宇部市花火大会2018!穴場スポットや駐車場、子連れチェックポイントはこちら!!

おてんばママ
パパ!今年の音楽花火はどんな曲だろうね!

音楽と花火がシンクロする、音楽花火が人気の宇部市花火大会。親しみのある音楽が花火の打ち上げと一緒に楽しめるというのは、大人にも子供にも嬉しいですよね。

そんな魅力満点の宇部市花火大会について、日程やアクセス、駐車場情報はもちろん、穴場や子連れならではのチェックポイントをご紹介していいきます。

遠くたってラジオで楽しめちゃうのも宇部市花火大会のいいところ。そんな情報も踏まえて、行く前にしっかり予習をしとけば、花火のあとは「また来年も見に来ようね!」と子供から言ってくれること間違いなしですよ~^^

スポンサードリンク

宇部市花火大会の基本情報

では、基本情報からご紹介します。

宇部市花火大会基本情報
日程 2018年7月21日(土)
※雨天時 翌日に順延

時間 20~21時

花火打ち上げ数 約10,000発

会場 宇部港

住所 山口県宇部市宇部港内一帯

アクセス

  • JR宇部線宇部新川駅から徒歩で20分
  • JR宇部線琴芝駅から徒歩で10分
  • 山陽自動車道宇部ICから車で15分

駐車場 あり

問い合わせ 0836-31-0251 宇部市花火大会実行委員会

1万発もの花火が打ち上がるので、きれいな花火を見ようと、県内外から多くの人が訪れる人気の花火大会となっています。

では、次に宇部市花火大会の見どころについてご紹介しましょう!

宇部市花火大会の見どころはココ!

まずは動画で紹介します。

どんどん迫力満点の花火が打ち上がっている様子がすごいです!

花火は6部構成となっており、1時間かけて約1万発もの花火が打ち上げられます。

なんとも見応えたっぷりですよね!

おてんばママ
こちらの動画では、2分30秒あたりではフランスの作曲家モーリス・ラヴェルが作曲した「亡き王女のパヴァーヌ」という音楽に合わせた花火なんですが・・・小・中・高と吹奏楽に青春をかけてきた私個人、大好きな曲でもあり、かなり入り込んでしまう演出で、感動!

水面に反射して、花火を2倍にも3倍にも楽しめるのがまた魅力です。

3分50秒からは亡き王女のパヴァーヌとは対照的な、演出!

なんだかディズニーランドの花火の打ち上げを見ているかのような大迫力!!

音楽と花火がうまくシンクロしていることに、感動せずにはいられません。

今回紹介した動画ではクラシックでしたが、2017年にはAKB48の「365日の紙飛行機」なんかもあって、かなり会場では音楽と花火と、そして見に来た人たちみんなをシンクロさせてくれました。

おてんばママ
今年はどんな曲とシンクロするのか、今から楽しみでなりません!

これだけ大人だけでなく、子供の心も引き付ける仕掛けになっている宇部市の花火大会。

ゆっくり見たい!

と思いますよね。次はゆっくりみるための穴場スポットをご紹介します!

穴場スポット5つをご紹介!

毎年約14万人もの人が見に来ると言われている、人気の宇部市花火大会。会場はもちろん混雑します。

それなら有料席でゆっくり・・・

と発想しそうですが、

残念ながら宇部市花火大会では有料席がありません。

そのため、自分たちで花火を見る場所を確保する必要があります。

そこで気になるのは穴場スポットはないの?

ということで、私なりに穴場スポット情報まとめてみましたので、ご紹介します!


地図でなんとなく場所は把握できましたでしょうか。

では、1つずつ紹介していきますね。

5つの穴場スポット
  1. おのだサンパークの屋上駐車場
  2. 山口宇部空港 3Fの送迎デッキ
  3. 山口宇部空港「ふれあい公園」や「噴水付近」
  4. 竜王山公園
  5. フジグラン宇部の屋上駐車場

①おのだサンパークの屋上駐車場

こちらは21時まで営業しています。買い物もできるし、トイレもすぐあるし、子連れには持ってこい!の場所。

会場に行くよりは混雑回避できますが、やはり人気の穴場スポットではありますので、早めに着いておきたいところです。

会場からは少し離れていますが、ここで活躍するのが「エフエムきらら」!

ラジオ「エフエムきらら」で花火大会の様子を生中継で聞くことができるという、まさかの楽しみ方。

離れていたって音楽花火の音楽を、花火と一緒に楽しくことができちゃいます。

②山口宇部空港 3Fの送迎デッキ

こちらの会場は少し離れていますが、十分音が聞こえる場所。

また、飛行場なので駐車場もあるし、トイレや売店などもあって、安心できるところです。

無料wifiの利用もできるので、SNSを見たりアップしたりしながら楽しめる場所でもあります。

③山口宇部空港「ふれあい公園」や「噴水付近」

空港の隣の公園です。

子供が小さいとどうしてもじっとしていられなくて、体力発散させる場が必要です。

そんなとき、大きく走り回れる公園であればどうでしょう!

薄暗くて、走り回ることにやや危険は伴いますが、広々とした場所で解放感があって、子供にはもってこいの場所です。

元気の有り余っているお子さん(我が家も公園派、間違いない・・・)の場合は、ふれあい公園がおすすめです。

④竜王山公園

会場からは少し離れていますが、こちらも公園ですので、走り回るのが大好きなお子さんのいるご家庭にはおすすめ。

交通規制にもかからないので、渋滞回避も可能です。

⑤フジグラン宇部の屋上駐車場

こちらもおのださんパーク同様、ショッピングセンターになっています。比較的会場からは近いので、臨場感味わえる会場です。

食品もすぐ調達できますし、トイレや駐車場の確保にも問題なし。

子連れだからこそ、安心して利用させていただきたい穴場スポットであります。

駐車場ならここ!

毎年多くの人が訪れる花火大会ですので、公共機関を使ってのアクセスがおすすめ。駅から約20分くらいで会場に行くことができます。

でも、子連れだと帰り際になって寝てしまったり、ぐずってしまったりすることを考えると「車がいい!」ってなりますよね。

そんなパパママに、駐車場についてもご紹介します。

 

黄色:無料開放駐車場(約700台)

青:市内有料駐車場(約1,300台)

赤:駐輪場

 

臨時駐車場が満車となれば、近くのコインパーキングを利用することになります。しかし、数がないのと花火大会当日は混むので、有料であっても確実に駐車できるとは限りません。

穴場スポットとして紹介したフジグラン宇部というショッピングセンターやおのだサンパークなどもありますが、お昼過ぎにはもう花火目当てのお客さんでいっぱいになります。

そんなときに役立つのがこちらB-Timesという、駐車場が事前に予約できるサイト。

こちらの花火大会会場周辺にはあまりありませんが、少し離れたところには数箇所点在しています。むしろ、ある程度離れたところを選んで、パークアンドライドで混雑回避を狙ってみるのもいいかもしれません。子連れならでは、こういったサイトをうまく活用していくのもおすすめです!

\\ネットで予約できる駐車場はこちら!//

 

おてんばママ
これだけたくさんの駐車場がありますが、臨時列車や臨時バスなどの運行もあります。子供にも、大人にも一番いい方法がみつかるといいですね。

子連れはチェック!トイレや屋台、持ち物は?

①トイレは事前に行くべし!

仮設トイレが設置されています。約24箇所の仮設トイレが設置される予定ですので、事前にチェックしておきましょう。

トイレもものすごい行列で、混雑している可能性は高いです。事前に済ませることはもちろん、トイレを見かけたら行っておくようにすることをおすすめします。

②屋台も混雑必至。軽食持参がおすすめ

また気になる屋台情報です。屋台は駅~会場までのメイン道路(お祭り開催日は駅から会場、会場周辺は交通規制されます)、会場周辺に並びます。

屋台はお祭りの醍醐味!

屋台周辺は必ず混雑するので、明るいうちに買っておいた方がbetter。

飲み物や軽食は持参して、プラスアルファで楽しめるかき氷や綿菓子なんかを買って、子供には喜んでもらう、そんな予定で行くのがおすすめです。

あれもこれも買おう!となると、それぞれ並ばなければならないので、大変です。また、ジュースだとすぐにのどが渇くのでお茶や水でしっかり水分を取ってくださいね。

③事前に持ち物を用意する

花火大会に小さな子供と一緒に行くなら、事前の準備は必須です。

暑さで体力はもちろん、気力もやられてしまうのは当然。そんな子供の気持ちを少しでも上げておけるよう、花火大会持ち物リスト!子連れ便利グッズはコレだ!!を参考にして、子供にとっても親にとっても快適な花火大会にしてみてはいかがでしょうか?!

スポンサードリンク

まとめ

宇部市花火大会、ますます行きたくなってきましたよね?!とにもかくにも、今年の音楽花火が何か、気になる私です。

宇部市花火大会をまとめますと、

  • 毎年7月の第3土曜日に行われている
  • 花火の最後、音楽花火は必見
  • 厚東川河川が子連れにはおすすめ
  • 臨時駐車場もあるし、予約できる駐車場もある
  • JRなど、公共交通機関を利用するのも賢い方法
  • 子連れならではの事前チェックは忘れずに

1万発もの花火、そして音楽とシンクロした花火、迫力・魅力満載の宇部市花火大会。

花火は夏の風物詩ですので、ぜひとも今年もご家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか。











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^