おてんばママ
あ!眉間が乾燥して皮むけてる!どうしよう。ファンデーションがひび割れしちゃうよ・・・

今年の冬は特に乾燥して、眉間の皮むけがひどい私。

産後でホルモンバランスが整っていないせいもあるのか、洗顔後はもちろん、日常的にいつも使っている化粧水+乳液では耐えきれない皮むけ状態。

眉間やおでこ、鼻なんてオイリー肌だからいつもはテカることがほとんどのはずなのに、今年はそんなことが嘘のよう。顔全体が突っ張る感じが痛いです。

そこで眉間の乾燥を美容部員の友人に相談したところ、紹介されたのがA’kin エイジングケア ブースターオイル

オーガニックコスメで有名な吉川千秋さんもおすすめしているっていうから

「悩んでる時間がもったいない!試さないでどうする!!」

って感じで、余計に使ってみたくなるじゃないですか!

この眉間の乾燥・皮むけ・粉吹き・ファンデーションののりの悪さ、挙げたらきりがないくらい嫌なことばっかりの状態だったので、早速使ってみたんです。そしたら・・・

うそでしょ?!

って乾燥していたのを忘れるくらい肌がしっとりしてきたんです!染み込み方が半端なくて、この吸い付く感じ。

使い始めて2週間くらい経つんですが、皮むけもおさまってきたのと、顔の水分が保たれ始めたせいか、化粧ののりもよくなってきたので、これは私の肌にあっていると実感しているところなんですね。

では、実際にを使ってみて眉間の乾燥がどうよくなってきたのか、おてんばママ目線でレビューしちゃいますね!



【A’kin】エイジングケ アブースター1本で3役!最強美容オイル

A’kinのエイジングケ アブースターは1本で3つの魅力を発揮できる、最強美容オイルなんです。

A'kinエイジングケ アブースターの3つの魅力
  • より肌に染み込みやすいブースターオイル
  • 加齢に負けないローズヒップ配合の美容オイル
  • 天然のピーリングケアができる

そう、いいこと尽くしなんです!!

早速使ってみて、この3つの魅力は本当なのか、レビューしていきます。

A’kinエイジングケ アブースターは完璧な美容液!

美容オイルといっても、所詮はオイル。べたついたり、余計に乾燥したりするイメージがあった私。

A’kinエイジングケアブースターは手に取ってみると、スーッとたれて、どちらかというとオイルというより、美容液と化粧水の間のような感触。

馴染ませてみると、あれよあれよと染み込む染み込む・・・

ベタベタすることもないし、突っ張る感じもありません。

しっとり潤う・・・というより、どれだけ自分の肌は乾燥していたんだろう、と自覚してしまうくらい、肌に吸い込んでいく感じです。

色はかなりはっきりしたイエローで、元気カラーなのが印象的。

蓋を開けるとふわっと自然な香りがするくらいで、きつい香りはありません。

三女の肌荒れがひどく、かなり悩んでいた時期もあったので、オーガニックとかボタニカルとかに敏感な私。このナチュラルさはかなり魅力的です。

使い方は簡単!洗顔後に優しくマッサージをしてなじませるだけ

使い方は簡単。

洗顔後に3,4滴、顔や首、デコルテに優しくマッサージしながらなじませるだけ。

A’kinエイジングケアブースター を肌になじませるだけで化粧水も乳液も塗っていないのに、もうすでにもっちりした感じがするのは、ちょっと得した気分になれます。

私の肌でも潤い実感!

↑直接肌にポタンとたらすと、肌に馴染みながらゆっくりツーっと・・・

マッサージしながら馴染ませると、あっという間に↑のような状態。

↑化粧水、乳液で整えて、さらにしっとり。

しかもオイルなのに、 A’kinエイジングケアブースター を塗ったあとでも化粧水や乳液はしっかり肌に染み込んでくれるので、オイルということを忘れてしまう付け心地。

むしろ、化粧水や乳液がより肌に馴染む感じがするのは嬉しいです。

うるおい実感を最大限にする3つのポイント

せっかく使うんだから、最大限にその良さを実感したいですよね。 A’kinエイジングケアブースターの美容オイルの魅力を最大限に実感したいなら、

  1. 温かく、少し湿らせた肌
  2. 手のひらで少し温めてから
  3. マッサージするように馴染ませる

の3つのポイントを押さえてみるのがポイント!

朝夕、いつ塗ってもいいんですが、お風呂上りのケアが一番魅力を発揮してくれるタイミング。入浴中からはマッサージをして、肌の緊張をほぐして、それから使ってみるのがおすすめです。

おてんばママ
眉間なんて凝り固まっているようなところだから、おふろでは特に念入りにマッサージしています。

A’kinエイジングケアブースターはこだわり抜かれた美容成分

A’kinエイジングケアブースターはローズヒップオイルの進化系!と言っても過言ではない万能な美容オイルなんですね。

3つの魅力にもありましたが、この魅力を発揮するのに大事なローズヒップオイル。

ローズヒップオイルの最大の弱点である「酸化」してしまうことなんですが、こちらを克服するための研究が深いんです。

  • 酸素に触れない
  • 常温に近い抽出方法
  • ローズヒップの有効成分を守るピンポイント抽出
  • しかも短時間で精製し、開封後長期保存可能

抽出方法も A’kinならではの方法で、酸化防止剤にもオーガニックローズマリー葉エキスを使っているこだわり。

純度も濃く、参加しにくい作り方をしているので、開封後は最大12か月くらいは有効成分を劣化させずに保てるんだそうです。

おてんばママ
通常は半年が限界って言うんだから、すごい!

とことんこだわっているからこそ、吉川千秋さんも認めるオーガニックコスメなんでしょうね。

オーガニック・ボタニカル・ビーガン100%にこだわったA’kin

A’kinってまだ聞きなれないコスメブランドなんですが、2018年から日本やアジアにも展開し始めた、日本では比較的新しいブランドなんです。

元はオーストラリア生まれで、植物学者が調合するボタニカルコスメとして生まれています。シャンプーやコンディショナーがメインで、

  • 環境に優しい
  • 肌に優しい
  • 動物由来は使わない
  • ヤシ油も使わない
  • 生態系を壊すものも使わない
  • リサイクルできるものを使う

といった徹底的なこだわりを持って、発展。

結果、

環境に優しい

動物に優しい

お肌に優しい

お肌の悩みに優しく答える

「ボタニカル&ビーガン&オーガニックコスメ」

として、女性の強い味方となるブランドとなっています。

さいごに

私はA’kin エイジングケア ブースターオイルを使った初日から、肌のもっちり感を実感しています。だって、あの浸透力のすごさは半端じゃないです!

化粧水や乳液はもちろん、化粧ののりも違う。時間がたっても、はだがしっとりしていて、乾燥していたのがうそのようです。

眉間の皮むけはすぐになくなるかといったら、やはりお肌のターンオーバーも関係しているからか、即効性はないですが、少しずつ減ってきているのは実感しています。

産後のホルモンバランスも少しずつ整ってきてくれるのも願いつつ、まずは1瓶使い切って、 A’kinエイジングケアブースターの良さを体感して、乾燥するこの季節でも美肌を目指して・守っていこうと思います!

私が使った A’kinエイジングケアブースターはこちらです↓











合わせて読みたい関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

6歳、3歳、1歳の3姉妹のママ。現在育休中。職場復帰に備え、子供との時間を大事するためにどうしたらいいか常に模索中。3姉妹と私で日々、女子会開催中。妊娠から産後、子育て、保育園、時短生活、共働き、子育て中に目覚めた美容のことなどなど自分の経験をもとに情報発信していきたいと思います^^