトラクションは値上げに?!

現在の入園料は

入園料

大人1500円(大人、中高生)

小人900円(3歳~小学生)

となっています。

ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなんかは、年々入園料が高くなっていますよね。世界的に見てもこういったテーマパークというのは、入園料で成り立っているというのが事実。

入園無料化の実施について

この夏、従来の遊園地の枠組みを超えた新しい形のアミューズメントパークへと進化させるべく、平成30年7月中旬より入園料を無料化いたします。

この度の無料化は、富士急ハイランドと富士五湖周辺の様々なコンテンツとを自由に組み合わせて、もっとたくさんの人にエリアを回遊してもらい、これまで以上に富士山観光の楽しさ、素晴らしさを感じていただきたいという想いから実施するもので、これにより、“FUJIYAMAだけ乗ろう”“ランチしに行こう”“お土産を見たい”といった短時間だけの滞在も可能になり、楽しみ方の幅が大きく広がります。

今後富士急ハイランドは、一番のウリであるアトラクションに磨きをかけつつも、もっと幅広いお楽しみを提供できるよう、人気コンテンツとのコラボイベントや話題性のある季節催事、ブランド力のあるグルーバルチェーンや地元名産品店等の誘致を積極的に推進し、将来的には、富士急ハイランドを起点に富士五湖や富士山五合目へ出かけてまた戻ってくるような、まさに“富士山観光のハブ”になることを目指しております。

誰もが好きな時に好きな分だけ、好きなことをお楽しみいただける、たくさんの人が集う場所へ。

進化を続けていく富士急ハイランドに、ご期待ください。

引用元:https://www.fujiq.jp/news/h5f6de000000fsx6.html

と、富士急ハイランドの公式HPでの発表。

実際に富士急ハイランド周辺っていろんな観光地がありますよね。富士五湖はもちろん、忍野八海、富士山五合目、富士サファリパークなどなど。

パパ
富士急ハイランドに行くなら1日確保しなくちゃいけないからなぁ

そんな高かったハードルがグッと下がることは間違いなしです。

世界のテーマパーク事情として値上げの傾向にあるというのに、無料化するというのにはやはりきちんとした理由というか、からくりがあるもの。

では、入園料をなくしてどこからの収入で運営されていくのか見ていきましょう。

アトラクションが2~2.5倍に料金に

現在、FUJIYAMA、ええじゃないか、高飛車などの人気アトラクションはすでに別途料金1,000円の利用料がかかります。

入園料が無料化となることで、それらの別途料金が必要であったアトラクションはかなりの別途料金が発生するとの発表が。

それも

2~2.5倍!

もし、2,500円新たに発生するとなったら・・・

絶叫好きな私の場合、FUJIYAMA、ええじゃないか、高飛車にフリーパスなしで1回ずつ乗ろうとなったら

4,500円で済んでいたのが7,500円に!

しかも、観覧車とか他のアトラクションも乗るとなるともっとすごい金額!

お得に楽しむには?

私なりに簡単にまとめてみたんですが、断然、フリーパスがお得な印象。

おてんばママ
フリーパスについては現段階では据え置きとのことですので、フリーパス(5,300~5,700円、他にも種類多数あり)で利用することをおすすめします!

入園無料化後のフリーパスについて

本日、今夏からの「入園無料化」を報道発表させていただきましたが、フリーパス(入場日当日に限りアトラクション乗り放題チケット)料金は入園無料化後も引き続き、現在と同価格にて販売いたします。

また、個々のアトラクションの利用料金は、入園料無料化に合わせて値上げさせていただく予定でございます。

詳細につきましては決定次第、ホームページ等でご案内申し上げます。

引用元:https://www.fujiq.jp/news/h5f6de000000fy0a.html

価格や特典にバリエーションを持たせ、チケットの種類を増やす可能性ありとのこと。期待しちゃいますね!

 

きかんしゃトーマスランドは?

こちらも値上げの対象になっています。

現状では入園料込みでの値段なので、今後どうなっていくのか、こちらも要チェックしていきたいですね。

なんだか値上がったような印象があるんですが、無料化になることによってのメリットというのもあります。では、無料化になることでのメリットについてお伝えしましょう!

無料化になることでのメリット

無料化になることでのメリット
  • 富士山観光に来ていた人で、普段なら通り過ぎていた人でもふらっと立ち寄ることができる!
  • 特定のアトラクションだけ楽しむことができる
  • 園内のランチを楽しめる
  • お土産を買うことができる
  • 富士急ハイランド内の季節催事を楽しむことができる
  • 人気コンテンツとのコラボイベントを楽しむことができる
  • 地元名産品を買うことができる
などなど、短時間でもふらっと立ち寄って楽しめるようになるんです。

特に後半3つに関しては老若男女問わず立ち寄りやすい、魅力あるものにしていきたいとのこと。

おてんばママ
これはますます期待しちゃいますよね^^

でも、これだけ魅力あるように変わっていくなら、ますます入場者が増えてしまうことが予測されます。どんな解決策を考えているのかまとめてみました。

スポンサードリンク

入場者数増!の予想に対しての対策は?

入園料無料なら、単純にふらっと立ち寄る人が増える=来園者増というのが簡単に予想されます。

そこで富士急ハイランド側としては、

待ち時間を短縮する特典を設けたチケットの展開も検討中

とのこと。

ディズニーランドのファストパスではないですけど、なんとかうまく混雑回避可能なチケットを検討してもらいたいですね^^

安全面は?

入場無料ということで、簡単に園内に入れるようになったら、安全面ってどうなるのか気になるところ。

その点では

  • 入園ゲートの廃止はしない
  • 警備員などのスタッフ配置は継続する

という方針で対策をとると計画中。

東京ドームシティなんかは入場ゲートなんかなく、自由に出入りできる環境ですが、うまく警備できていますよね(私の勝手な印象ですが)。

利便性も考えて、うまく安全面も配慮された環境、気軽に立ち寄れる環境にしてもらえると利用しやすいなぁと、期待します。

さいごに

富士山や富士五湖周辺には、年間2,000万人近い観光客が訪れています。そのうち、富士急ハイランド周辺エリア自体には年間230万人くらいしか来ていない状況。

富士急ハイランド近くにいながら、立ち寄ることなく帰ってしまう観光客がたくさんいるという…私もその一人でしたが、無料ということで、ちょっと立ち寄って、1つぐらい絶叫系に乗って思いっきり発散して帰るのもありかなぁ・・・なんて考えています。

ゴールデンウィークが終わってしまうと、次の連休は夏休みまでなし。

そう、今から夏休みの計画を立てて、子供と一緒に楽しく、そしてお財布にとっても賢く過ごせるよう、計画しちゃいましょう!











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^