マタニティーコーデ!暑い夏を乗り切りながら楽しむ3つのポイントは!?

おてんばママ
ただでさえ暑がりなのに、妊婦になってさらに暑いよ~、苦しいよ~

ただでさえ体温の高い妊婦。夏が近づくにつれ更に暑くなり、いったい何を着たら正解なのか分からなくなります。

特に夏に大きなお腹を抱えている妊婦さんは本当に大変ですよね。

そう、9月に出産を控える私はまさにそう!

妊娠によりどんどん体系が変わっていくし、子供の誕生が楽しみな反面、いつも通りの服を着ることができなくて悶々・・・。

妊娠していないママ友と比べる必要がないのにも関わらず、無駄に比べて勝手に憂鬱な気分になってる今日この頃です。

もともとオシャレが好きな人ならなおさらこの悩みは切実なはず。

ですが、最近ではオシャレなマタニティウエアも販売され、妊婦さんでもオシャレを楽しむ事が十分できるようになってきました。

なんて言ったって、あのユニクロでさえマタニティー用品の販売を始めたくらいですからね!

ではでは、夏妊婦真っただ中で、何を着たらいいか悩んでいるプレママ・ママ必見!

夏のマタニティコーデを楽しむポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

暑い夏を乗りきるマタニティコーデ

では最初に、ボトムス・スカートなどを3姉妹を育てるおてんばママなりにからご紹介していきましょう!

スッキリパンツスタイル派



スッキリパンツ派には伸縮のある素材のものがおすすめ。

成長していくお腹にフィットして、長い期間使えます。

スキニー、バギー、ショートパンツ、様々な形が出ています。選ぶパンツで印象ももぐんと変わります。

体型が気になる人は膨張色を避けて購入するのがポイント。

お腹の部分を覆って守ってくれるタイプのパンツなどもあります。

また、元々持っているパンツに取り付けて使えるアジャスターバンドのようなものも。このタイプは産後も使う事が出来ますし経済的ですね。

しかし、私自身今回いつまで元々のものを履けるか試してみているんですが・・・7か月を目前とした今、かなり厳しいです!

人気はワンピースやスカート

こんにちは🌞 今週の始まりが晴れで良かった♡ . 代官山にベビーカーを見に行って来ました。 色んなのがあるけど詳しく分からないので店員さんにいろいろ聞いて勉強して来ました☆ . 候補はair buggyかcybexか、yoyoか、stokkeか、、、 . どれが良いのか選べない💦 . 夫婦共背が高くて、安定感のある高い位置にベビちゃんが来るのが望ましいです✨ 見た目重要w機能性もあるとなお嬉しい😆 オススメ教えて下さい😅✨ . . 妊婦生活もっぱらワンピースばかり着ています👗 . 産後授乳もできるハイウエスト切り替え、気になるところが隠れるロングワンピース♡ . . . . ¥9,800- . . #ワンピース #ベビーカー #cybex #airbuggy #stokke #yoyo #どれにしよう #マタニティー #妊婦生活 #マタニティーコーデ #コーディネート #コーデ #ママコーデ #お勉強 #代官山 #おしゃれカフェ #ランチ #ootd #fashion #fanfancloset #セレクトショップ

Fanfan Closetさん(@fanfan_closet)がシェアした投稿 –

長いようで意外と短いマタニティ期間。

これぞ妊婦さん!と言ったコーディネートを楽しむのも手です。

普段パンツスタイルの多かった人も、この機会にワンピースやスカートにシフトチェンジして、楽ちんなワンピース×レギンスやTシャツ×ミモレ丈のスカートのスタイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

幸いここ数年、ミモレ丈であったり、ジャンパースカートが流行しています。種類も豊富に出回っていますし、トレンドも取り入れられるのでおススメです。



3人の出産、そして4人目の妊娠を経験し、夏のマタニティーコーデを見てわかったことは、季節を問わず妊婦さんに人気なのはワンピース!

1枚でサラッと着ることができ、ストレスのないワンピースはやはり優秀です。

ジャンパースカートやキャミワンピは、素材によっては夏はTシャツやブラウスの上に、冬はニットの上にと着回しが出来ます。合わせるアイテムを変える事でコーディネートの幅も広がります。

おてんばママ
トイレや検診のときも着替えが楽なのはかなり嬉しいですよね!

マストアイテムはふんわりトップス

パンツスタイルに合うふんわりトップスも人気があります。

肌に優しく涼しいもの。

夏の妊婦さんには欠かせないですよね。

胸元で切り替えられていたり、レースやブラウス素材の物等、沢山出ています。

どんどん大きくなるおなかを守ってもくれますし、微妙に丈が短くてはマタニティーパンツやスカートのお腹のゴムの部分が見えてがっかりになることも防いでくれます。

ロングカーデやガウンカーディガンを上手く使う

パンツスタイルにロングカーデや、ロングガウンカーディガンで体型カバーする事が出来ます。

ここ数年花柄の物や無地のもの、羽織るだけで今っぽくなりますし、何よりも体型をカバーしてくれます。縦のラインが強調されますし、暗い色を選べば体型も締まって見えます。

気温の変化にも敏感な妊婦さんだからこそ、脱ぎ着が調整できるものは1枚、いや2枚くらいあると便利です。

ファストファッションのマタニティーウエア

マタニティウエアは妊婦さんの事を考えて作られているので、少しお値段の張るイメージありませんか?

最近はファストファッションブランドからもマタニティウエアが出ています。

初めにもお話した通り、ユニクロからも発売されましたよね。

私もその流行?に便乗して、マタニティーブラを2枚、レギンスも2枚購入しました!

授乳には対応していないので、妊娠している今だけですが、かなりのホールド力、かつ優しくフィットしてくれる着心地は最高です!

また、レギンスもお値段以上のもので、お腹周りのサポート力はこれまで買ったレギンスの中でNo1を争う存在。

もう5人目の妊娠は・・・ないと思いますが、あるならまた使いたい商品のひとつです。

流行の移り変わりが激しい今だからこそ、短いマタニティ期間だからこそファストファッションブランドの取り入れやすいものから手をつけてみてはいかがでしょうか。

おしゃれを楽しむのに気を付けたい3つのポイント

①体重の増加

妊娠中にほとんどの妊婦さんが頭を抱えるこちら。

そう、体重!

気を付けていても想像以上に増加してしまった人、特に何もしていないけど標準体重の人、体重の増加により体系の変化も様々ですが、あなたはどうですか?

特に服を買い足さなくてもマタニティ期間を過ごせた人もいれば、手持ちの服が全く入らず買いそろえたという人もいますよね。

私は3人の出産とも完全に後者でしたし、4人目を妊娠している現在もまさにそう。

体型の変化は女性にとってはどうしても憂鬱ポイントになってしまいます。

それでも少しづつ体系の変化を受け入れながら、毎日のコーディネートを楽しめるよう、先ほどご紹介した洋服なんかを参考にしてみていただけると嬉しいです。

②夏こそ冷えに注意

どんなに暑くても身体を冷やす事には注意が必要です。

外に居たら暑くても、お店に入ると冷房はかなり利いています。

足元はソックスやレッグウォーマー、冷房対策のカーディガンやストール等をひとつバッグに忍ばせておくと便利です。

私も実際にこちら↓を2人目の時にはいていました!

よく「the☆夏」というような格好をしていると、年配の方には

おばさま
身体は冷やしたらダメよ?!

と服装を心配される事が多かった長女(9月生まれ)、三女(7月生まれ)のとき。

実際に、冷えたお腹というのはお腹の中にいる赤ちゃんにとってはかなり居心地の悪いところと感じるようです。

実際、3人目が7月末に出産だったので、冷えまくりで臨月を過ぎてもなかなか降りてきてくれないし、お産も進まなくなるしで・・・

結局過期産になって、胎児心拍も落ちて、緊急帝王切開になりました。

体を冷やしたことが原因ってわけでもないと、担当の先生は言ってましたが、それも一つの要因ではあるんじゃないかなって思ってます。

緊急帝王切開ではありましたが、母子ともに元気に過ごせる今、本当にありがたい毎日です。

ぜひ、お腹の赤ちゃんの為にも体を冷やさないよう、対策をしておく事が大事です。

③産後の事も考えて買う服



妊娠中に服を買い足す場合、マタニティ期間だけではなく産後の授乳にも使えるアイテムにするのもおススメです。

私はこちらの産前から産後まで。長く活躍するマタニティウェア&授乳服を何着か購入しました!

完全母乳にする人、混合にする人、選択肢は様々ですが、授乳できる服があると産後はとても便利です。

最近では授乳口がフリルで隠されていたり、カシュクールになっていて、隠しボタンで留められたり、授乳服と分からないデザインの物も多く、出産前も気兼ねなく使うことができるものもたくさん出ています。

さいごに


マタニティ期間は突然憂鬱がおそってきたり、不安になったり、重たくなる身体、思うように動けない身体、にストレスも溜まります。

服装一つで気分も変わることは間違いなし。

妊婦さんだってオシャレをめいいっぱい楽しんで良いのです。

自分のスタイルにあったコーディネートや着回しをして、限られた妊婦生活、大変でもありますが、楽しく素敵な夏をHAPPYに乗り切りましょう。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^