ガソリンランプついてから何キロ走る?軽自動車でも50kmは行ける!

おてんばママ
やばい!ガソリンのランプついちゃったよ!

車に乗っていてガソリンランプが付いたら、そろそろ給油しないと・・・というより、

やばい!車停まっちゃう!!

って焦りますよね。

特に高速道路やガソリンスタンドがすぐ見つからないような田舎道であれば、ガス欠を起こさないかハラハラします。

私もガソリンランプが付いているのをつい忘れてしまって、通勤前に給油しないといけなくなったことも何度もあります。しかも、学生時代には原付でガス欠になって3km押して歩いただけでなく、授業も出席できず、2コマ欠席になるという最悪な経験も。

そこでそんな失敗を2度としないで済むように、ガソリンランプがついてからだいたいどれぐらい走れるのかを知っていれば、多少は気持ちに余裕ができます。

今回は、ガソリンランプがついてからどれぐらい走るのか、計算方法や万が一ガス欠を起こしてしまったときの対処法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

意外!国産車であればガソリンランプがついてから約50キロは走れる


ガソリンランプは「ガソリン給油警告灯」のことで、このランプがつくと突然車が止まるわけではなく、そろそろ給油してくださいねという合図になります。

そして軽自動車や普通車に関わらず、国産車であればガソリンランプが付いてから50キロは走れるくらいの余力があります。高速道路を走っていて思わぬ点灯でも大丈夫!

日本では、SAの間隔がほぼ50キロ以内に設置されているので、決して焦らず安全運転で走行することができます。

しかし、中には100キロ以上間隔が開いているSAもあるので十分注意してください。

自分の車の燃料タンクの容量を知り、どれぐらい走れるか計算しよう

取扱説明書に記載されていることも多いですが、ご自分の車の燃料タンクの容量を知って、給油時に入れた分を差し引くことでガソリンランプが何リットルでつくのかがわかります。

軽自動車だと燃料タンクはだいたい20~40リットルで、普通車は40~60リットル、それ以上のものもあります。

そしてガソリンランプがつくのは軽自動車で残量が5~8リットル。普通車で8~10リットルになったときが多いとのこと。

残量から車の燃費をかけるとあとどれぐらい走れるかが計算できます。

ガソリンの残量×燃費=ぎりぎり頑張れる限界の走行距離

例えば残量が10リットルで燃費が10リッターであれば残り100キロ走れるということです。

軽自動車なら

タンクの残量5リットル、燃費30km/Lとすると

5リットル×30リッター=150km!

しかし!

高速道路ならUターンはできないですし、万が一渋滞していたら燃費はもっと悪くなってこんなに走ることはできません。やはり一般的に言われているように50km!と余裕をもって考えて置いた方がいいでしょう。

おてんばママ
限界値をおおよそで出しているので、ガス欠になる前に給油するのはやはり必須ですね。

もしもガス欠になってしまったら

ガス欠の予兆は、登り坂などアクセルを踏んでも加速しない、平坦な道でも加速しなくなる、といった状態がみられるといよいよ時間の問題です。

そしてどうしても間に合わず、ストン…とついに止まってしまい、もう一度エンジンをかけようとしても空吹きの音がします。

道が混んでいたらなおさら慌てててんぱっちゃいますよね。

そこで止まる直前に車体を左右に揺らしてみてください。

燃料タンクの中に少し残ったガソリンがポンプに流れ込む可能性があります。そして、止まってしまった場合、10分ほど経ってからもう一度エンジンをかけてみましょう。

復活するかもしれません!

復活しても、すぐに給油できない場合はJAFなどロードサービスを利用して、無理をして走行しないこと。会員であればガソリン代で済むそうですが、非会員の場合は2万円以上もかかることもあるので、会員になっておくと安心かもしれません。

しかし、ガス欠になると車自体に負担がかかり、エンジンや燃料ポンプに大きなダメージを受け故障の原因にもなりますのでガス欠になる前に給油するのが、やはり一番です。

>>JAF会員なら安心&充実のロードサービスが日本全国24時間、365日無料!

さいごに


あなた
もう2度とガス欠にならない!

って思えたら、万歳です。

ガソリンランプが付いた瞬間にハラハラしていた私ですが、50キロは走るとわかって少し安心しました。

しかし、ガス欠になってしまえば、故障の原因になるし高速道路上で止まってしまえば道路交通法違反を取られてしまい罰金にもなります。そうならないためにガソリンランプがあるので、点灯したらなるべく早く給油しましょうね。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^