大きいおもちゃの捨て方は?罪悪感なくする処分の仕方をご紹介!!

おてんばママ
子供も大きくなってきたし、そろそろこのおっきいおもちゃ、処分してもいんじゃない?でも、どうやって・・・

小さい子どもがいると、誕生日やクリスマスでおもちゃを買ったり、もらったりすること多くないですか?

我が家ではなるべくおもちゃは買わないようにしていた(それこそ処分に困るし、何より置くところが・・・)のですが、おじいちゃんやおばあちゃんが良かれと思って買ってくれて、狭い家にも関わらず、おもちゃ屋さんかと言うぐらい溢れています…。

小さなおもちゃは大きなカゴに詰め込むだけでいいんですが、キッチンセットやジャングルジム(しかも滑り台付きとか!)などの大きい物は、その処分の仕方にかなり悩まされるものです。

小さい間はたくさん遊んでくれて、出しっぱなしでも構わないですけど、問題は遊ばなくなった後!

そのまま置いておく訳にはいきません。

どうにか処分して部屋をスッキリさせたいですね。

今回は、そんな大きいおもちゃの捨て方・処分方法とおもちゃ別に捨て方をご紹介していきます。

スポンサードリンク

捨てるのは最終手段!

子供がたくさん遊んだ大きなおもちゃ。そして遊ばなくなった今、親にとってはただの大きな邪魔な物かもしれません。

しかし、子どもにとって思い出深い物もたくさんあります。

勝手に捨てようとしたら

「捨てないで!」

「後で使うから!」

「大事なの!」

なんて平気で言ってきます。

おてんばママ
もう使ってないでしょ!

と喉元まで、時にはガツンと言っちゃいますが、まずは子どもに捨ててもいいのか確認してみましょう。

特にぬいぐるみや人形はとても大事にしている場合が多く、捨てるというのは最終手段。

使っていなさそうでも、ただそばにいるだけで心の安定剤になっているというパターンも多いのです。

どうしても処分したい、捨てたいという場合は、子供の通う保育園や学校に行っている間に、そ~っと処分してくださいね。

まだ使えるなら売ったり、寄付できる

おもちゃがまだキレイで遊べる状態であれば、ヤフオクやフリマアプリで処分しちゃいましょう!

今はスマホで写真撮ってアップするだけで、簡単に売ることができます。

おてんばママ
ほんのわずかでも、お小遣いにもなれば嬉しいですよね。

出品作業や郵送作業に時間がかかるデメリットもありますが、売れたお金で次のおもちゃの資金にもできます!

おもちゃを運ぶ、持って行くことが可能なら、リサイクルショップで買い取ってもらうこともできます。

それも面倒であれば、トミカやプラレール、仮面ライダーシリーズのおもちゃなど人気シリーズなら、ダンボールに入れて送料無料で送るだけで買い取ってくれるサイトもあります。

おてんばママ
これはかなり便利ですね!

売るにはちょっと・・・というおもちゃは?

部品もないし、汚れもすごいけど捨てるのはもったいない!という微妙なおもちゃ、ありませんか?

そういう場合は、子供の通う保育園や自治体、行きつけの小児科などに尋ねてみてください。

喜んで引き取ってくれる所もあります。

おもちゃの足りていない国へ寄付することもできますので、少しでも使えるのであれば処分する前に考えてみるのもひとつです。

おてんばママ
捨てる、処分する、という罪悪感から解放される道はたくさんあるとは知らなかった!

キッチンセットやジャングルジムなどの大きいおもちゃの捨て方

お住まいの地域によって違うこともありますが、プラスチック製のおもちゃでなら、小さく分解して燃えるゴミとして出せるところが多いです。

金属部分が付いていれば、そこだけ外して金属ゴミへ。

プラスチック製以外の物は、不燃ごみへ。

意外と簡単!

ただ、大量のおもちゃを生ゴミと一緒に捨てるのは若干罪悪感がありますが…。

処分に悩むぬいぐるみや人形

捨てるのも売るのも悩むのは、ぬいぐるみやに人形。

魂が宿る、なんて言われているので、捨てるのは気が引けます。たたられたらどうしよう・・・とか。

基本的にぬいぐるみは燃えるゴミや粗大ゴミとして捨てることができます。

でも、なんとなく心苦しいので、そんなときは塩をまいて、なるべく小分けにして配慮してみるのがいいかもしれません。

そして、感謝の気持ちを必ず伝えてあげてください。

おてんばママ

ちなみに10月15日は人形の日で、お寺などで供養してくれるところもたくさんあるんですよ!

そういう機会をうまく使って、処分してみるのも一つの手です。

さいごに

処分できそうな気持ちになってきましたか?

自分が一生懸命子供が楽しんで遊んでくれるかな?と考えて買ってあげたおもちゃ。

そして子供が夢中になって遊んでくれたおもちゃほど、捨てるのは「思い出も捨ててしまう」そんな気がして、なかなか前に進めないことも多いです。

そういうときこそ、こういうときをチャンスとして、しっかりと子供と話し合って決めてみてください。

意外とすんなり、捨てる道がひらけるかもしれません。

処分方法もなるべく捨てずに、再利用できる方法にたどり着けるかも!

大人になっても遊ぶおもちゃはなかなかないもの。

部屋の片づけをしたときに、押し入れの中で眠っているおもちゃやもう見向きもしなくなったおもちゃは、売るなり寄付するなり、また遊んでもらえる所へ送ってあげましょうね。

おもちゃも遊んでもらえる方が喜ぶと思いますよ。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^